北鉄バス(ほくてつバス)は、北陸鉄道および同社のグループ会社が行うバス事業の通称である。

概要編集

北陸鉄道グループは石川県全域に路線バスの路線を有している。金沢市中心部・北部で西日本ジェイアールバスまちバス加越能バスと競合する他は、県内のバス路線をほぼ独占している。なお、大半の路線を分社化している。

1999年(平成11年)2月19日に金沢市がオムニバスタウンに指定されたことを受け、2004年(平成16年)12月1日からICカードICa(アイカ)」が導入され、金沢市および同市周辺の路線(高速バスや定期観光バスなどをのぞく)で利用可能となった。

2008年(平成20年)10月14日よりバスの車体に広告を施したラッピング車両を試験運行し[1]、その後本格運行に入っている。

また、金沢市などのコミュニティバスを受託運行している。

グループ各社および営業所編集

北陸鉄道編集

金沢市内を中心に、一部の路線は直営で運行されている。以下の営業所・支所をおく。

金沢営業所編集

石川県金沢市割出町706番地(北陸鉄道本社と同じ敷地内)にある。東部支所南部支所を管理下に置く。以下の路線を管轄する。

東部支所編集

石川県金沢市末町3の246番地1にある。以下の路線を管轄する。

南部支所編集

石川県白山市安養寺町ニ30番地にある。以下の路線を管轄する。

  • 額住宅線
  • 円光寺線
  • 四十万線
  • 四十万金石線
  • 三馬大野線
  • 松任線
  • 千代野

北鉄金沢バス編集

2012年10月に北鉄金沢中央バスほくてつバス、加賀白山バス(旧会社)の統合により発足した[2]。本社は北陸鉄道と同じ石川県金沢市割出町556番地に置く。金沢市近郊の路線を管轄し以下の営業所を置いている。

中央営業所編集

石川県金沢市割出町612-1番地にある。以前の北鉄金沢中央バス本社である。以下の路線を管轄する。

北部営業所編集

石川県金沢市柳橋町ニ8-2にある。以前のほくてつバス北部営業所である。以下の路線を管轄する。

  • 錦町粟崎線
  • 錦町B線
  • 湯涌線
  • 駅西寺町線
  • 柳橋円光寺線
  • 木越円光寺線
  • 上荒屋線
  • 西金沢
  • 柳橋寺町線
  • 鳴和増泉線
  • 石引線
  • 津幡線
  • 北陸大学
  • 東金沢金沢大学線
  • 東山線

野々市営業所編集

石川県野々市市横宮町11-2にある。以前の加賀白山バス野々市営業所である[2]。以下の路線を管轄する。

  • 錦町B線
  • 辰口線
  • 金沢寺井線
  • 錦町野々市線
  • 野々市線
  • 八日市線
  • 野々市金大線
  • 上荒屋線
  • 西金沢線
  • 黒田線
  • 鳴和増泉線
  • 元町有松線
  • 市立病院
  • 松任中奥線

北鉄白山バス編集

2012年10月に「加賀白山バス」として設立。2021年7月1日に北陸交通と合併し、社名を北鉄白山バスに変更した[3][4]

北鉄加賀バス編集

1994年に「加賀温泉バス」として設立[5]。2021年7月1日に小松バスと合併し北鉄加賀バスが設立された[3][4]

北鉄能登バス編集

2008年4月に能登西部バスと七尾バスの統合により発足[5][6]。能登地区の路線を管轄する。

北鉄奥能登バス編集

2008年4月に奥能登観光開発と能登中央バスの統合により発足[5][6]。奥能登地区の路線を管轄する。

運賃編集

金沢市の中心部においては「地帯制エリア[7]と呼ばれる、香林坊を中心とする一定距離での均一料金区間を導入しているが、その他の区間では距離ごとの運賃となる。2019年令和元年)10月1日に、消費税の税率改定に伴い一部運賃の値上げを行っており、現在地帯制エリアでの運賃は200円(据え置き)、230円(改定前は220円)、250円(改定前は240円)の3段階となっている。

