北陸先端科学技術大学院大学

石川県能美市にある日本の国立大学

北陸先端科学技術大学院大学(ほくりくせんたんかがくぎじゅつだいがくいんだいがく、英語: Japan Advanced Institute of Science and Technology)は、日本国立大学石川県能美市に本部を置く。

北陸先端科学技術大学院大学
JAIST.JPG
石川キャンパス(2015年9月)
大学設置/創立 1990年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学
本部所在地 石川県能美市旭台1-1
北緯36度26分39.2秒 東経136度35分31.6秒 / 北緯36.444222度 東経136.592111度 / 36.444222; 136.592111座標: 北緯36度26分39.2秒 東経136度35分31.6秒 / 北緯36.444222度 東経136.592111度 / 36.444222; 136.592111
キャンパス 石川キャンパス(石川県能美市)
金沢駅前オフィス(石川県金沢市
東京サテライト(東京都港区
学部 未設置
研究科 先端科学技術研究科
ウェブサイト https://www.jaist.ac.jp
テンプレートを表示

国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学が運営する大学院大学である。略称JAIST(ジャイスト)。

概観編集

設立編集

東京工業大学が計画立案を行い、同大学の名誉教授であった慶伊富長(のちに本学初代学長)が先端科学技術大学院準備調査室長に就任。1990年に日本で最初の先端科学技術大学院大学として開学した[1]旧帝大旧官立大学をはじめとする、一部の国立大学での大学院重点化大学院部局化が実施されるよりも前に創設された、学士課程を持たない国立の大学院大学の一つである。独立した研究教育組織とキャンパスを持つ。

計画当初、キャンパスは関東地方埼玉県近辺)に建設し「日本先端科学技術大学院大学」とする予定だった。計画の途中でキャンパスの建設地が森喜朗らの尽力により石川県に変更になったために「北陸先端科学技術大学院大学」に名称変更された。現在でも大学の英語名は"Japan Advanced Institute of Science and Technology"と国名 (Japan) を冠しており、計画当初の名残が残っている。

主に、産官学連携をはじめとする高度な科学技術に関する研究開発を行っている。最先端の科学技術の追究とともに、大学院大学のパイロットスクールとしての役割を開学以来継続して担ってきた。

いしかわサイエンスパークの中核を成す教育研究機関でもある。

情報環境設備編集

インターネット・サービス・プロバイダと同等の学内情報ネットワーク設備(学内情報ネットワーク自体が独立した自律システムとして設計されており、インターネットの中核を担うBGPの運用が行われている。学内情報ネットワークには2つのAS番号である17932,55384が付与されている[2]

スーパーコンピュータCRAY社製、SGI社製等)[3]等の情報環境が整備されている。NICTのプロジェクトにJAISTが参加する形になっているが、研究用のIaaSである「StarBED」の研究・開発・運用も行っており、書類審査を通過すればインターネットエミュレーションも可能である。また、没入型3次元仮想現実体感システムCAVEなどもある。このように、JAISTの情報環境は国内の大学の中では有数といえる[4]

学内のほとんどの諸施設・設備は、附属図書館をはじめ24時間365日利用できるように開放されており、研究・教育活動はもちろんのこと、レクリエーション活動でも大学院生の自主的な活動が可能となっている。

入学後に学生個人用のFTPアカウントも用意され、そのFTPアカウントに向けてファイルをアップロードすることで、学生個人の活動を対外的に紹介するWebサイトの公開も可能である。

立地と気候編集

大学本部と、様々な研究室や研究設備が設置されているJAIST石川キャンパスは、石川県能美市の丘陵地に所在している。冬季の1月から3月に掛けて、北陸地方では大量の積雪があり、JAIST石川キャンパス内でも積雪が70cm以上に達することがある。そのような場合には外出が危険であるため講義が休講になり、公共交通機関も運行休止になる場合がある。

東京都品川区品川品川インターシティにもサテライトキャンパスを持ち、社会人学生への講義やシンポジウム・セミナー等を頻繁に開催している[5]

教育制度編集

入学した学生にはコースワーク重視の重厚なカリキュラムを課す。カリキュラムは高度に体系化されており、シラバス(講義要綱)も大学ウェブサイトを通じて一般公開されている。講義は一期2ヶ月の4期(クォーター)制を採用している。また、大学独自の教育制度として主テーマ(修士論文・博士論文)以外に副テーマの研究が義務づけられており、修了要件に含まれている。

