メインメニューを開く

地理・歴史編集

地名の由来は、天保9年(1838年)まで光触寺境内にあった鎮守熊野三山の「熊野十二所権現社」(現在の十二所神社)に由来する。新編鎌倉志では「民家が十二軒あったことによる」と記載されているが、これは俗説である。

初見は文和4年(1355年)9月の『頬焼阿弥陀縁起奥書』に「十二所道場」と記載されている。この道場は光触寺を指している。熊野社は「大倉の熊野堂」と称し、鎌倉における熊野信仰の拠点であった。

上杉禅秀の乱では鎌倉公方足利持氏岩殿寺から十二所を経て小坪、由比ヶ浜佐助へと逃走したという記録が残っている。

天正19年(1591年)の「徳川家康寄進状」では十二所において建長寺東慶寺両寺の寺領が寄進されている。幕末には五十八貫余の寺領があった。新編相模国風土記稿において二階堂村には民戸26戸と記載され、明治3年(1870年)には家数42戸、人別198人とされている。

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字 世帯数 人口
十二所 546世帯 1,316人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

番地 小学校 中学校
全域 鎌倉市立第二小学校 鎌倉市立第二中学校

交通編集

施設編集

行政施設編集

  • 鎌倉霊園

寺社・旧跡編集

参考文献編集

  • 奥富敬之 『鎌倉史跡事典』 新人物往来社 1999
  • 三浦勝男編 『鎌倉の地名由来辞典』 東京堂出版 2005

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 鎌倉市の町名称及び住居表示の実施状況”. 鎌倉市 (2017年2月7日). 2018年2月22日閲覧。
  6. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  7. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  8. ^ 髙瀨彌一の祖父と父渡部瞭、鵠沼を語る会