メインメニューを開く

北秋田市民病院

秋田県北秋田市にある病院

北秋田市民病院(きたあきたしみんびょういん)は秋田県北秋田市の郊外にある病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 北秋田市民病院
北秋田市民病院 全景
情報
指定管理者 秋田県厚生農業協同組合連合会
(JA秋田厚生連)
正式名称 北秋田市民病院
英語名称 Kitaakita Municipal Hospital
前身 北秋中央病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、小児科、精神科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、泌尿器科、放射線科、歯科口腔外科、神経内科、皮膚科、リハビリテーション科、形成外科
許可病床数

320床
一般病床:224床
精神病床:40床
感染症病床:4 
結核病床:4 


療養病床:48床
開設者 北秋田市 津谷永光[1]
管理者 病院長 神谷彰[1]
開設年月日 2010年4月1日[1]
所在地
018-4221
北秋田市下杉字上清水沢16-29
位置 北緯40度10分0.2秒
東経140度21分22.4秒
座標: 北緯40度10分0.2秒 東経140度21分22.4秒
二次医療圏 北秋田
PJ 医療機関
テンプレートを表示

概要編集

北秋田市内の北秋中央病院(JA秋田厚生連運営)、公立米内沢総合病院(もとは、上小阿仁村との組合立病院だったが、2011年4月1日より、北秋田市立米内沢診療所へ改組)、北秋田市立阿仁診療所の3病院の機能を再編統合し、2010年4月1日に開院した。秋田県厚生農業協同組合連合会(JA秋田厚生連)を指定管理者とする秋田県初の公設民営方式で運営される[2]

北秋田市の旧自治体のうちの3町(鷹巣町合川町森吉町)の交わる地点[3]にあり、北欧の杜公園が隣接する自然豊かな場所に立地する。

開院当初からの慢性的な多額の赤字を計上しており[4]、医師数が予定数を確保できておらず、当初指定されるはずであった地域がん診療連携拠点病院救命救急センターも要件を満たせず指定を見送られる[5]など、計画通りの医療施設にはなっていなかったが、2018年4月1より、秋田厚生医療センターとのグループ指定による、地域がん診療病院に指定された。

また、病院内で処置できずに大館市立総合病院へ搬送する病院間搬送も2010年から増加傾向にある[6]

沿革編集

保険指定施設編集

  • 保険医療機関
  • 救急告示病院[1]
  • 指定療育機関
  • DPC対象病院
  • 災害拠点病院
  • へき地拠点病院
  • 臨床研修指定病院
  • 労災保険指定医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関 結核指定医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関 指定養育医療機関

診療科等編集

  • 内科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 小児科
  • 精神科
  • 外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 泌尿器科
  • 放射線科
  • 歯科口腔外科
  • 神経内科
  • 皮膚科
  • リハビリテーション科
  • 形成外科

認定専門医人数編集

専門医の人数は「あきた医療情報ネットワーク」が公開している数値による。[8] 2019年1月31日 更新

アクセス編集

公共交通機関は路線バスと乗合タクシーだけで、最寄りの大野台駅からは2キロ以上離れている。また近隣(約5キロ)に大館能代空港があるが、直通する交通機関は設定されていない。

路線バス(秋北バス

北秋田市民病院前バス停

  • 沖田面線
  • 北秋田市民病院線
    • 鷹巣駅前から35分 ※七日市経由・土日祝日は運休
    • 米内沢駅前から11分 ※森吉庁舎前発着・土日祝日・年末年始は運休
    • 阿仁合駅前から54分 ※打当発着・土日祝日・年末年始は運休
乗合タクシー

合川地区

  • デマンド型乗合タクシー ※利用者登録・予約制、土日祝日・年末年始は運休
    • 市民病院南線 (週5日運行)[9]
      • 本城 - 御嶽 - 向本城 - 道城 - 上杉方面
    • 市民病院西線(合川駅前経由)
      • 羽立 - 羽根山 - 福田 - 新田目方面
  • 乗合タクシー ※月・火・水曜日運行、祝日・年末年始等は運休[10]
    • 増沢 - 市民病院線

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 平成27年度病院名簿 (PDF)”. 秋田県. 2015年8月13日閲覧。
  2. ^ 北秋田市民病院が竣工(北秋田市)2010年5月閲覧
  3. ^ 鷹巣阿仁地域合併協議会事務局 (2004-11-1), 鷹巣阿仁地域合併協議会だより第9号, p. 9 
  4. ^ “27年度上半期 患者減で赤字拡大 北秋田市民病院 医師充足率は85%”. 北鹿新聞 (大館市: 北鹿新聞社). (2015年11月17日). "27年度上半期の収支状況は収益から費用を差し引いた差引損益が2億4691万4000円" 
  5. ^ 地域医療再生計画 秋田県三次医療圏 (PDF)”. 秋田県. p. 11 (2011年11月). 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ 道路事業 再評価 一般国道7号 鷹巣大館道路 (II期) (PDF)”. 国土交通省 東北地方整備局 (2014年10月31日). 2015年11月25日閲覧。→2009年から2014年で病院間搬送が約2倍に増えている。
  7. ^ 平成30年4月市長記者会見”. 北秋田市. 2018年4月7日閲覧。
  8. ^ あきた医療情報ネットワークから「北秋田市民病院」を検索して表示できる。
  9. ^ “病院南線 運行を「週5日」に拡大 デマンド型タクシー13日から「水・木」も”. 北鹿新聞 (大館市): p. 1. (2015年1月7日). "北秋田市は13日から、デマンド(予約)型乗合タクシーの実証運行をしている「市民病院南線」の運航日を、週3日から週5日に拡大する。" 
  10. ^ 公共交通”. 北秋田市. 2018年3月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集