外部貢献編集

知名度向上と地域貢献のため、大学関係者による大学院説明会やサイエンス・フェスティバルなどを頻繁に開催している。また、sourceforge.netにミラーサーバ(ftp.jaist.ac.jp)を提供している。

象徴編集

理念と目標編集

理念
北陸先端科学技術大学院大学は、豊かな学問的環境の中で世界水準の教育と研究を行い、科学技術創造により次代の世界を拓く指導的人材を育成する[6]
目標
  • 先進的大学院教育を組織的・体系的に行い、先端科学技術の確かな専門性とともに、幅広い視野や高い自主性、コミュニケーション能力をもつ、社会や産業界のリーダーを育成する[6]
  • 世界や社会の課題を解決する研究に挑戦し、卓越した研究拠点を形成すると同時に、多様な基礎研究により新たな領域を開拓し、研究成果の社会還元を積極的に行う[6]
  • 海外教育研究機関との連携を通して学生や教員の交流を積極的に行うとともに、教育や研究の国際化を推進し、グローバルに活躍する人材の育成を行う[6]

年表編集

  • 1987年昭和62年)5月 - 文部省に先端科学技術大学院構想調査に関する調査研究協力者会議を設置[7]
  • 1990年平成2年)
    • 4月 - 東京工業大学に北陸先端科学技術大学院準備調査室・委員会を設置[7]
    • 10月 - 開学。当初は情報科学研究科のみ。附属図書館を設置[7]
  • 1991年(平成3年)4月 - 材料科学研究科および情報科学センター設置[7]
  • 1992年(平成4年)4月 - 新素材センターを設置[7]
  • 1993年(平成5年)4月 - 先端科学技術研究調査センターを設置[7]
  • 1994年(平成6年)6月 - 保健管理センターを設置[7]
  • 1996年(平成8年)
    • 4月 - 附属図書館を開館[7]
    • 5月 - 知識科学研究科を設置[7]
  • 1998年(平成10年)4月 - 知識科学教育研究センターを設置[7]
  • 2001年(平成13年)11月 - 遠隔教育研究センター、インターネット研究センターを設置[7]
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)10月 - IPオペレーションセンター、科学技術開発戦略センター設置[7]技術経営コースを開講。
  • 2004年(平成16年)
  • 2006年(平成18年)4月 - 材料科学研究科をマテリアルサイエンス研究科に改称[7]
  • 2007年(平成19年)
    • 4月 - 先端融合領域研究院を設置[7]
    • 9月 - 高信頼組込みシステム教育研究センターを設置[7]
  • 2008年(平成20年)- 各研究科を1専攻に改組[注 1]
    • 3月 - 科学技術開発戦略センターを廃止[7]
    • 4月 - 地域・イノベーション研究センター設置[7]
  • 2009年(平成21年)- サービス経営コースを開講。
    • 4月 - グローバルコミュニケーションセンターを設置、IPオペレーションセンターを先端科学技術研究調査センターへ統合、安心電子社会研究センターを安心電子社会教育研究センターへ改組[7]
  • 2010年(平成22年)- 先端知識科学コースを開講。
    • 4月 - 先端領域社会人教育院、大学院教育イニシアティブセンター、キャリア支援センター、ソフトウェア検証研究センターを設置する[7]
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - 先端領域基礎教育院、グリーンデバイス研究センター、知能ロボティクスセンター、バイオアーキテクチャ研究センター、高資源循環ポリマー研究センターを設置、情報科学センターを情報社会基盤研究センターへ、知識科学教育研究センターをライフスタイルデザイン研究センターへ、インターネット研究センターを高信頼ネットワークイノベーションセンターへ改組[7]
    • 7月 - JAISTギャラリー設置[7]
  • 2012年(平成24年)4月 - シミュレーション科学研究センター、サービスサイエンス研究センターを設置、先端科学技術研究調査センターを産学官連携総合推進センターへ、地域・イノベーション研究センターを地域イノベーション教育研究センターへ改組[7]
  • 2013年(平成25年)4月 - JAISTイノベーションプラザ設置[7]
  • 2014年(平成26年)7月 - 産学連携本部設置[7]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月 - 留学支援センターを設置[7]
    • 10月 - シングルナノイノベーティブデバイス研究拠点、高性能天然由来マテリアル開発拠点を設置[7]
  • 2016年(平成28年)4月 - 国際連携本部、グローバルコミュニケーションセンター、イノベーションデザイン国際研究センター、理論計算機科学センター、エンタテインメント科学センターを設置、知識科学研究科、情報科学研究科、マテリアルサイエンス研究科を統合し、先端科学技術研究科とする[7]
  • 2017年(平成29年)4月 - 地域連携推進センター、エクセレントコア推進本部を設置、産学連携本部を産学官連携本部へ、産学官連携総合推進センターを産学官連携推進センターへ改組[7]
  • 2018年(平成30年)12月14日 - 体育館を新設[8]
  • 2019年(平成31年)- 日本総合研究所や能美市と農村のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する覚書を締結[9]
  • 2021年令和3年)
    • 4月8日 - 日本総研と北陸地域のイノベーション創出に向けた覚書を締結[9]
    • 4月16日 - 企業や地域社会を支援するデジタル化支援センター、情報環境・DX統括本部、遠隔教育研究イノベーションセンターを開設[10]

