メインメニューを開く

十一人の侍』(じゅういちにんのさむらい)は、1967年日本映画

十一人の侍
監督 工藤栄一
脚本 田坂啓
国弘威雄
鈴木則文
出演者 夏八木勲
里見浩太郎
音楽 伊福部昭
撮影 吉田貞次
編集 神田忠男
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1967年12月16日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

実録タッチの作風による「集団抗争時代劇」というジャンルを確立した1963年の映画十三人の刺客』の監督・工藤栄一によるアクション時代劇である。

目次

ストーリー編集

館林藩主・松平斉厚の身勝手な振る舞いをたしなめた忍藩主・阿部正由がその場で斉厚に殺される。この事態に、忍藩次席家老・榊原帯刀は老中水野越前守に訴状を送るが、斉厚が将軍の弟であることから逆に正由に非があるとされ、忍藩は取り潰しに追い込まれる。幕府の対応に怒った帯刀は主君の仇を討つために親友でもある仙石隼人に斉厚暗殺を命じる。

一方、義憤に駆られた忍藩藩士・三田村健四郎ら6名は、急死した兄に代わって仲間に加わったぬいと共に独自に斉厚を討とうとするが、寸でのところで隼人に止められ、ぬいを除いた6名は帯刀に切腹を命じられる。しかし、これは彼らの覚悟を試すものであり、隼人の眼鏡にかなった6名とぬいは暗殺隊に加えられることになる。更に金庫番として勘定方の市橋弥次郎を加え、帯刀との連絡役として最初に暗殺隊に加わった藤堂幾馬と合わせた10名は忍藩を離れ、江戸に向かう。三田村らは切腹して果てたことにされ、また隼人はぬいと駆け落ちを装い脱藩する。

脱藩した隼人を信じて待ち続ける妻・織江の弟・喬之助は江戸で隼人がぬいと暮らしていると知り、隼人に怒りをぶつける。それでも隼人を信じる姉の姿に、喬之助は覚悟を決め、隼人に姉を託す手紙を残し、単独で斉厚を討とうとするが、返り討ちにあう。

喬之助の行動に怒った斉厚は忍藩の即時取り潰しを叫ぶ。この事態に館林藩家老・秋吉刑部は、忍藩存続の可能性があるかのように帯刀に思わせることで暗殺計画を取りやめさせようと老中・水野に働きかける。刑部の計略通り、水野の言葉を信じた帯刀は、斉厚暗殺の準備を進めていた隼人らに暗殺計画の中止を伝える。

直前の計画中止に三田村らは怒りを露にする。そこに、水野に騙されていたことを知って腹を切った帯刀が現れ、詫びの言葉とともに果てる。怒りに震える隼人らは斉厚を斬りに向かう。

豪雨の中、壮絶な斬り合いが始まる。敵味方双方が次々に果てて行く中、遂に隼人は斉厚を討つ。しかし、そこに現れた瀕死の刑部と相討ちになる。最後に生き残ったのは11人目の刺客となっていた浪人・井戸大十郎だけだった。井戸は斉厚の首を取るとその場を後にした。

この事態に衝撃を受けた幕府は忍藩取り潰しを白紙に戻した。天保10年(1839年)のことであった。

登場人物編集

  • 仙石隼人(せんごく はやと) - 夏八木勲忍藩藩士。暗殺隊を率いる。
  • 仙石織江(せんごく おりえ) - 宮園純子: 隼人の妻。暗殺計画を知り、夫の足手まといにならないようにと自害する。
  • 三田村健四郎(みたむら けんしろう) - 里見浩太朗: 忍藩藩士。主君の仇を討とうと仲間と先走るが隼人に止められ暗殺隊に加えられる。
  • 市橋弥次郎(いちはし やじろう) - 汐路章: 金庫番として暗殺隊に加わる。
  • 藤堂幾馬(とうどう いくま) - 唐沢民賢: 帯刀との連絡役として最初に暗殺隊に加わる。
  • 県ぬい(あがた ぬい) - 大川栄子労咳で死んだ兄に代わって健四郎の仲間になり、そのまま暗殺隊に加わる。
  • 井戸大十郎(いど だいじゅうろう) - 西村晃: 腕の立つ浪人。隼人らの話を盗み聞きしたことから興味を持ち暗殺隊に加わる。
  • 榊原帯刀(さかきばら たてわき) - 南原宏治: 忍藩次席家老。隼人の親友。
  • 伊奈喬之助(いな きょうのすけ) - 近藤正臣: 織江の弟。単独で斉厚を討とうとして返り討ちにあう。
  • 阿部豊後守正由(あべ ぶんごのかみ まさよし) - 穂高稔: 忍藩主。斉厚の無体を批判し、その場で殺される。
  • 秋吉刑部(あきよし ぎょうぶ) - 大友柳太朗館林藩家老。隼人らの動きを察し、斉厚を守るために尽力する。
  • 松平斉厚(まつだいら なりあつ) - 菅貫太郎: 館林藩主。将軍の弟。
  • 水野越前守(みずの えちぜんのかみ) - 佐藤慶: 老中。斉厚の行状を知りつつも将軍家の体面を保つために忍藩取り潰しを決める。

設定・テーマ編集

  • 十三人の刺客』と『忠臣蔵』を混ぜ合わせたような内容になっている。
  • 松平斉厚阿部正由水野越前守忠邦はいずれも実在の、ほぼ同時代の人物であるが、映画での設定は史実と大きく異なる。
    • 阿部正由が死んだ(満45歳)のは文化5年(1808年)であり、そのとき水野忠邦はまだ満14歳である。因みに、水野が越前守になったのはその18年後の文政9年(1826年)、老中(西丸老中)になったのは文政11年(1828年)である。
    • 史実の松平斉厚は将軍の弟ではない。また阿部正由が死んだ当時は「武厚」を名乗っていた。なお、「斉厚」に改名したのは文政6年(1823年)であり、死亡したのは映画の内容通り天保10年(1839年)である。
    • 忍藩の藩主は三方領知替えの幕命により文政6年(1823年)に阿部家から奥平松平家に移っている。

作品の評価編集

映画秘宝の連載でシネフィル俳優の斉藤工がこの作品を取り上げ『ハンコック』などの最近のハリウッド大作にも負けない迫力がある」と絶賛した。

後の作品への影響編集

ジョニー・トー監督のフィルムノワール「エグザイル/絆」のパンフレットに掲載された山田宏一宇田川幸洋の対談で同作品に『十一人の侍』に似ているシーンがあるとの指摘がある。

DVDリリース・派生作品編集

1995年10月21日VHSビデオが発売され、2012年3月9日に、DVD(レンタル)化されたほか、2016年1月6日にDVD(セル)版もリリースされた。

関連項目編集

外部リンク編集