十七世神(とおまりななよのかみ)は、日本神話に登場する神々の総称。

概要編集

古事記』にのみ登場する大国主神に連なる系譜で、名義未詳、事績不明の神々で構成されている。十七世(とおまりななよ)はその世代数を指すが、総数は数えても十五柱しか存在せず、何故十七世と形容するのかは不明である。

『古事記』以外の文献としては『出雲国風土記』に八束水臣津野命、内容に疑問が持たれる『粟鹿大明神元記』には須佐之男命から大国主神までの系図が掲載されている。

天津日子根命の後裔である三上氏額田部氏甲斐国造の系譜中には国忍富命鳥鳴海命鳥耳命美呂浪宿禰意美津奴彦命と十七世神の中に見える神(人)名がある。

考証編集

『古事記』に記された須佐之男命の系譜と大国主神の系譜は、もとは一つに連続した記事だったとされる。大年神の系譜を含めた三系譜全体の構造が問題となるが、本文の不審や、系譜と物語との内容の食い違いなど、疑問点が多い。

系譜中の神々の多くは他文献に見えず、『古事記』でも事跡が語られないため、それぞれの意義や関係性が明らかにしがたい。全体の解釈としては、大国主神の性格付けが天皇系譜との対比によって系譜に示されているとする説や、国土神から水の神へとその誕生を物語る出雲土着の神話が骨子になっているとする説、神の祝福を受けて豊かな自然環境が出現することを望む人々の願いが反映されているとする説がある[1]

また、この神を含めて大国主神の神裔を指して「十七世神」とされている点について、代替わりを繰り返しており神よりも人に近づいた存在であると指摘する説がある[2]

系譜編集

建速須佐之男命櫛名田比売足名椎の娘)を娶り八島士奴美神を産んだ。

この神は木花知流比売大山津見神の娘)を娶り布波能母遅久奴須奴神を産んだ。

この神は日河比売淤加美神の娘)を娶り深淵之水夜礼花神を産んだ。

この神は天之都度閇知泥神を娶り淤美豆奴神を産んだ。

この神は布帝耳神布怒豆怒神の娘)を娶り天之冬衣神を産んだ。(なおこの天之冬衣神は天之葺根神という名も持ち[3]、須佐之男命の子ともいう[4]。子の清武豊彦命日御崎神社神主家小野氏の祖[5]。)

この神は刺国若比売刺国大神の娘)を娶り大国主神(大穴牟遅神。異母兄弟に八十神あり。)を産んだ。

この神は鳥取神八島牟遅能神の娘)を娶り鳥鳴海神を産んだ。

この神は日名照額田毘道男伊許知邇神を娶り国忍富神を産んだ。

この神は葦那陀迦神を娶り速甕之多気佐波夜遅奴美神を産んだ。

この神は前玉比売天之甕主神の娘)を娶り甕主日子神を産んだ。

この神は比那良志毘売淤加美神の娘)を娶り多比理岐志麻流美神を産んだ。

この神は活玉前玉比売神比比羅木之其花麻豆美神の娘)を娶とり美呂浪神を産んだ。

この神は青沼馬沼押比売敷山主神の娘)を娶り布忍富鳥鳴海神を産んだ。

この神は若尽女神を娶り天日腹大科度美神を産んだ。

この神は遠津待根神天之狭霧神の娘)を娶り遠津山岬多良斯神を産んだ。

参考文献編集

  1. ^ 國學院大学 古事記学センター 神名データベース
  2. ^ 國學院大学 古事記学センター 神名データベース 天日腹大科度美神
  3. ^ 『古代豪族系図集覧』
  4. ^ 日御崎神社社伝。
  5. ^ 『古代豪族系図集覧』

関連項目編集