所在地編集

石川キャンパス
金沢駅前オフィス
東京サテライト

組織編集

研究科・専攻・領域編集

2016年度より既存の3つの研究科が1研究科1専攻に統合・再編され、その下に9つの領域が設けられている。また、修了する大学院生に授与する修士号・博士号は、大学院生が所属する領域によって、知識科学、情報科学、マテリアルサイエンスのいずれかが授与される。

先端科学技術研究科(博士前期課程・後期課程)
  • 先端科学技術専攻
    • 知識科学系
      • ヒューマンライフデザイン領域
      • 知識マネジメント領域
      • 情報科学系
      • セキュリティ・ネットワーク領域
      • 知能ロボティクス領域
      • ゲーム・エンターテインメント領域
    • マテリアルサイエンス系
      • 環境・エネルギー領域
      • 物質化学領域
      • 応用物理学領域
      • 生命機能工学領域
  • 融合科学共同専攻(金沢大学との共同大学院)
    • 融合科学系

東京サテライトにて開講されている東京社会人コースには6つの各プログラムが設けられている。

  • 東京社会人コース
    • 技術経営(MOT)プログラム(博士前期課程)
    • サービス経営(MOS)プログラム(博士前期課程)
    • loT・AIイノベーションプログラム(博士前期課程)
    • 先端知識科学プログラム(博士後期課程)
    • 先端情報科学プログラム(博士後期課程)
    • 価値創造実践プログラム(博士後期課程)

旧研究科・専攻・領域編集

知識科学研究科(博士前期課程・後期課程)
  • 知識科学専攻[注 2]
    • 社会知識領域
    • 知識メディア領域
    • システム知識領域
    • サービス知識領域
情報科学研究科(博士前期課程・後期課程)
  • 情報科学専攻[注 3]
    • 理論情報科学領域
    • 人間情報処理領域
    • 人工知能領域
    • 計算機システム・ネットワーク領域
    • ソフトウェア科学領域
マテリアルサイエンス研究科(博士前期課程・後期課程)
  • マテリアルサイエンス専攻[注 4]
    • 物性解析・デバイス領域(物理系)
    • 物質デザイン・創出領域(化学系)
    • バイオ機能・組織化領域(バイオ系)
社会人コース[注 5]
  • 技術・サービス経営 (iMOST) コース(博士前期課程)- 知識科学研究科と情報科学研究科がそれぞれ募集2014年度 入学案内”. 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。</ref>。知識科学研究科のコースには技術経営、医療サービスサイエンス、サービス経営の各分野があるが、情報科学研究科のコースはサービス経営のみ。
  • 先端知識科学コース(博士後期課程)- 知識科学研究科が担当。
  • 先端情報科学コース(博士前期・後期課程)- 情報科学研究科が担当。
  • 先端ソフトウェア工学コース(博士後期課程)- 情報科学研究科が担当。

附属機関編集

  • 附属図書館
  • 産学連携本部
    • 産学官連携総合推進センター
    • 技術サービス部
  • 情報社会基盤研究センター
  • ナノマテリアルテクノロジーセンター
  • 高信頼組込みシステム教育研究センター
  • 保健管理センター
  • JAISTギャラリー
  • JAISTイノベーションプラザ