また、武蔵ヶ辻近江町市場 - 香林坊間のみの利用に限り、運賃は100円となる。2006年(平成18年)4月1日からは、旭町・鈴見台二丁目・鈴見町 - 金沢大学も100円区間とされていたが、こちらは2011年(平成23年)3月31日に終了している[8])。

企画乗車券編集

詳細は、公式サイト[9]を参照。

金沢市内1日フリー乗車券

販売価格は大人600円。「城下まち金沢周遊」をはじめ北鉄バスの地帯制エリア(250円区間まで)、西日本ジェイアールバスの地帯制エリア(230円区間まで)と金沢ふらっとバスが1日乗り放題になる。金沢ライトアップバスやまちバスなどは対象外である[10][11]

金沢ライトアップバス専用フリー乗車券

販売価格は大人500円。「金沢ライトアップバス」が1日乗り放題になる。ほかの路線バスでは使用できない。

奥能登まるごとフリーきっぷ
販売価格は3,000円(大人)。北鉄奥能登バスの全路線、特急バスの穴水 - 輪島・珠洲間、のと鉄道七尾線が2日間乗り放題になる。のと鉄道の穴水駅ならびに七尾駅(七尾駅のみどりの窓口では購入不可)でも販売される。のと鉄道の「のと里山里海号」はカジュアルコースに限り追加料金で乗車できるが、七尾駅 - 和倉温泉駅間を走行する西日本旅客鉄道(JR西日本)の「サンダーバード」・「花嫁のれん」には乗車できない。

車両編集

 
長距離高速用車両(金沢 - 名古屋線、現行塗装)
 
高速・特急用車両(現行塗装)
 
路線用車両(現行塗装)

車両は三菱ふそう車および日野車が中心となっている[12]。サイズは1990年(平成2年)までは10.7m車中心だったが1991年(平成3年) - 1996年(平成8年)にかけては金沢地区において11m車を多く導入していた。また、同年にかけてはハイバックシートなどを装備した「ハイグレード仕様」として導入していた。三菱車においては、1995年(平成7年)までは当時の三菱自動車工業名古屋製作所大江工場製[13]を導入していたほか、1974年(昭和49年)頃までは三菱+金産車体の組み合わせで導入していた。なお、1996年(平成8年)以降は三菱ふそうバス製造 (MFBM)[14]製を導入している。

日産ディーゼル(当時、現:UDトラックス)車においては、1987年(昭和62年)以降、高速路線向けに大量にスペースウィングが納入されてきたが、1997年(平成9年)を最後に高速車は納入されていない。逆に一般路線向けには1996年(平成8年)に中型幅の10.5m車であるJPワンステップの導入を皮切りに、中型ノンステップ車を中心に数多く納入されるようになった。近年ではフルサイズ大型車スペースランナーRAも配備されるなど、グループ全体でもシェアを伸ばしていた。車体製造メーカーは富士重工業製と西日本車体工業製が混在している(後者はCNGバスおよび小型車で採用されている)。さらに、2008年(平成20年)からは三菱ふそうからのOEM車種であるスペースランナーAを導入していた[15]が、日産ディーゼルのバス事業撤退に伴って2010年(平成22年)を最後に新規導入を終了した。

かつてはいすゞ自動車製も活躍していた[16]が、現在は導入されていない[17]。ただし、奥能登地区においては2002年(平成14年)に撤退した西日本JRバスから譲渡された小型路線バス「ジャーニーQ」を保有していたが、現在はすべて廃車になっている。

近年は、グループ会社で他社からの中古車を一部導入しているものの、グループ全体としては新車を積極的に導入し、サービス向上に努めている。 金沢地区では、長尺車の一般乗合車が多いのも特徴である。

貸切車・空港リムジン車・県内特急車は三菱および日野車を導入している。貸切車においては2006年(平成18年)以降日野・新型セレガを増備しているほか、2007年(平成19年)には北陸地区では初めてとなる三菱ふそう・エアロエースが導入され、現在も増備されている。

都市間高速車は2007年まで3メーカー揃っていたが、2018年時点、富山線に日野を充てている以外はすべて三菱ふそうのみである。

保有車両数(北陸鉄道本体、2015年時点)[12]
  • 日野自動車製 - 59台(大型48台、小型11台)
  • 三菱ふそうトラック・バス製 - 43台(大型39台、小型4台)
  • 旧日産ディーゼル製 - 14台(すべて大型)

