医学生ムンナ・バーイー

2003年に公開されたインドのコメディドラマ映画

医学生ムンナ・バーイー』(いがくせいムンナ・バーイー、Munna Bhai M.B.B.S.)は、2003年に公開されたインドコメディドラマ映画。ラージクマール・ヒラーニの監督デビュー作で、『ムンナ・バーイーシリーズ英語版』の第1作。上映日数は25週間以上を記録し、26週目の時点で257スクリーンで上映されていた[2]

医学生ムンナ・バーイー
Munna Bhai M.B.B.S.
監督 ラージクマール・ヒラーニ
脚本 ラージクマール・ヒラーニ
ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
原案 ラージクマール・ヒラーニ
製作 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー
出演者 サンジャイ・ダット
グレーシー・シン英語版
アルシャード・ワールシー英語版
スニール・ダット
ジミー・シェルギル英語版
ボーマン・イラニ英語版
音楽 アヌー・マリク英語版
撮影 ビノード・プラダーン英語版
編集 プラディープ・サルカール英語版
ラージクマール・ヒラーニ
製作会社 ヴィノード・チョープラー・フィルムズ英語版
エンターテインメント・ワン英語版
公開 インドの旗 2003年12月19日
上映時間 156分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
興行収入 ₹300,000,000[1]
次作 その調子で、ムンナ・バーイー英語版
テンプレートを表示

あらすじ編集

キャスト編集

製作編集

ラージクマール・ヒラーニはインタビューの中で、医学生の友人との会話から映画のアイディアを得たことを明かしている[3]。また、家族が病気になった際に医療関係者と交流したことも製作に影響を与えている。

ヒラーニは脚本執筆の段階ではアニル・カプールを主役に考えていた[3]。しかし、ムンナ・バーイー役にはシャー・ルク・カーンが起用され、ザヒール役のサンジャイ・ダットと共演することになったが、シャー・ルクは後に深刻な腰痛のため降板を余儀なくされた[4][5][6][7][8][9]。そのためシャー・ルクは映画に出演していないが、エンドクレジットには彼の協力に感謝する旨が記載されている[3]。また、ヒラーニはシャー・ルクとの会話の中で、アイシュワリヤー・ラーイを起用することを考えついた[3]。ムンナ・バーイー役にはヴィヴェーク・オベロイが検討されたが、最終的にはサンジャイ・ダットが演じることになり、またムンナ・バーイーの父親役としてサンジャイの父スニール・ダットが10年振りに映画出演することになった。サルカシュワル役には当初マカランド・デシュパンデ英語版が検討されていたが、最終的にアルシャード・ワールシー英語版が起用され、彼のキャリアにとっての転換点となった。医科大学のシーンはプネーの農業大学とムンバイグラント・ガバメント・メディカル・カレッジ英語版で撮影された[10]。ヒラーニは十分な製作費が確保できなかったため、一部のシーンの撮影方法を変更することにした。終盤の結婚式のシーンについては、式場のセット作成とグレーシー・シン英語版の衣装作成で数千ルピーの費用が必要と試算されたため、費用を抑えるために実際の結婚式場を利用することに決め、式場運営者の許可を取り式終了後に式場を借りて撮影を行っている[3]

『医学生ムンナ・バーイー』はロビン・ウィリアムズ主演の『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』と類似点が指摘されている。ヒラーニは指摘に対して、製作以前に『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』を鑑賞したことはなく、そうした指摘を否定している[11]

映画音楽はアヌー・マリク英語版、作詞はアッバス・タイヤワーラー英語版ラハト・インドリ英語版が手掛けている。Box Office Indiaによると、サウンドトラックアルバムは100万枚発売され、2003年の売上ランキング第15位になった[12]