採択されたプログラム編集

  • 21世紀COEプログラム
    • 「知識科学に基づく科学技術の創造と実践」(2003年度) - 知識科学研究科
    • 「検証進化可能電子社会」(2004年度) - 情報科学研究科
  • 戦略的大学連携支援プログラム
    • 実践的な人材育成のための医療サービスサイエンス教育プログラムの開発
  • 「アジア人財資金構想」高度専門留学生育成事業
    • 高信頼組込みシステム開発技術に関わる基盤的人材育成プログラム
  • イノベーション創出若手研究人材養成
    • キャリア目標に応じた人材養成の戦略的展開
  • 地域再生人材創出拠点の形成プログラム
    • 石川伝統工芸イノベータ養成ユニット
  • 大学等産学官自立化促進プログラム
    • JAIST専門人材育成プログラム
  • 先端研究施設共用イノベーション創出事業

大学関係者や関係する組織編集

大学関係者組織編集

  • 北陸先端科学技術大学院大学同窓会

大学関係者一覧編集

施設編集

研究科棟編集

 
附属図書館3階から望む情報科学研究科棟

研究科棟には情報科学研究科棟、知識科学研究科棟、マテリアルサイエンス研究科棟の3棟が建設されている。

実験設備編集

全学共同利用コンピュータ施設として、大型電子計算機室を有するほか、スーパーコンピュータをはじめとする大型ワークステーション設備を有する。これらの設備は、学内において1Gbpsの回線帯域を持つEthernetによって接続されている。教員および学生はパスワードおよびIDが付与され、24時間利用が可能である。なお、大型ワークステーションによって、東アジアでは最大規模のRINGサーバやFTPサーバが運用されており、このサーバーにアクセスすることで研究用フリーソフトの入手が可能である。また、マテリアルサイエンス研究科では、国内の企業はもとより、特許庁などからも研究生を受け入れている。

JAISTと同じくスーパーコンピュータの拠点となっている旧帝大では6年周期でスーパーコンピュータが最新の物に更新されるが、JAISTの場合は4年周期で更新が行われ、他大学よりも新しいスーパーコンピュータを利用可能である。また、JAISTの研究者・学生、また日本全国の大学・研究機関や企業も遠隔操作で利用する大型ネットワーク実機実験設備である「StarBED」を同じ敷地内に保有している。このStarBEDでは1000台以上のラックマウントサーバーを用いて実機ベースのインターネット環境が再現されており、完全なソフトウェアベースのシミュレータでは殆ど不可能であった、ハードウェア面の制約や現実の環境における種々の外乱を考慮することが可能となっている。StarBEDはユーザーインターフェイスからオペレーティングシステムまで、ソフトウェア面は全てJAISTの研究者らにより開発されており、JAIST固有の設備であるといえる。

サテライトキャンパス編集

東京サテライトでは技術経営(MOT)プログラム、サービス経営(MOS)プログラム、IoTイノベーションプログラム(いずれも博士前期課程)および先端知識科学プログラム、先端情報科学プログラム、価値創造実践プログラム(いずれも博士後期課程)の講義が主に行われる。サテライト講義は金沢市富山市でも開講されている。

寄宿舎編集

キャンパス内にはエアコン、冷蔵庫を完備した学生寄宿舎があり、有償で提供されている[12]。また、各居室は学内LANと接続されており、自室にいながら研究を行う体制が整っている[12]

活動編集

数は少ないものの、文化系・体育会系にわたりいくつかのサークルが立ち上がっており、研究の合間に学外の人々と交流を持ちながら活動が行われている。

対外関係編集

他大学との協定編集

海外協定校・機関編集

国際交流協定編集

中華人民共和国
台湾
大韓民国
ベトナム
タイ王国
マレーシア
インドネシア
バングラデシュ
インド
ミャンマー
イギリス
ドイツ
フランス
オランダ
オーストリア
イタリア
スロベニア
フィンランド
スウェーデン
マルタ
チェコ
ポーランド
ルーマニア
ウクライナ
ロシア
アメリカ合衆国
カナダ
チリ
オーストラリア
南アフリカ共和国