低床化への取り組み編集

ノンステップ車・ワンステップ車の採用は1996年(平成8年)から積極的に推進していて、導入台数は北陸地区において最も多い[要出典]

1997年(平成9年)に大型ノンステップ車7台(三菱ふそうKC-MP747M)が導入されたが、これは北陸地区で最初の導入であった。その後も増備されたが、1999年春以降、金沢地区でもコストダウンを目的に日産ディーゼル・RNなどの小型車「プチ」や日野・HRを主体に日産ディーゼル・JP三菱ふそう・MKといった中型10.5m車の導入が続いていた[要出典]

しかし、積み残しや車内の混雑が激しくなるなどの問題が生じたため2005年(平成17年)秋からは輸送力を増強すべくフルサイズ大型ワンステップ車の導入[18]が開始されたほか、2006年(平成18年)より大型ノンステップ車の導入も再開され現在も増備が進んでいる[要出典]

なお、2005年(平成17年)以降のサイズはワンステップ車は10.7m車、ノンステップ車は10.9m車を基本に導入されていたが、ワンステップ車においては2008年導入の日産ディーゼル・スペースランナーAより11m車で導入され、2011年以降はすべて11m車で導入されているが、2013年は一部10.7m車も導入している。

中古車の導入編集

1990年代後半より地域子会社を中心に大手事業者からの中古車も導入している[19]

特に、加賀温泉バスおよび能登地区の地域子会社において導入例が多く、金沢地区でも子会社にて導入例が見られるが北鉄本体では導入されていない[19]

以前は、都営バス小田急バス成田空港交通空港グランドサービス名古屋市営バスなどや、奥能登地区で撤退した西日本JRバスからの移籍車両[20]も使用されていた。2005年以降は愛知万博終了後、大量の余剰車が生じていた名鉄バスから大量の中古車を購入した[21]。少数ながら、大阪市営バス川崎市営バス京浜急行バス京阪バス相鉄バス立川バス神奈川中央交通ジェイアール東海バスなどの移籍車両も在籍していたが、これらの車両も現在引退が始まっている[要出典]

また、近年では、2008年(平成20年)4月に廃業し、北陸鉄道も出資していた、富山県名鉄クレハ観光バス(1台)を含む名鉄系グループ各社より貸切車両も移籍してきている。主に競馬場等の契約輸送で運用されている。

車両設備および車両番号編集

車両側面および後方には車両番号が記載されている。また、前扉袖部には「東」や「南」といった所属する営業所を表す文字が記載されている(「東」は東部支所、「南」は南部支所)。

2000年(平成12年)以降は方向幕LEDオージ製)を導入しており、北鉄本体以外では新車以外の車両もLED方式に切り替えを行っていて、幕式の車両は少なくなってきており、特に子会社の北鉄金沢バス(野々市営業所をのぞく)では在来車も含めて100%完全にLED方向幕に移行している。また、2008年の新車の一部より液晶パネル式運賃表(レシップ製)が採用されたほか、同年の新車よりHDDドライブレコーダー兼デジタルタコグラフの導入が開始された[要出典]

車両番号[22]
北陸鉄道グループのバスには、「社号[23]」と呼ばれる車両の固有番号が割り振りされており、車体の両側面・後部にフル番号、方向幕横に下3桁の番号が記載されている。以下は2015年時点でのものとなる[22]
  • 例:12-000(旧日産ディーゼルの大型バスの000番)
    • 1桁目(バスのメーカーおよび車両規格)
      • (0) - トヨタ(加賀白山のハイエース、北鉄奥能登のコースター[24]
      • (1) - 旧日産ディーゼル(以下UD)・大型(路線・高速)[25]日野および三菱・大型(貸切)[26][27](以前はいすゞ自動車製の車両に割り振られていた。[28]
      • (2) - 日野・大型および小型(いずれも路線、高速も含む)[29][30]
      • (3) - 三菱・大型(路線・高速)
      • (4) - 日野・小型(路線)[31]
      • (5) - UD・小型(路線)
      • (6) - 日野・中型(路線)[32]
      • (7) - 三菱および日野・中型(路線)[33]
      • (8) - UD・中型(路線)、日野・大型(貸切)[34]
      • (9) - 三菱・小型(路線)
    • 2桁目
      • 導入した西暦年の下1桁(例えば、(2)ならば2002年2012年のいずれかになる)
    • ハイフン以下の番号
      • 車両の通し番号

