メインメニューを開く

北野 勝則(きたの かつのり、1967年10月10日 - )は、三重県出身の元プロ野球選手投手)。

北野 勝則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 (1967-10-10) 1967年10月10日(51歳)
身長
体重
187 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 1988年9月11日
最終出場 1997年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

三重県海星高校3年時の1985年に、エースとして第67回全国高等学校野球選手権大会に出場。3回戦で東海大甲府高校に敗れた[1]ものの、オーバースローによる本格派のサウスポーとして、NPB球団のスカウトから注目された。

1985年のNPBドラフト会議で、横浜大洋ホエールズからの4位指名を受けて入団。背番号は48で、身長が187cmだったことから、「ジャンボ」というニックネームが付けられた。1987年には、MLBテキサス・レンジャーズ傘下(当時)のルーキー級ビュート・カッパーキングスに野球留学。一軍公式戦では、1988年中継ぎで5試合に登板したものの、あまり活躍の機会はなかった。

1990年に、片岡光宏との交換トレードで、地元球団の中日ドラゴンズに移籍。投球フォームをサイドスローに変えてからは、左打者に対するワンポイントリリーフ要員として重用された。1993年には、ウエスタン・リーグで最高勝率のタイトルを獲得。1994年に一軍公式戦でチーム最多の44試合に登板すると、3年間にわたって中継ぎ投手として一軍で活躍した。なお、移籍後は一貫して背番号61を着用。1994年のシーズン終了後に、当時神山一義が着用していた背番号44への変更を打診されたが、「(仲の良かった)神山の背番号を取るのは気が引ける」という理由で固辞している[2]

一軍公式戦への登板機会がなかった1998年に現役を引退したが、翌1999年以降も中日球団に勤務。二軍マネジャー、営業企画部MD(球団グッズの販売担当)[3]、同部の課長補佐を歴任している[2]

エピソード編集

  • 元々は右利きだったが、訓練で左投げになる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 大洋 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 9.0 7 2 3 0 0 7 0 0 4 4 4.00 1.11
1989 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 2.0 5 0 2 0 0 2 0 0 5 5 22.50 3.50
1990 中日 6 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 32 6.2 2 1 11 0 1 3 1 0 4 4 5.40 1.95
1992 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.1 5 0 2 0 2 2 0 0 2 2 4.15 1.62
1993 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 3.0 2 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
1994 44 0 0 0 0 2 2 2 -- .500 189 47.1 33 1 18 2 3 25 1 0 13 12 2.28 1.08
1995 26 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 98 22.0 21 4 13 3 1 10 0 0 16 14 5.73 1.55
1996 54 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 143 34.1 29 2 16 2 0 19 1 0 13 9 2.36 1.31
1997 34 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 93 20.2 25 5 9 1 1 7 0 0 11 10 4.35 1.65
通算:9年 178 0 0 0 0 4 3 2 -- .571 637 149.1 129 15 75 8 8 76 3 0 68 60 3.62 1.37

背番号編集

  • 48 (1986年 - 1989年)
  • 61 (1990年 - 1998年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集