大学院国際共同教育プログラム協定編集

プログラム協定校で学びながら北陸先端科学技術大学院大学の学位が取得が可能とする協定。

ベトナム

デュアルディグリープログラム協定編集

北陸先端科学技術大学院大学およびプログラム協定校で教育研究指導を受けることにより、両大学院の学位を取得することが可能とする協定。

中華人民共和国
インド
タイ王国
フィンランド

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 知識科学研究科では知識社会システム学専攻および知識システム基礎学専攻が知識科学専攻に、情報科学研究科では情報処理学専攻および情報システム学専攻が情報科学専攻に、マテリアルサイエンス研究科では物性科学専攻および機能科学専攻がマテリアルサイエンス専攻となった。なお、新しい専攻の入学定員は、それぞれの専攻の入学定員を合計したものとなり、入学定員に変動は生じなかった。
  2. ^ 領域は、2014年度版『JAIST概要[リンク切れ]』による。連携講座として、産業政策システム(三菱総合研究所)、企業戦略システム(野村総合研究所)、知的生産システム(日立製作所研究開発本部)、産学連携マネジメント論(経済産業省)、知識ビジネス創造(富士通)、知能メディア(国際電気通信基礎技術研究所)、ベトナム知識科学(ベトナム国家大学ホーチミン校科学大学、ベトナム国家大学ホーチミン校工科大学、ベトナム科学技術アカデミー情報技術研究所、ハノイ理工科大学、ベトナム国家大学ハノイ校工科大学)、サービス工学(産業技術総合研究所)、医療サービス知識サイエンス(宮崎大学順天堂大学)、テクノロジー・マネジメント(ケンブリッジ大学)、タイ知識科学(タンマサート大学、タイ国国家電子コンピューター技術センター)がある。
  3. ^ 領域は、2014年度版『JAIST概要』による。客員講座として、言語科学、認知科学、並列分散システムがあるほか、連携講座として、情報・知識統合処理学(富士通研究所)、分散情報処理学(産業技術総合研究所)、超高速通信網構成学(情報通信研究機構)、ベトナム情報科学(ベトナム国家大学ホーチミン校科学大学、ベトナム国家大学ホーチミン校工科大学、ベトナム科学技術アカデミー情報技術研究所、ハノイ理工科大学、ベトナム国家大学ハノイ校工科大学)、先端ソフトウェア工学(情報・システム研究機構、国立情報学研究所)、グリーン情報基盤学(日本電信電話 環境エネルギー研究所)、タイ情報科学(タンマサート大学、タイ国国家電子コンピューター技術センター)、天津情報科学(天津大学
  4. ^ 「JAIST概要」2013年度版によると、客員講座として、構造制御があるほか、連携講座として、熱光電変換素子学(国際基督教大学)、ストレスシグナル研究(産業技術総合研究所)、材料計算科学(金沢大学)、ベトナムナノテクノロジー(ベトナム国家大学ハノイ校)、ナノイメージング物理学(金沢大学)、再生可能エネルギー学(産業技術総合研究所)、循環型材料設計科学(産業技術総合研究所)、ナノデバイス(サウサンプトン大学)、サーモエレクトロニクス(KELK)、アロマサイエンス(高砂香料工業)、放射光解析ナノ物性(高輝度光科学研究センター)、溶液プロセスSiナノデバイス(デルフト工科大学)、集束イオンビーム超微細加工(日立ハイテクサイエンス)がある。
  5. ^ 東京サテライトキャンパスで開講。

出典編集

  1. ^ 大学誘致から開学まで」(PDF) 『創立20周年記念誌』国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学、2010年10月1日、14頁https://dspace.jaist.ac.jp/dspace/bitstream/10119/9588/3/20th記念誌.pdf 
  2. ^ AS番号リスト”. 日本ネットワークインフォメーションセンター. 2023年3月6日閲覧。
  3. ^ 計算サーバ”. 情報社会基盤研究センター. 2023年3月6日閲覧。
  4. ^ 最先端の実験機器設備”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2021年5月1日閲覧。
  5. ^ 東京サテライト”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2021年5月1日閲覧。
  6. ^ a b c d 理念と目標”. 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学. 2021年5月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 沿革”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2022年3月3日閲覧。
  8. ^ 体育館竣工式を挙行 北陸先端科学技術大学院大学 お知らせ(2019年4月13日閲覧)
  9. ^ a b 北陸先端大と日本総研 域内変革へ連携拡大 IoT×AIやDX人材育成」『日経産業新聞日本経済新聞社、2021年4月28日。
  10. ^ デジタル化関連組織の発足に関する記者発表を実施”. 北陸先端科学技術大学院大学. 2021年5月29日閲覧。
  11. ^ 京都・先端ナノテク総合支援ネットワーク(2021年5月1日閲覧)
  12. ^ a b 学生寄宿舎等”. 国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学. 2018年2月3日閲覧。
  13. ^ 単位互換案内 2021年度” (PDF). 放送大学. 2021年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。

関連項目編集

外部リンク編集