2000年代後半ごろから、貸切車については冒頭の1桁目はメーカーや車両規格という分類ではなく、営業所ごとに番号が割り振られるようになっているが、2桁目は引き続き乗合車と同じ扱いである。また乗合車についても冒頭の1桁目はメーカーによる分類として中型車でも従前の大型車と同じ番号が割り振られ、コミュニティーバスなどの小型車については3桁の通し番号のみの割り振りになっている。また、ハイフン以下の通し番号は以前は貸切・乗合を問わず000から1台導入ごとに加算され、999まで行くと000に戻り、これを繰り返していく方式であったが、同じく2000年代後半ごろから貸切車は000〜100番台、乗合車は200番台〜900番台が割り振られるようになっており、最終番号に来ればそれぞれの枠内にて最初の通し番号に戻るように改められている(現在貸切車用である000〜100番台と乗合車用の初頭部である200〜210番台の中には、2013年11月現在、乗合車の一部で各運行子会社で独自に割り振った番号も混在している)[要出典]

路線編集

#グループ各社および営業所を参照。

方向幕の色・路線番号編集

1975年4月20日に、金沢地区の路線に対し行先別の色・路線番号の付与が行われた。この時には長距離路線にも番号が付与されたが、同一方向の複数の路線に同じ番号が付けられたものもあった。1984年11月27日には、0番台(市内路線)の区分がなくなり90番台が笠舞方向から卯辰山・鈴見方向に変更され、他にも一部で番号や色の変更が行われた。この時に郊外への長距離路線は多くが無番となった。1998年3月15日にはそれまで複数に分かれていた路線を中心部でつなげて通し運行する結節路線が設定されたが、この路線は行き先に応じた色と番号で案内されるようになったため、同じ運行区間でも往復で色や番号が異なったり、旧来の路線内で完結する便と直通運行する便で全く異なった色や番号を表示する路線が生じた。この方法は野々市金沢大学線のように中心部を通過しない路線にも準用されている。2003年1月6日のシティライナー便の運行開始時には再び0番台が使用されるようになったが、市内路線の時とは異なり必ず頭に0をつけた二桁で案内されている。また、笠舞駅西線のように終点がシティライナーとしての設定範囲を超える便は、結節路線と同様に行き先に応じた色・番号で案内される。

北陸鉄道では、行先表示器にLED表示器を用い始めた頃には、番号幕を独立させて色の表示を実現していたが、2003年から順次番号部分を含めた単色LED表示器を用いるようになったため、方向幕の色分けは路線図のほか金沢駅などののりば案内に名残を留めるだけとなっている。なお、路線図では一部色分けが異なっている。

00番台
県庁前方面(シティライナー便、白地に黄緑字)
10番台
小立野・花里方面(緑地に白字)
20番台
寺町方面(だいだい地に白字)
30番台
円光寺・額住宅方面(青地に白字)
40番台
野々市・松任方面(白地に黒字)
50番台
上荒屋・安原方面(白地に青字)
60番台
金石方面(白地にだいだい字)
70番台
粟崎・内灘方面(白地に茶字)
80番台
鳴和・森本方面(茶地に白字)
90番台
卯辰山・鈴見方面(黄地に黒字)

