メインメニューを開く
日本 > 長野県 > 松本市 > 北深志

北深志(きたふかし)は長野県松本市松本城の北にある地名。現行行政地名は北深志1丁目から北深志3丁目。住居表示実施済み[4]。郵便番号は390-0872[2]

北深志
北深志の位置(長野県内)
北深志
北深志
北深志の位置
北緯36度14分42.2秒 東経137度58分27.2秒 / 北緯36.245056度 東経137.974222度 / 36.245056; 137.974222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Nagano Prefecture.svg 長野県
市町村 Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市
人口
2018年(平成30年)10月1日現在)[1]
 • 合計 1,657人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
390-0872[2]
市外局番 0263 (松本MA)[3]
ナンバープレート 松本
※座標は松本北深志郵便局付近

目次

歴史編集

江戸時代当時は松本城下の外れにあり、御徒士(おかち)町を境に武家屋敷と町家に分かれていた。松本城から放射線状に見て、田町まではいわゆる騎馬武士の、御徒町は名の通り徒士の、屋敷があった場所だったといわれている。北国西街道が通っていたため人通りが多く北の入り口には番所が置かれていた。

明治になり松本町は武家の「松本北深志町」と町人の「松本南深志町」に分かれた。やがて市制施行した頃には北深志町の部分は大字北深志に、南深志町の部分は大字南深志になった。しかし、戦後になり松本市街地に住居表示が導入され、そのための町丁設定が行われると、このあたりが住居表示実施区域の「北深志」に指定されて北深志の地名は残ったのに対し、南深志は「深志」や「中央」といった地名に改められている。俗地名では新町、西町、萩町、安原町、田町、御徒町、天白町などが該当する。

1994年には松本サリン事件が発生し[5]市民に甚大な被害をひき起こした。

沿革編集

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
北深志1丁目 364世帯 742人
北深志2丁目 185世帯 414人
北深志3丁目 226世帯 501人
775世帯 1,657人

小・中学校の学区編集

小中学校の学区は以下の通りである[6][7]

町会名 小学校 中学校
1丁目 袋町の一部
安原町の一部
新町
松本市立旭町小学校 松本市立旭町中学校
上記以外 松本市立開智小学校
2丁目 徒士町の一部 松本市立開智小学校
上記以外 松本市立旭町小学校
3丁目 松本市立旭町小学校

主な施設編集

  • 康花美術館
  • 松本北深志郵便局

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松本市の人口 - 世帯数大字町丁別人口・世帯数 - 月次別 最新”. 松本市 (2018年10月1日). 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年9月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年9月26日閲覧。
  4. ^ a b 住居表示実施状況 - 松本市 (2016年2月10日). 2018年10月8日閲覧 (PDF)
  5. ^ 松本サリン事件きょう20年 近く被害状況報告書”. 産経新聞 (2014年6月27日). 2014年12月25日閲覧。
  6. ^ 松本市立小学校通学区域指定表 (PDF) - 松本市
  7. ^ 松本市立中学校通学区域指定表 (PDF) - 松本市

関連項目編集