北野祐秀

日本のレスリング選手、指導者

北野 祐秀(きたの ゆうしゅう、1930年昭和5年)4月14日 - 2016年平成28年)2月27日)は、大阪府出身のレスリング選手・レスリング指導者。

北野 祐秀
Yushu Kitano 1952.jpg
1952年オリンピックでの北野(中央)
個人情報
生誕1930年4月14日
大日本帝国大阪府
死去2016年2月27日 (85歳)
日本の旗 日本兵庫県西宮市
スポーツ
競技フリースタイルレスリング
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
1952 ヘルシンキ 52kg級
レスリング世界選手権
1954 東京 52kg級
アジア大会
1954 マニラ 52kg級

人物編集

大阪市立高等学校から慶應義塾大学へ進学し[1]1952年ヘルシンキオリンピックレスリング男子フリースタイルフライ級で出場して銀メダルを獲得した[2][3]。その後、レスリング世界選手権1954年東京)、1954年アジア競技大会フィリピンマニラ)に出場していずれも銀メダルを獲得[4]

1960年ローマオリンピックではレスリング日本代表監督を務めた[3][4]。また実業家として相撲茶屋初富を経営していた[4]

2016年2月27日、心筋梗塞により死去[3][4]。85歳没。

脚注編集

外部リンク編集