北里仮乗降場(きたさとかりじょうこうじょう)は、北海道天塩郡遠別町字北里にあった日本国有鉄道羽幌線仮乗降場設定)。1970年(昭和45年)9月7日に利用者僅少により廃駅となった[1]

北里仮乗降場
きたさと
Kitasato
丸松 (2.2 km)
(5.4 km) 更岸
所在地 北海道天塩郡遠別町字北里
北緯44度47分4.69秒 東経141度46分37.50秒 / 北緯44.7846361度 東経141.7770833度 / 44.7846361; 141.7770833
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 110.6 km(留萠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月1日[1]
廃止年月日 1970年昭和45年)9月7日[1]
備考 利用者僅少により廃駅[1]
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線。無人駅

駅周辺編集

  • 北里と丸松の字境界となる道路の踏切を北里側に越えた位置(北側)に設置されていた。北里の中心部からはかなり離れた位置となっている。この乗降場の設置されていた時期は整備前の旧国道がすぐ横を通っていたが、整備された後はかなり離れた位置となった。
  • 周囲に目立つ建造物はない。
  • 沿岸バス豊富留萌線の第1北里停留所は、上記の踏切のあった道路を東に向かった国道232号線との交差点付近にあり、当乗降場跡から約1km離れている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、873頁。ISBN 978-4-533-02980-6 

参考図書編集

  • 国土地理院 1972年1月30日発行 2万5千分の1地形図 「丸松」(1969年測量)

駅跡編集

牧草地として均され、路盤跡さえ残っていない。(道路の反対側(南側)には路盤跡が若干残っている)

隣の駅編集

日本国有鉄道
羽幌線
丸松駅 - 北里仮乗降場 - 更岸駅

関連項目編集