医療漫画(いりょうまんが)は、日本における漫画作品のジャンルの1つ。医師看護師をはじめとした医療従事者を主人公としていたり、病院診療所などの医療現場を舞台とするなど、主に医療をテーマにした漫画作品を指す[1][2]

目次

概要編集

手塚治虫の『きりひと讃歌』や『ブラック・ジャック』に始まり、以来安定した人気を誇るジャンルとなっている。テーマとしては主人公が難病の治療に立ち向かうヒーロードラマ的なもの、医療界や病院経営の歪みや問題点などを描く社会的なもの、または一般的な現場の医療関係者を描く日常的なもの、さらにこれらの複数分野にまたがるものなど多岐にわたっている。医師が主人公の場合は外科医であることが多い。その他、人を対象とした医療だけでなく、獣医師動物病院にスポットを当てた漫画作品においても、「医療漫画」と謳っているものがある[1]

作品編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

疾患を扱った作品編集

脚注編集

  1. ^ a b 京都マンガミュージアム「医療マンガの解剖学」
  2. ^ 『読売新聞』(2007年12月29日)[要ページ番号]