受賞・ノミネート編集

映画賞 部門 対象 結果 出典
第51回ナショナル・フィルム・アワード英語版 健全な娯楽を提供する最優秀大衆映画賞英語版 医学生ムンナ・バーイー 受賞 [13]
第49回フィルムフェア賞英語版 批評家選出最優秀作品賞英語版 [14]
最優秀作品賞英語版 ノミネート
最優秀脚本賞英語版 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ラージクマール・ヒラーニ、ラジャン・ジョゼフ 受賞
最優秀監督賞英語版 ラージクマール・ヒラーニ ノミネート
最優秀コメディアン賞英語版 サンジャイ・ダット 受賞
ボーマン・イラニ ノミネート
最優秀台詞賞英語版 アッバス・ティレワラ 受賞
最優秀助演男優賞英語版 アルシャード・ワールシー ノミネート
国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀脚本賞英語版 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ラージクマール・ヒラーニ、ラジャン・ジョゼフ 受賞
最優秀コメディアン賞英語版 ボーマン・イラニ
最優秀台詞賞 アッバス・ティレワ
最優秀作品賞英語版 医学生ムンナ・バーイー ノミネート
最優秀編集賞英語版 ラージクマール・ヒラーニ 受賞
最優秀監督賞英語版 ノミネート
最優秀脚色賞英語版
最優秀主演男優賞英語版 サンジャイ・ダット
最優秀助演男優賞英語版 アルシャード・ワールシー
最優秀音楽監督賞英語版 アヌー・マリク
最優秀女性プレイバックシンガー賞英語版 スニディ・チャウハン英語版 (「Dekhle Aankhon Mein Aankhien Daal」)
最優秀作詞家賞英語版 ラハト・インドリ (「Dekhle Aankhon Mein Aankhien Daal」)
プロデューサーズ・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀新人監督賞 ラージクマール・ヒラーニ 受賞
最優秀編集賞
最優秀監督賞 ノミネート
最優秀作品賞 医学生ムンナ・バーイー
最優秀主演男優賞 サンジャイ・ダット
最優秀助演男優賞 アルシャード・ワールシー
最優秀脚本賞 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、ラージクマール・ヒラーニ、ラジャン・ジョゼフ
最優秀撮影監督賞 ビノード・プラダーン英語版
ジー・シネ・アワード 最優秀コメディアン賞英語版 アルシャード・ワールシー 受賞
ボーマン・イラニ ノミネート
最優秀新人監督賞 ラージクマール・ヒラーニ 受賞
最優秀撮影監督賞 ビノード・プラダーン
最優秀作品賞 医学生ムンナ・バーイー ノミネート
ボリウッド・ムービー・アワード英語版 最優秀監督賞英語版 ラージクマール・ヒラーニ 受賞
最優秀センセーショナル男優賞英語版 サンジャイ・ダット
最優秀助演男優賞英語版 アルシャード・ワールシー
ビッグ・スター・エンターテインメント・アワード英語版 ベストフィルム・オブ・ディケイド 医学生ムンナ・バーイー ノミネート

リメイク一覧編集

作品名 言語 キャスト 監督
2004 Shankar Dada M.B.B.S. テルグ語 チランジーヴィスリカーント英語版ソナリ・ベンドレ英語版パレーシュ・ラーワル ジャヤント・C・パランジー英語版
2004 Vasool Raja MBBS タミル語 カマル・ハーサン英語版スネーハー英語版プラブ英語版プラカーシュ・ラージ サラン英語版
2006 Uppi Dada M.B.B.S. カンナダ語 ウペンドラ英語版ウーマ・シャンカリ英語版アナント・ナグ英語版 D・ラジェンドラ・バーブ英語版
2017 Dr. Nawariyan シンハラ語 ランジャン・ラーマナヤク英語版、ルワンギ・ラスナヤク ランジャン・ラーマナヤク

出典編集

  1. ^ Rs 2,000 crore from 5 movies! Sanju director Rajkumar Hirani always delivers a box office hit”. Business Today. 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ Top Earners 2003”. boxofficeindia.com. 2012年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e My First Film Rajkumar Hirani Munna Bhai MBBS Anupama Chopra” (2016年8月10日). 2018年5月7日閲覧。
  4. ^ Sharma, Gaurav (2003年12月8日). “Shahrukh Khan was the original Munnabhai | Shahrukh Khan | Munnabhai Mbbs”. Bollywoodmantra.com. 2015年5月28日閲覧。
  5. ^ Shah Rukh Khan as Munnabhai? - The Times of India”. Timesofindia.indiatimes.com (2012年10月1日). 2015年5月28日閲覧。
  6. ^ Why Shah Rukh Khan backed out of 'Munnabhai' | Latest News & Updates at Daily News & Analysis”. Dnaindia.com (2012年4月1日). 2015年5月28日閲覧。
  7. ^ Sanjay Dutt replaces Shah Rukh in new movie – The Times of India”. Timesofindia.indiatimes.com (2002年6月24日). 2015年5月28日閲覧。
  8. ^ Shah Rukh was the first choice for 'Munnabhai' – IBNLive”. Ibnlive.in.com (2012年4月1日). 2015年5月28日閲覧。
  9. ^ “Shropshire – Bollywood – Munnabhai MBBS Preview”. BBC.co.uk. (2003年12月19日). http://www.bbc.co.uk/shropshire/films/bollywood/2003/11/mbbs_preview.shtml 2015年5月28日閲覧。 
  10. ^ Nitesh Rane bails out Marathi filmmaker”. Money Control (2012年12月19日). 2013年4月5日閲覧。
  11. ^ “Robin Williams: The man Bollywood thanks profusely for 'Mrs Doubtfire' and 'Patch Adams' that influenced two beloved Hindi films”. CNN-News18. (2014年8月12日). http://www.news18.com/news/india/robin-williams-the-man-bollywood-thanks-profusely-for-mrs-doubtfire-and-patch-adams-that-influenced-two-beloved-hindi-films-707414.html 2019年11月5日閲覧。 
  12. ^ Music Hits 2000–2009 (Figures in Units)”. Box Office India. 2008年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月5日閲覧。
  13. ^ Munnabhai MBBS wins National Film Award”. rediff.com. 2019年11月5日閲覧。
  14. ^ Filmfare Awards 2004 Winners”. ザ・タイムズ・オブ・インディア. 2019年11月5日閲覧。

外部リンク編集