匿名掲示板

匿名掲示板(とくめいけいじばん)とは、ほとんどの投稿者が本名を名乗らず、意見や感想を投稿する電子掲示板のこと。『通信ネットワーク用語事典』によれば、ウェブサイト管理者リモートホスト情報などを取得・保存をしておらず、投稿者の身元を特定すことが難しい電子掲示板のことを指す[1]

目次

文化編集

立教大学の田辺龍は、日本では、狂歌を代表とする江戸時代の落書き・パロディの文化が「面白い」情報を流通させるメディアとして匿名掲示板に継承されていると2006年に指摘した[2]鈴木淳史は日本で落書落首の権力へのあざけりや告発の文化が匿名掲示板である2ちゃんねるに受け継がれたと2003年に見なした[3]

藤原正弘と木村忠正はインターネットサービスの類型を分類し、どのようなサイトがどのような文化傾向と親和性が高いかを論じ、そのなかで匿名掲示板は不確実性を回避する傾向が高く一般的信頼を持ちにくい文化傾向と親和性が高いとした[4]

問題点と対策編集

発信元が分からないようにされ投稿者の情報が秘匿されると強調されている掲示板で名誉毀損にあたる発言が行われ運営者がその削除を怠ったいわゆる「動物病院対2チャンネル事件」では、被害者が損害賠償金250万円の支払いを求めた[5][6]。平成14年12月25日控訴審の判決で東京高裁は「匿名性という本件掲示板の特性を標榜して匿名による発言を誘引している控訴人には、利用者に注意を喚起するなどして本件掲示板に他人の権利を侵害する発言が書き込まれないようにするとともに、そのような発言が書き込まれたときには、被害者の被害が拡大しないようにするため直ちにこれを削除する義務がある」とした[6]

電子掲示板の匿名性が社会問題化したことからリモート・ホストの記録を始めた電子掲示板もある[1]

出典編集

  1. ^ a b 『通信ネットワーク用語事典 改訂第5版』「匿名掲示板」秀和システム編集部、2007年、803頁
  2. ^ 田辺龍 「匿名掲示板」と世論形成の磁場(<特集>メディア変容時代のジャーナリズム) 『マス・コミュニケーション研究』 (68), 42-53, 2006-01-31
  3. ^ 鈴木淳史 2003, pp. 121-131.
  4. ^ 藤原正弘, 木村忠正「インターネット利用行動と一般的信頼・不確実性回避との関係」 日本社会情報学会学会誌 20(2), 43-55, 2009-03-31
  5. ^ 2ちゃんねる「ペット大好き掲示板」事件控訴審判決
  6. ^ a b 千代原 亮一 インターネットにおける匿名言論の保護 大阪成蹊大学 現代経営情報学部 研究紀要 3(1), 213-223, 2006-03-25
  • 鈴木淳史 『美しい日本の掲示板』 洋泉社、2003年6月21日ISBN 4-89691-736-7 

関連項目編集