メインメニューを開く

十六歳の戦争』(じゅうろくさいのせんそう)は、1973年製作1976年公開の松本俊夫監督の日本映画秋吉久美子の初主演の映画でもある。

十六歳の戦争
監督 松本俊夫
脚本 山田正弘
松本俊夫
製作 山口卓治
出演者 下田逸郎
秋吉久美子
音楽 下田逸郎
撮影 押切隆世
編集 浦岡敬一
配給 サンオフィス
公開 日本の旗 1976年8月19日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ編集

1973年の夏のある日、有永甚はふと愛知県豊川という町で、埴科あずなという十六歳の女子高校生と出逢う。お互い好意を持ち、彼女の薦めで彼女の実家で過ごすこととなる。彼女の父は工場を経営している。

突然、彼女の叔父の岡治芳男が有永甚を襲う。叔父は精神を病んでいて、終戦記念日が近づくと暴れだす。また、埴科あずなも突然ガス栓を開けて自殺を図ったりするし、突然有永甚の目の前で全裸になり豊川に泳ぐこともするような、とても個性的な女の子であった。彼女の母親の保子は、有永甚の亡くなった母親とほぼ同じ年齢であった。

8月7日、豊川市では、恒例の慰霊祭が行われていた。1945年8月7日、アメリカ軍により豊川海軍工廠が爆撃され、学徒動員された女学生も含め二千四百人以上の工員が亡くなったという悲劇があり、豊川空襲として伝えられている。このことを記憶に留め慰霊する催しであった。埴科保子が豊川女子挺身隊の一員で、有永甚の母親の有永みずえの友人であったことを初めて知る。有永みずえの霊が、顔がそっくりの埴科あずなに乗り移り、有永甚に語り掛けあう。有永みずえも豊川空襲の際に16歳の時に赤ん坊を残して無念ながら死に、残された赤ん坊が有永甚であることを、有永甚が知る。

スタッフ編集

  • 製作:山口卓治
  • 監督:松本俊夫
  • 脚本:山田正広、松本俊夫
  • 撮影:押切隆世
  • 音楽:下田逸郎

キャスト編集

エピソード編集

  • 映画『十六歳の戦争』は、豊川空襲の犠牲者の慰霊のため、豊川市が出資して1973年に撮影され、1974年に公開の予定であった映画であったが、難解という理由で、公開が1976年にずれた。
  • 主な舞台が、1973年ではあるものの、豊川空襲の場面のシーンがある。
  • 秋吉久美子が、ヒロインとして登場する第一作目の映画であり、脚本でヌードシーンがあるのを知り、納得して演技したとしている。
  • この映画の完成時の1973年の時点では、主演者では下田逸郎のほうがフォーク歌手として知名度であったが、公開された1976年の時点では、秋吉久美子が『バージンブルース』『赤ちょうちん』の出演で知名度を上げる。
  • 挿入歌「16歳の悲しみ」は青木マスミ(八月真澄)が歌っている。

DVD編集

  • 十六歳の戦争 エスピーオー(販売元) 2004年2月27日発売 ASIN: B000194U10

外部リンク編集