北野富士

日本のテレビバラエティ番組

北野富士』(きたのふじ)は、1996年4月5日4日深夜)[1]から1997年9月26日25日深夜)[2]まで放送されていたイーストフジテレビ共同制作の深夜バラエティ番組である。

北野富士
ジャンル バラエティ番組
企画 北野武
小川晋一 (フジテレビ)
和田行 (フジテレビ)
構成 ダンカン、安達元一
竹内きよのり
ディレクター 笠原裕明、手塚公一
中山高嘉
演出 西滝順二 (イースト)
つきざわけんじ (MEN'S)
出演者 ビートたけし
高田文夫
ガタルカナル・タカ
ダンカン
つまみ枝豆
グレート義太夫
井手らっきょ ほか
オープニング ザ・ローリング・ストーンズ黒くぬれ!
エンディング 「修善寺で別れた大宮の女」ほか
製作
プロデューサー 吉田宏 (イースト)
梅本満 (イースト)
編集 石丸健一 (RVC)
大内一学 (RVC)
井戸清 (VISUALBAY)
制作 フジテレビ
イースト
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1996年4月5日[1] - 1997年9月26日[2]
放送時間放送時間を参照
放送分30分
回数75

特記事項:
協力:オフィス北野、MEN'S
テンプレートを表示

概要

編集

北野ファンクラブ』と同様にビートたけし高田文夫が司会を務めた深夜番組であるが、当番組はたけし・高田の同世代にあたる「オヤジ」にスポットライトをあて、毎回一般公募で選ばれた3 - 4人の「オヤジ」たちがスタジオトークや討論会(朝まで生オヤジ)に人生相談、ゲーム(ベーゴマメンコ)、体力測定やスポーツ(卓球ボウリング野球)、クイズ(オヤジタイムショック※出題は牧原俊幸伊藤利尋が担当、オヤジ学力テストオヤジQ)、コント遠山の金さん燃えよドラゴン、ヒナヒナマン、オヤジ生態学など)、ロケでの体験取材などを展開、1年半の期間で75回放送された(第51回から北野富士初期スタッフから北野ファンクラブのスタッフに入れ替わった)。

前番組『北野ファンクラブ』は毎回1本ずつ収録していたが、本番組は放送時間が半分の30分になった事と前番組の様な時事問題をトークネタに扱う機会も減ったため隔週2本撮り形式となり、以降『たけしのコマネチ大学数学科』の第82回目までは2本撮りで収録する形になった。

タイトルは、たけしの本名「北野武」の「北野」と「フジテレビ」の「フジ」から取り、これに第52代横綱「北の富士勝昭」と合わせている。

オープニングタイトルは北野武自らがデザイン画を描いた絵を紙芝居のように1枚ずつめくる映像(後期にはつきざわけんじと井戸清によるビデオコラージュも追加)に、ローリング・ストーンズの『黒くぬれ!』がテーマ曲に使用されていた。 エンディングには「浅草キッド」や「たかをくくろうか」等たけしが過去に出した曲を斉藤ノブらミュージシャン達のバックバンドが演奏し、たけし自身が歌っていた。後期は番組から生まれたユニット「トビ木村と足手まといア〜ンドビートたけし」の『修善寺で別れた大宮の女』のPVがエンディングに流れていた(PVは同局の深夜・早朝の天気情報番組『Sound Weather』でもプロモーションの一環として流された)。この曲の発売記念インストアライブを1997年3月に渋谷タワーレコードで番組公開収録と記者会見も同時に行い、その時の模様は第51回目と第52回目に放送された。 またたけしが北野武監督として第7作目の映画「HANA-BI」でヴェネツィア国際映画祭でグランプリとなる金獅子賞を受賞した時期の、本番組最終回の1回前の第74回は高田文夫とのトークで受賞時前後のエピソードを30分尺のうち20分弱を使い紹介した。この受賞もあって本番組をリニューアルするに伴い次番組のタイトルが『世界の北野、足立区のたけし』と決定した。

テーマ曲

編集
オープニングテーマ
エンディングテーマ

第42回までは毎回曲が変わっていた。

  • ロンリーボーイ ロンリーガール
  • ハードレインで愛はズブヌレ
  • ポツンとひとりきり
  • 東京子守唄
  • 浅草キッド
  • I MISS YOU
  • ポケットから落ちた夜
  • たかをくくろうか
  • 少しずつ消えていけYESTERDAY
  • 眠れない君が欲しい
  • 修善寺で別れた大宮の女(第43回以降、毎週)

ゲスト

編集

主な出演者

編集

放送時間

編集

どちらもフジテレビの時間帯とする(出典:[3])。

放送期間 放送時間(日本時間 備考
1996.04.05 1997.03.28 金曜 0:20 - 0:50(30分、木曜深夜)
1997.04.11 1997.09.26 金曜 0:30 - 1:00(30分、木曜深夜) [注 7]

放送局

編集
  • フジテレビ(制作局)
  • 北海道文化放送:木曜 0:20 - 0:50(水曜深夜、1996年5月2日 - 1997年10月16日)[4]

