メインメニューを開く
東側正面
北野坂に在る

北野物語館(きたのものがたりかん)は兵庫県神戸市中央区北野町の北野坂にある、歴史的建造物を活用(アダプティブユース)した資料館。旧フロインドリーブ邸とも。

目次

概要編集

1907年明治40年)にM.J.シェー邸として北野町1丁目に建設され、後にNHK朝の連続テレビ小説風見鶏』の主人公のモデルであるドイツパン職人ハインリヒ・フロインドリーブが所有者となって、その息子のフロインドリーブ2世に受け継がれた由緒のあるコロニアルスタイルの西洋館。1階はカフェ「ブルクマイヤー」、2階は資料館展示室として利用されていたが、2009年(平成21年)3月27日からスターバックスコーヒージャパンが「スターバックスコーヒー神戸北野異人館店」を営業している。

阪神・淡路大震災で全壊認定を受けたため、所有者からの寄付を受けた神戸市が建物を解体・保管した後、竣工当時の造作を忠実に復元しつつ、2001年(平成13年)に北野坂に面する現在地に再構築した。館の2階には異人館に関する資料のほか、"異人館の画家"として知られる洋画家小松益善の作品が展示されている。

利用情報編集

スターバックスコーヒー神戸北野異人館店

  • 営業時間 - 7:00 - 22:00

建築概要編集

  • 竣工 - 明治40年(1907年)
  • 構造 - 木造、地上2階
  • 所在地 - 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町3-1-31
  • 備考 - 国の登録有形文化財

交通アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集