メインメニューを開く

概要編集

北見峠は急カーブが連なる交通の難所となっている。遠軽側の上り車線のみ登坂車線が設けられている。一方、原生林の中を通り抜ける峠であるため、好天時には雄大な景観を楽しむことができる。

歴史編集

1891年(明治24年)、北方の防備と開拓のため網走から北見峠までの162.6 kmにおよぶ道路を中央道路として開削した[1][2]。明治政府の命により空知集治監や釧路集治監の別館として中央道路開削のために設置された網走監獄(網走刑務所)の囚人約1,100人と職員約200人が作業にあたり[1][3]、4月開始の工事は12月までに約160 kmを完成させるという突貫工事であった[1]。過酷な労働で200人以上の犠牲者を出したことから別名「囚人道路」とも言われている[1][注釈 1]。中央道路の経路には犠牲者を弔う慰霊碑が各地に建立されており[1][2]、峠頂上のパーキングエリアには1974年(昭和49年)当時の白滝村村長によって建立された慰霊碑がある。

開通後は経路に駅逓所が開設され、1897年(明治30年)と1898年(明治31年)に屯田兵が中央道路経由で北見地域に入植していった。

1952年(昭和27年)国道39号に指定されたが、石北峠の開通に伴い1957年(昭和32年)道道遠軽上川線に降格、1968年(昭和43年)に線形改良を行い1975年(昭和50年)国道333号に昇格した。

石北トンネル編集

1932年(昭和7年)、中越駅(現・中越信号場) - 白滝駅間が開業し(石北線)、峠付近は石北トンネル(4,329m)が通っている[4]

北大雪トンネル編集

2002年(平成14年)に旭川紋別道初の供用区間として浮島IC - 白滝IC間(上越白滝道路)が開通[5]。峠を通過する北大雪トンネル(4,098m)は、冬場の吹雪による視界不良などの厳しい気候条件に対して視線誘導施設や監視カメラの設置間隔短縮により管理体制の強化を図っている[5]。トンネル内では携帯電話サービスの利用が可能となっている[6]

北見峠が登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 囚人道路とよばれる道路は北海道各地にあり、いずれも明治時代に北海道開拓のため未開地に屯田兵を送り込むためにつくられた道路建設の労働力として、集治監とよばれる刑務所の囚人たちが駆り出された[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e 歴史民俗資料館:中央道路と鎖塚”. 北見市. 2014年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 177.
  3. ^ 囚人道路と鎖塚と網走刑務所”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2009年7月22日). 2014年12月26日閲覧。
  4. ^ 「特急オホーツク厳寒の旅路」『鉄道ジャーナル』第33巻第4号、鉄道ジャーナル、1999年4月、 28頁。
  5. ^ a b 旭川紋別自動車道 浮島IC~白滝IC間が供用開始 (PDF)”. 北の交差点 Vol.11 SPRING-SUMMER 2002. 北海道道路管理技術センター. 2014年10月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月19日閲覧。
  6. ^ 上川町及び遠軽町に跨がるトンネル内で携帯電話が使用可能に”. 北海道総合通信局. 2014年12月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集