北5条手稲通(きたごじょうていねどおり)は、札幌市中央区から手稲区に至る都市計画道路。区間により札幌市道、北海道道124号宮の沢北一条線国道5号となる。

都市計画道路
北5条手稲通
3・3・5北5条・手稲通[1]
総延長 16.5 km[1]
起点 札幌市中央区
終点 札幌市手稲区
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0005.svg 国道5号(創成川通)
E5A 札樽自動車道 札幌西IC
Japanese National Route Sign 0005.svg 国道5号(札幌新道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
北5条手稲通(札幌市手稲区手稲本町)

路線データ編集

  • 起点:札幌市中央区北5条東3丁目(東3丁目通交点)[1]
  • 終点:札幌市手稲区星置南2丁目(小樽市境界)[1]

歴史編集

札幌市と小樽市を結ぶ通りから「札樽国道」と呼ばれており[2]1972年札幌オリンピック開催に伴い札樽高速自動車国道(現在の札樽自動車道一部区間)が建設されるまでは札幌—小樽間唯一の幹線道路であった。1798年寛政10年)に開削したが、道路らしくなったのは1857年安政4年)になってからである[2]1873年明治6年)に小樽—銭函—札幌間の開削道路が完成している[3]。その後、交通量の増加に伴い1935年昭和10年)に拡幅・直線化、1953年(昭和28年)に完全舗装や橋の永久橋化を進めて1984年(昭和59年)にほぼ現在のルートになっている[2]。なお、宮の沢以南の一部区間は札幌オリンピック開催に伴う札幌新道(一部区間)と創成川通の整備により、国道から道道になった[2]

路線状況編集

区間

道路施設

  • 国道区間
    • 追分橋 (5.78 m)[4]
    • 新中の川橋 (42.20 m)[4]
    • 三樽別橋 (10.42 m)[4]
    • 軽川橋 (6.40 m)[4]

地理編集

起点から国道5号(創成川通)までの街区は北5条東(きたごじょうひがし)となり、創成川東の区域になっている。1丁目から3丁目まであり、郵便番号は060-0035。中央区の北縁であり、北5条東4丁目以東は東区となる。

国道5号(創成川通)以西の街区は北5条西(きたごじょうにし)となり、1丁目から24丁目までの郵便番号が060-0005、25丁目から29丁目が064-0825となる。なお、北5条手稲通は西24丁目・25丁目交差点で北西方向に曲がるため、西26丁目から29丁目までは山の手通となる。北5条手稲通は札幌駅南口正面を通っており、沿道には商業施設銀行ホテルなどが立地している。

交差する道路編集

市道区間

道道区間

国道区間

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 道路 (PDF)”. 札幌市の都市交通について. 札幌市. p. 2. 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 札幌の通り, pp. 103-105.
  3. ^ 道路建設の歴史 - 年表”. 札幌市. 2017年2月22日閲覧。
  4. ^ a b c d 橋梁長寿命化修繕計画(案) (PDF)”. 北海道開発局. p. 17 (2016年). 2017年2月21日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集