メインメニューを開く

十二人の死にたい子どもたち』(じゅうににんのしにたいこどもたち)は、冲方丁ミステリー小説である。 2015年7月号から2016年7月号まで「別冊文藝春秋」に連載された[1]のち、2016年10月15日に文藝春秋より単行本が刊行された。2018年10月10日には文春文庫版が刊行された。

十二人の死にたい子どもたち
著者 冲方丁
発行日 2016年10月15日
発行元 文藝春秋
ジャンル エンタメミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判 上製カバー装
ページ数 408
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-390541-9
ISBN 978-4-16-791150-8文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

発案は10年以上前で、「自殺サイト」を知ったことが執筆のきっかけになった[2]。『マルドゥック・スクランブル』や『天地明察』などのSFや時代ものを手掛けてきた冲方丁の初めてとなる長編ミステリー[3]で、海外で過ごした少年時代の体験がもとになっている[4]。担当編集者は『火花』『コンビニ人間』も手がけた浅井茉莉子。

熊倉隆敏の作画によりコミカライズされており、『good!アフタヌーン』(講談社)にて、2017年7月号から2018年12月号まで連載された。

2019年映画化された[5]

目次

あらすじ編集

廃病院に集まった12人の子供たち、彼らの目的は安楽死をすること。しかし、彼らが集まった地下の一室では、いるはずのない13人めの少年が先に眠りについていた。 自分たちの中に13人めを殺した犯人がいる可能性があり、このまま安楽死を実行すれば自分たち全員が犯人扱いされる恐れがある。このまま計画を実行すべきか、13人めの正体を解明すべきか。彼らはこの集いのルールである「全員一致」にのっとり、多数決をとりながら議論を進めていく。

書誌情報編集

実写映画編集

十二人の死にたい子どもたち
監督 堤幸彦
脚本 倉持裕
原作 冲方丁
『十二人の死にたい子どもたち』
製作 飯沼伸之
小林美穂
製作総指揮 伊藤響
出演者 杉咲花
新田真剣佑
北村匠海
高杉真宙
黒島結菜
橋本環奈
吉川愛
萩原利久
渕野右登
坂東龍汰
古川琴音
竹内愛紗
音楽 小林うてな
主題歌 The Royal Concept「On Our Way」
撮影 斑目重友
編集 洲崎千恵子
制作会社 オフィスクレッシェンド
製作会社 「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会
日本テレビ放送網
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 2019年1月25日
上映時間 118分(劇場公開版)
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年1月25日に全国公開された。監督は堤幸彦[6]。公式サイトにおいて唯一正体が明かされていない「リョウコ(4番)」役の「秋川莉胡」についてはオフィシャルサイトと連動する形で、東京(新宿・ユニカビジョン)、大阪(ツタヤエビスバシ ヒットビジョン)、福岡(天神エリアのビジョン1面)で2018年12月23日 16時に発表された[7]

キャスト編集

※役者の年齢は映画公開日時点

  • サトシ(1番):高杉真宙(22)
    15歳、高校1年生・・・安楽死の集いの主催者、冷静沈着
  • ケンイチ(2番):渕野右登(23)
    16歳、高校2年生・・・いじめられっ子、空気が読めない
  • ミツエ(3番):古川琴音(22)
    16歳、高校2年生・・・ゴスロリ、大ファンのバンドマンはゲリ閣下
  • リョウコ(4番):橋本環奈(19)
    17歳、高校2年生・・・芸名:秋川莉胡、天才子役から人気女優へ、大人びて冷静
  • シンジロウ(5番):新田真剣佑(22)
    17歳、高校3年生・・・推理好き、クスリや医療機器に詳しい
  • メイコ(6番):黒島結菜(21)
    18歳、高校3年生・・・ファザコン、利己主義
  • アンリ(7番):杉咲花(21)
    17歳、高校3年生・・・全身黒、高度な知性
  • タカヒロ(8番):萩原利久(19)
    16歳、高校1年生・・・吃音、クスリを常用
  • ノブオ(9番):北村匠海(21)
    18歳、高校3年生・・・爽やかな青年、学校で人気者
  • セイゴ(10番):坂東龍汰(21)
    15歳、高校1年生・・・不良キャラ、弱者には優しい親分肌
  • マイ(11番):吉川愛(19)
    17歳、高校3年生・・・ギャル、難しいことがわからない
  • ユキ(12番):竹内愛紗(17)
    15歳、高校1年生・・・おとなしい。目立つことが嫌い
  • ゼロバン:とまん(25)

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 別冊文藝春秋から生まれた本 特設サイト”. 文藝春秋. 2018年12月17日閲覧。
  2. ^ 冲方丁 (2018年12月14日). 「議論」が子どもたちを変える〜「十二人の死にたい子どもたち」原作者・冲方丁さんインタビュー. インタビュアー:読売新聞メディア局編集部・原啓一郎. 読売新聞オンライン.. https://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20181128-OYT8T50036.html?page_no=2 2018年12月17日閲覧。 
  3. ^ 冲方丁 (2016年11月3日). 子どもたちの議論の行く先は?. インタビュアー:「オール讀物」編集部. 文藝春秋BOOKS.. https://books.bunshun.jp/articles/-/2730 2018年12月17日閲覧。 
  4. ^ 冲方丁 (2016年10月6日). 少年時代の体験が生んだ奇跡の“密室劇”。冲方丁初の長篇ミステリー『十二人の死にたい子どもたち』. インタビュアー:「別冊文藝春秋」編集部. 文藝春秋BOOKS.. https://books.bunshun.jp/articles/-/1707 2018年12月17日閲覧。 
  5. ^ “十二人の死にたい子どもたち:冲方丁の現代サスペンスが来年1月に映画公開決定 監督は堤幸彦”. まんたんウェブ (株式会社 MANTAN). (2018年9月18日). https://mantan-web.jp/article/20180917dog00m200051000c.html 2018年12月17日閲覧。 
  6. ^ “杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜!「十二人の死にたい子どもたち」出演者判明”. 映画.com. (2018年11月21日). https://eiga.com/news/20181121/4/ 2018年12月17日閲覧。 
  7. ^ “帽子を脱ぐ寸前…!『十二人の死にたい子どもたち』“4番”の新映像&写真が公開! 12月23日に正体発表”. シネマトゥデイ. (2018年12月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105509 2018年12月17日閲覧。 

外部リンク編集