十八進法(じゅうはちしんほう、Octodecimal)とは、18(てい)とし、底およびそのを基準にして数を表す方法である。

記数法編集

十八進記数法とは、18 を底とする位取り記数法である。慣用に従い、通常のアラビア数字十進数とし、十八進記数法の表記は括弧および下付の 18 で表す。十八進記数法で表された数を十八進数と呼ぶ。

一般には、0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, A, B, C, D, E, F, G, H の 18 個の数字を用いる。右端あるいは小数点で 1 の桁を表す。数字の意味する数は、左に 1 桁ずれると 18 倍になり、右に 1 桁ずれると 1/18 になる。(11)18 という表記において、左の「1」は十八を表し、右の「1」は一を表し、合わせて十九を表す。

同様に、十八進記数法では (50)1890 (5×181) を、(100)18324 (1×182) を意味する。

性質編集

7の冪,回文数:

  • 7^3=111
  • 7^4=777
  • 7^6=12321
  • 7^9=1367631

レピュニットR2,素数19,次はR25667,確率的素数

関連項目編集