医療漫画(いりょうまんが)は、日本における漫画作品のジャンルの1つ。医師看護師をはじめとした医療従事者を主人公としていたり、病院診療所などの医療現場を舞台とするなど、主に医療をテーマにした漫画作品を指す[1]

定義編集

落合隆志は医療漫画の定義として

  • 医師および医療従事者が登場するもの
  • 医療の専門職種や医療機関を舞台に設定しているもの
  • 「障・病・老・異[* 1]」のテーマにおいて「生命」という普遍的な主題を取り扱うもの

以上の3つを挙げた[2]

動物医療を題材とした漫画について中垣恒太郎は医療漫画とするべきなのかとしてから、グラフィック・メディスン生存学が基本的に人間を対象とし、方や動物医療を題材とした漫画も1つのサブジャンルとなっているため、医療漫画の研究が発展していくと動物医療ものは別のジャンルとして形成する可能性を挙げている[3]

歴史編集

前史編集

1962年にアメリカの医療ドラマベン・ケーシー』が日本で放送され大ヒット、翌1963年に複数の漫画雑誌で医者ものの作品が登場、そのうち、ちばてつや週刊少年マガジンで連載した『ハチのす大将』は医療漫画黎明期の一作である[4]。ただ同作は先輩漫画家のつのだじろうから作中の医療描写が正しくないことを指摘する手紙が毛筆の巻紙で送られてきたことをちばが恥じて短期終了となった[4]表智之はこのエピソードに脚色が含まれる可能性に言及しながらも、外科医である主人公がコレラの論文を書くのは不正確だと同意、主人公が地元の支援のためにお金を得ようとバイクレースに参戦するなど方向性を模索したとみられるシーンを指摘した[5]

『ハチのす大将』は『ベン・ケーシー』、山本周五郎の『赤ひげ診療譚』から影響もみられるが、貧困のせいで医療から遠ざかってしまっている者たちにきちんと焦点が当てられ、それは1950年代から1960年代にかけて漫画でよくみられたことであった[6]白土三平の『消え行く少女』(日本漫画社、1959年)においては広島で被爆して原爆症になった少女が主人公でその頃の貸本少女漫画では「難病少女もの」といえる作品が人気ジャンルであり、異色作ながらその流れで描かれた一作だったとみられる[6]。また、貸本少女漫画では「母子もの」という悲劇も人気で、主人公の少女の母は亡くなっているか行方不明、特に結核を患って闘病していることが多く、それは現実社会を反映したものだった[7]。現実で結核患者が減少すると原爆症が登場よくするようになり、『愛と死を見つめて』が大ヒットしたことで行き届いた医療の受けて若く美しく清らかな死のイメージが広まり、貧困は遠景となり、1961年成立の国民皆保険制度により医療は全国民が平等に受けられるものとして医療と切り離されていた貧困者は建前上いなくなった[7]。バラエティ番組『シャボン玉ホリデー』(1961年-1971年)では『消え行く少女』で描かれたようなボロ屋に住んで病に臥せっている貧しい人がコントに登場、テレビでそういったことは笑いのネタにできる過去のものとなった[8]

手塚治虫による形成編集

手塚治虫が1970年にビッグコミックで連載した『きりひと讃歌』は本格的な医療漫画の始まりに挙げられ[9]、同作は医療に情熱をかける医師による難病を解明、業界での権力争い、病気を理由とした差別など後の医療漫画で扱われることのほとんどが登場[10]、そして手塚が1973年から週刊少年チャンピオン連載の『ブラック・ジャック』は医療漫画がまだ確立されていない中で単行本レーベル「恐怖コミックス」として刊行された同作は累計億超えの医療漫画最大のヒット作で、天才医師というパターンを誕生させ、図書館への蔵書も多く、同作をきっかけとして医師を目指した人も多くいほど影響を与え、『きりひと讃歌』とともに医療漫画のストーリーの枠組みをほぼ完成させた古典であり、今日に至るまで読み継がれている[11]

ジャンルとして確立以降編集

1988年から真船一雄が週刊少年マガジンで連載の『スーパードクターK』は医療漫画でよくある現実味、万能感とは逆に最大限活かした長編、本ジャンルの極北とも評される[12]。同作は医師を原案協力としてクレジットすることで主人公の技量に現実味と説得力を持たせ、そういった専門家監修は1980年以降の医療漫画でよくみられるようになり『ブラック・ジャック』で描かれた医師としての超人性は『スーパードクターK』では身体的なものとなり、現実と虚構のバランスをとった[13]

動物医療を題材とした漫画としたサブジャンルを決定付けたのは佐々木倫子花とゆめで連載の『動物のお医者さん』で、21世紀の医療漫画はそれまであまり注目されることのなかった専門分野を題材にしていることも多いが、それの先駆けにも挙げられ[14]、同作は医療漫画でよくある涙を誘うような話は全くなく[15]、専門的な診療もないが、連載に当たって募集したエピソードを元に描かれた大学獣医学部で学ぶ学生にリアリティを感じさせた[16]。また佐々木はビッグコミックスピリッツで1995年連載開始の『おたんこナース』で原案、取材として看護師をクレジットし、医療漫画でリアルな舞台設定の傾向が見られ始め[17]、基本はコメディだが人間模様や心情の変化、病気や死との向き合いなどから看護師ものの標準作である[18]

