メインメニューを開く

北陸鉄道モハ2100形電車(ほくりくてつどうモハ2100がたでんしゃ)は、北陸鉄道金沢市内線用に使用していた路面電車車両である。後に同線の廃線により名古屋鉄道へ譲渡され、同社モ530形電車として名鉄岐阜市内線で使用された。

経歴編集

1950年昭和25年)から1951年(昭和26年)にかけてモハ2101 - 2112の全12両が広瀬車両で新製された。前中扉構造の半鋼製車体を持つ四軸ボギー車であり、新製当初より集電装置はパンタグラフを使用していた。

1967年(昭和42年)の同線廃止に伴い、モハ2107がモハ2000形(後の名鉄モ550形電車 (2代))、モハ2200形(後の名鉄モ560形電車 (2代))と共に名鉄へ譲渡された。入線に際してはモ530形(2代)531と改称・改番されている[注釈 1]

1968年(昭和43年)に竣工し、岐阜市内線および美濃町線で使用された。しかし、名鉄における本形式は1形式1両の少数形式であったことから、保守部品の確保等に難をきたしたこともあり、1976年(昭和51年)のモ870形[注釈 2]導入に伴い代替廃車された。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 初代は名鉄岡崎市内線で使用されていた木造ボギー車であった。詳細は岡崎電気軌道100形電車項目を参照。
  2. ^ 札幌市交通局札幌市電A830形を譲り受けたものである。

出典編集