小松空港リムジンバス編集

 
北陸鉄道の小松空港リムジンバス(三菱ふそう・エアロエース
概要
停留所・経路・系統
支払い
特別企画乗車券「羽田京急きっぷ」(発売終了)
交通系ICカード全国相互利用サービス
  • 2018年(平成30年)2月23日に、金沢駅西口待合室内の自動券売機でSuicaICOCAなどの交通系ICカードでの支払いが可能となった[39]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 彩度抑え、景観に配慮 ラッピングバス、金沢で14日から[リンク切れ] - 北國新聞2008年10月4日
  2. ^ a b バスマガジン 2015, p. 32.
  3. ^ a b “北鉄グループ バス事業再編に伴う新会社の概要について” (PDF) (プレスリリース), 北陸鉄道, (2021年6月17日), http://www.hokutetsu.co.jp/media/news/20210617_2.pdf 2021年6月18日閲覧。 
  4. ^ a b “北陸鉄道、バス事業を再編 旅行・貸し切りバスは集約”. 日本経済新聞. (2021年6月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC179HZ0X10C21A6000000/ 2021年6月18日閲覧。 
  5. ^ a b c バスマガジン 2015, p. 33.
  6. ^ a b 「能登でバス2社発足 北鉄グループ」『北國新聞』朝刊、2008年4月2日、3面。
  7. ^ 路線バスの運賃について
  8. ^ 路線バス100円運行[リンク切れ]
  9. ^ バスお得な乗車券(定期券・回数券・フリー乗車券)
  10. ^ “「北鉄バス1日フリー乗車券」リニューアルについて” (プレスリリース), 北陸鉄道, (2020年1月30日), http://www.hokutetsu.co.jp/archives/32562 2020年3月22日閲覧。 
  11. ^ “【金沢一般路線バス】金沢市内1日フリー乗車券でご利用いただけるようになります(4/1~)” (プレスリリース), 西日本ジェイアールバス, (2020年1月30日), https://www.nishinihonjrbus.co.jp/news/12227/ 2020年3月22日閲覧。 
  12. ^ a b バスマガジン 2015, p. 31.
  13. ^ 中型車のエアロミディMK呉羽自動車製で導入されていた。
  14. ^ 当時の呼称は三菱自動車バス製造 (MBM)
  15. ^ 外観は、同時に導入された三菱ふそう・エアロスターワンステップと同じだが車両番号で区別が可能である。
  16. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】12-204
  17. ^ ただし、いすゞとの統合車種である日野・ブルーリボンIIおよびレインボーIIは導入されている。
  18. ^ 同年秋から子会社のほくてつバス(当時、現:北鉄金沢バス)より三菱ふそう・エアロスターワンステップの導入が開始され、北鉄本体でも翌年よりフルサイズ大型車を増備している。
  19. ^ a b バスマガジン 2015, p. 34.
  20. ^ 前述のいすゞ・ジャーニーQのほか日野・HTなど保有していたが現在は全車引退している。
  21. ^ 能登地区では1990年代後半にも名鉄から数台導入されていたが、名鉄カラーのまま活躍していた。なお、2005年以降に導入された車両はすべて再塗装して使用されている。
  22. ^ a b バスマガジン 2015, p. 78-80.
  23. ^ 北陸鉄道 バス図鑑
  24. ^ バスマガジン 2015, p. 80.
  25. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】12-305
  26. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】13-135
  27. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】17-104
  28. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】12-204
  29. ^ 加賀白山バスの小型路線バスに割り振りされている。
  30. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】28-824
  31. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】45-883
  32. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】69-586
  33. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】79-115
  34. ^ 北陸鉄道バス図鑑 【社号】85-144
  35. ^ 『北陸鉄道50年史』北陸鉄道、1993年12月、277頁。
  36. ^ 『北陸自動車道20周年記念誌』日本道路公団金沢管理局、1993年3月、100頁。
  37. ^ 小松空港リムジンバスの変更について”. 北陸鉄道 (2016年9月7日). 2019年11月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年2月7日閲覧。
  38. ^ “企画乗車券「羽田京急きっぷ」の発売終了について” (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2019年8月27日), https://www.keikyu.co.jp/report/2019/2019086_19079HPTI.html 2020年1月16日閲覧。 
  39. ^ “小松空港乗車券券売機の全国交通系ICカード対応について(2/23)” (プレスリリース), 北陸鉄道, (2018年3月6日), オリジナルの2020年2月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200224085652/http://www.hokutetsu.co.jp/archives/25797 2020年9月30日閲覧。 

参考文献編集

  • バスマガジン vol.71』講談社講談社ビーシー、2015年5月27日。ISBN 978-4-06-366728-8

関連項目編集

外部リンク編集