スタッフ

編集
  • 企画:北野武小川晋一(フジテレビ)、和田行(フジテレビ・第51回から)
  • 構成:ダンカン安達元一、竹内きよのり
  • 技術:小山内義紀
  • カメラ:早川征典、越野秀一(中期のみ)
  • 照明:夏井茂之 → 永田泰二(ティエルシー
  • 音声:門田晃 → 丹野健治(次番組は丹野建治 表記)
  • VE:吉永明久、荒井秀訓(中期のみ)
  • VTR:柴崎正一 → 伊沢和幸
  • 音響効果 (第50回までは音効と表記):有馬克己(ジャイロ)
  • EED:石丸健一(RVC・初回〜中期)、大内一学(RVC・中期のみ)→ 井戸清(ヴィジュアルベイ・第51回から)
  • MA:松元祐二(RVC・初回 - 第50回)→ 宇野雅史(ヴィジュアルベイ・第51回から)
  • TK:伊藤裕子(初回 - 第50回)→ 今泉暢子(MEN'S・第51回から)
  • タイトル画:北野武(オープニングで表記)
  • 美術プロデューサー:丸山覚
  • デザイン:坂根洋子
  • 美術進行:大下英司(次番組は木下英司 表記)
  • 装置:青沼哲雄
  • 衣装:高野知子
  • 楽器:木本真弓(次番組は木元真弓 表記)
  • 持道具:貞中照美
  • メイク:アーツ
  • 技術協力:東通、RVC(初回 - 第50回)、ヴィジュアルベイ(第51回から)、ジャイロ(現 スカイウォーカー)、ペック(ロケ技術)
  • 美術協力:アックス
  • 協力:オフィス北野、MEN'S(第51回から)
  • 収録スタジオ:渋谷ビデオスタジオ
  • 取材(撮影)協力:神宮外苑野球場、マホロバマインズ三浦、TOWER RECORDS渋谷店
  • 音楽協力:小池秀彦(ビクターエンタテインメント
  • 広報:森隆志(フジテレビ・前期)→ 丸山修一(フジテレビ・中期)→ 中島良明(フジテレビ・後期)
  • 演出補 (スタッフロール表記なし):宇賀神裕子(イースト・第50回まで)→ 木村憲太郎(MEN'S・第51回から)
  • プロデューサー:吉田宏[注 8]梅本満
  • 演出:西滝順二(初回 - 第50回)、笠原裕明(初回 - 第11回)、手塚公一(第4回 - 第50回)、中山高嘉[注 9](第12回 - 第50回)→ つきざわけんじ(MEN'S・第51回から)
  • 制作:フジテレビイースト

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 頭髪が薄い感じを、たけしがヒナ鳥の雛の様と表現した事から付けられた渾名。本職は広告プランナー。
  2. ^ ダジャレ好きの典型的なオヤジ。人生相談への返答に「この相談者は気の毒だね。気の毒を絵に描いて日展に出すか」と発言し高田文夫を呆れさせた。本業は鳶職。
  3. ^ 大洋ホエールズに在籍、ただし二週間で退団。番組初期はやたら説教をするオヤジだったが、中期以降は全体を和ませるキャラだった。たけしはレオナルド熊に顔が似てると発言。
  4. ^ 本職は中華料理屋の店主だが、たけしが見た目で土佐犬のブリーダーの様だと付けた渾名。
  5. ^ 相撲取りのちゃんこ屋店主。オヤジ学力テストでは博識のたけしとほぼ互角で競い合った程の好成績だった。
  6. ^ オヤジ卓球部の部長。番組の卓球部を中野区の大会で3位に入賞させた立役者の一人。
  7. ^ 最終回は放送時間を15分繰り下げて放送。
  8. ^ ピッカリーズ1号
  9. ^ ピッカリーズ2号

出典

編集
  1. ^ a b 読売新聞』(縮刷・関東版) 1996年(平成8年)4月4日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ a b 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1997年(平成9年)9月25日付朝刊、テレビ欄。
  3. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1996年(平成8年)4月4日 - 1997年(平成9年)9月25日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1996年(平成8年)5月1日 - 1997年(平成9年)10月15日付朝刊、テレビ欄。
フジテレビ 北野武担当深夜番組
前番組 番組名 次番組
北野富士
フジテレビ 金曜 0:20 - 0:50(木曜深夜)
前番組 番組名 次番組
UN FACTORY ソムリエ(金曜)
(1995年10月13日 - 1996年3月29日)
※0:20 - 0:35
冒冒グラフ(金曜)
(1995年10月13日 - 1996年3月29日)
※0:35 - 0:50
北野富士
(1996年4月5日 - 1997年3月28日)
デジタル(金曜)
(1997年4月11日 - 6月27日)
※火曜 - 金曜の帯番組
※0:20 - 0:30
北野富士
(1997年4月11日 - 9月26日)
※0:30 - 1:00
【10分繰り下げ】
フジテレビ 金曜 0:30 - 1:00(木曜深夜)
北野富士
(1996年4月5日 - 1997年3月28日)
※0:20 - 0:50
【10分繰り下げ】
猛烈アジア太郎(金曜)
(1996年4月5日 - 1997年3月28日)
※0:50 - 1:00
北野富士
(1997年4月11日 - 9月26日)
世界の北野、足立区のたけし
(1997年10月17日 - 1998年3月27日)