メインメニューを開く

北関東工業地域きたかんとうこうぎょうちいき)とは、埼玉県群馬県栃木県茨城県工業地域

太平洋沿岸部の機械工業・金属工業・石油化学工業と、東北自動車道国道4号沿いの内陸型機械工業が生産額の大半を占める。なお、茨城県鹿嶋市および神栖市鹿島港を中心とする鹿島地区(鹿島臨海工業地帯)は工業整備特別地域に指定され発展した工業地域であることから、太平洋ベルトに含められることがある。

歴史編集

埼玉県南東部には川口市鋳物工業など、荒川等の舟運に支えられた江戸時代から続く内陸型工業が展開されている。この地域は現在京浜工業地帯の一角とみなされるが、かつては太平洋ベルトとは別の内陸部の工業地域と位置付けられていた。

群馬県富岡市には明治時代に当時地場産業であった養蚕を発展させる形で製糸工場が建てられ、近代工業の奔りと成った(富岡製糸場)。もともとこの地域では古くから桐生織や真岡木綿、結城紬といった伝統工芸が盛んであり、現在も生産額こそ小さいが繊維工業が営まれている。

群馬県太田市周辺や栃木県宇都宮市周辺といった内陸部には、太平洋戦争時に海岸部を避ける形で軍需工場が置かれ、これらが戦後の北関東における内陸型機械工業へと発展した。戦後、太田と宇都宮の軍需工場は自動車鉄道車両生産工場やミシン工場等へと継承され(富士重工業日本製鋼所シンガー日鋼等)、現在も内陸型機械工業を中心とする工業団地が展開する。

戦後は海岸部の京浜工業地帯の延長部として発展した。

主な工業都市は、神栖市(1.83兆円)、日立市(1.17兆円)、宇都宮市(1.63兆円)、大田原市(0.83兆円)、太田市(1.98兆円)、伊勢崎市(1.09兆円)、狭山市(1.39兆円)、川越市(1.01兆円)など(括弧内は平成18年度年間工業製品出荷額)。

地域と種別編集

関連項目編集