北酒場

細川たかしの楽曲

北酒場』(きたさかば)は、1982年3月21日に発売された細川たかしの18枚目のシングル。

北酒場
細川たかしシングル
B面 幸子
リリース
ジャンル 演歌歌謡曲
時間
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 なかにし礼(作詞)
中村泰士(作曲)
馬飼野俊一(編曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1982年度年間5位(オリコン)
  • 1982年度年間1位(ザ・ベストテン
  • 細川たかし シングル 年表
    女ごころ
    (1981年)
    北酒場
    (1982年)
    矢切の渡し
    (1983年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    演歌というよりは軽快な歌謡曲J-POP風の楽曲で、1982年のオリコン年間ヒットチャートにおいて第5位にランクインした大ヒットシングル。

    1982年1月16日に細川がレコーディングしたが、この時点ではレコード化の予定はなく、デモテープの段階であった[1]。その後、細川がレギュラー出演していたテレビ朝日系列バラエティ欽ちゃんのどこまでやるの!』のメインパーソナリティである萩本欽一が番組内で何か一曲歌うことを提案し、デモテープの中からこの曲が採用された[1]

    『欽ちゃんのどこまでやるの!』の番組内では、1月27日の放送で初披露して以来、9月15日まで毎週歌われ[1]、また「途中で楽曲を止められる」という萩本欽一の番組演出などで一躍有名となり、覚えやすいメロディも手伝い幅広い年齢層に浸透した。

    2月には仙台有線放送で1位になり[1]、5月31日にはオリコンのベスト10にランクインされ[1]、オリコン最高3位を記録した[1]。最終的には同年大晦日に『第24回日本レコード大賞』を受賞、同日放送の『第33回NHK紅白歌合戦』でも披露され、1982年を代表する流行歌のひとつとなった。

    細川は翌年、「北酒場」の次のシングルとして「矢切の渡し」を発売し(1983年2月21日[2])、その曲で再び第25回日本レコード大賞を受賞した。これにより、レコ大史上初の2年連続受賞歌手となった。2015年現在、連続受賞を経験したアーティストは中森明菜安室奈美恵浜崎あゆみEXILEAKB48三代目J Soul Brothersがいるが、男性ソロ歌手では細川が唯一である。

    当時の人気番組、TBS音楽番組ザ・ベストテン』では6月3日放送分で初登場し、通算11週ランクイン(10週連続)。同番組では年間ランキング1位を獲得した。また、かつて賞レース番組であったフジテレビ系『FNS歌謡祭』の第11回放送で最優秀視聴者賞を受賞したほか、『全日本有線放送大賞[3]の第15回放送と、TBS系列で放送される『日本有線大賞』の第15回放送でそれぞれグランプリを受賞した。

    2005年の『第56回NHK紅白歌合戦』では、本楽曲で先行トップバッターを務めている。この年は、NHKが「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」という企画で紅白歌合戦で聴きたい曲をリクエスト集計したが、本楽曲は白組対象の上位100位にランクインしていない[4]

    「北酒場」は、田代まさしが出演していたサンヨー食品「サッポロ一番 北のしょうゆラーメン」のCMでたびたび替え歌として使用されていた。

    収録曲編集

    1. 北酒場 (3分44秒)
      作詞:なかにし礼/作曲:中村泰士/編曲:馬飼野俊一
    2. 幸子 (2分55秒)
      作詞:岩城健治/補作詞:川野ただし/作曲:水上勉/編曲:小杉仁三

    カバー編集

    関連作品編集

    関連項目編集

    脚注編集

    1. ^ a b c d e f 「ことしの忘年会ソングはこれで決まり!! 『北酒場』を『10倍うまく歌う法』教えます」『週刊朝日』1982年10月15日号、46-48頁。
    2. ^ 2003年10月22日には、「北酒場」「矢切の渡し」のカップリングでマキシシングル化された。
    3. ^ 読売テレビ系で12月に放送される、『ベストヒット歌謡祭』の前身番組。
    4. ^ 第95位に「望郷じょんから」がランクインしている。