1995年に連載開始した森本梢子の『研修医なな子』は女性向け医療漫画としてはおそらく最初の作品である[19]

2000年に始まった山本航暉の『ゴッドハンド輝』は医療漫画として少年向け及び週刊少年マガジン史上最多の全62巻のヒット作で[20]、同作は世間ではあまり知られていない領域、スポットが当たり辛い業界人に注目、内科診断の重要性、麻酔科医の必要性、理学療法士、臨床薬剤師、栄養士、臨床工学技士、製薬会社の営業といったことが描かれ、また、日常に役立つ家庭の医学を取り扱った情報漫画の要素もあり[21]、現実とフィクションをうまく織り交ぜ、ドラマチックな治療や凄い技、医療従事者の苦悩や患者のドラマ、医療情報に主人公の成長が詰まった同作は医療漫画の理想とも評される[22]

2000年代は村上もとかの『JIN-仁-』、山田貴敏の『Dr.コトー診療所』のようなヒューマンドラマ作品、佐藤秀峰の『ブラックジャックによろしく』、乃木坂太郎の『医龍-Team Medical Dragon-』、くさか里樹の『ヘルプマン!』といった医療監修、綿密な取材をして描かれた作品が発表された[23]。また『ヘルプマン!』は介護現場の問題を取り上げた先駆であった[24]

2006年出版された細川貂々の『ツレがうつになりまして。』は当事者による医療エッセイ漫画がまだ少ない中でその先駆けとして登場した[25]

2010年代になると現実のチーム医療が反映されたものや医療関係の職種、登場する病気などが多様化した[23]

病気をめぐる主観的で複雑な個々の経験を表現したコミックがふえており、それを「グラフィック・メディスン」と呼び、日本でも2018年に一般社団法人日本グラフィック・メディスン協会が設立されている[26]

2020年から新型コロナウイルスが流行するとそれを取り入れた、しりあがり寿コミックビーム連載の『NEW NORMAL DAYS[27]いがらしみきおの『ふつうのきもち』、複数の漫画家によるコロナ禍の日々を描く『MANGA Day to Day』などが発表された[28]

特徴編集

ブラック・ジャックに始まる数多くの病気や怪我に対応できるスーパードクターという類型が存在[29]、同作では現実味よりフィクションとしての超人さを優先させた[13]。『JIN-仁-』では主人公は名脳外科医だが超人というわけではなく医療が現代より発達していない幕末にタイムスリップしたことで相対的に超人になっており、スーパードクターのあり得なさを避けている[30]。ただ特定の分野のスーパードクターは実在しても数多くの医療分野に対応できる人は実際には存在し得ず[13]、2010年代以降の作品によくみられる高度に専門化された領域を扱うほど、リアリティを追い求めるほどスーパードクターを否定せざるを得なくなる[30]

作者やその家族の闘病、体験を描いたエッセイ漫画も多く、漫画をよく読む人だけではなく一般層にも開かれており、漫画文化の受容層の点からして特別な位置にある[31]

動物医療を題材とした漫画は人を対象の医療漫画と比べると少なく、現実社会では1970年代以降でもペットの関心は強いが、それぞれの動物の命を守る動物医療は重視されてこなかったからだとされる[32]

作品編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

疾患を扱った作品編集

細菌、細胞を擬人化した作品編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 害、気、い、性的アイデンティティーなど人となること[2]

出典編集

  1. ^ 読売新聞 (読売新聞社). (2007年12月29日) 
  2. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 16
  3. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 123.
  4. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 45
  5. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, pp. 45-46.
  6. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 46
  7. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 47
  8. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, pp. 47-48.
  9. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 10.
  10. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 23.
  11. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, pp. 23、26.
  12. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 41.
  13. ^ a b c 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 94
  14. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, pp. 123-124.
  15. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 43.
  16. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 44.
  17. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 51.
  18. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 68.
  19. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 70.
  20. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 78.
  21. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 79.
  22. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 80.
  23. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 139
  24. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 254.
  25. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 118.
  26. ^ “新潮流いまどきマンガ塾 「闘病を主観的に」”. 朝日新聞 夕刊 (朝日新聞社): p. 3. (2019年11月26日) 
  27. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 232.
  28. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 233.
  29. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 93.
  30. ^ a b 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 95
  31. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 210.
  32. ^ 日本の医療マンガ50年史 2021, p. 122.

参考文献編集

  • 日本グラフィック・メディスン協会『日本の医療マンガ50年史 マンガの力で日本の医療をわかりやすくする』SCICUS、2021年。ISBN 978-4866680187