メインメニューを開く

(たくみ)

  • 優れた技術を持った職人を指す言葉。工匠。伝統的な職人の究極的な技術を保持し、尚且つ、後進の技術者に対して自分の持っている技術を披露し、指導するなど人間的にも尊敬される立場の人を言う。 この匠と言われる人たちには、職能的な技術(例:宮大工、指物師、木地師、和紙職人、摺り師、彫師、仏師、金工細工師、機織り職人、染色職人、鬼瓦職人、陶芸職人、漆塗り職人、畳職人など多数の分野に広がっている)と共に、この道何十年という一つの道を突き詰めて来た、極めて希有な存在として世間にも認められる存在である。
  • 扱う素材は普通、草・木・繊維・土・金属など、自然のものから調達した天然素材から、道具を使って加工・調整するなどを基本に、長期的な視野に立ち、自分の作るもので納得のいかないものは外には出さないなど、独自の価値観に裏打ちされた強靭な精神性を持つ人たちを指す。
  • 匠と言われる職人の中には、遊び心を持ち自由な発想を持ち味にしている匠も多い。更に、探究心が豊富で、些細な事にでも突き詰めて行こうとする意欲が溢れている。近年、伝統的素材以外にも、現代の匠という「IT」や「人工素材」を扱っている匠も存在する。

関連項目編集