十勝連隊区(とかちれんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。前身は十勝大隊区である。北海道の一部地域の徴兵召集兵事事務を取り扱った。実務は十勝連隊区司令部が執行した。1898年(明治31年)に廃止された。

沿革編集

1894年(明治27年)10月19日の大隊区司令部条例改正(明治27年勅令第178号)により十勝大隊区が設置され、第7師管第14旅管に属した。また、同時に改正された「陸軍管区表」(明治27年勅令第177号)により、次のとおり管轄区域が定められた。

  • 北海道
広尾郡当縁郡中川郡十勝郡河西郡河東郡上川郡十勝国

1896年(明治29年)4月1日、十勝大隊区は連隊区司令部条例(明治29年勅令第56号)によって連隊区に改組され、旅管が廃止となり引き続き第7師管に属した。管轄区域は、廃止された浦河大隊区の区域を編入し、次のとおり定められた[1]

  • 北海道
広尾郡・当縁郡・中川郡・十勝郡・河西郡・河東郡・上川郡(十勝国) 沙流郡新冠郡静内郡浦河郡様似郡幌泉郡三石郡日高国

1898年4月1日、連隊区司令部条例改正(明治31年3月8日勅令第35号)により十勝連隊区は廃止され、旭川連隊区が新設された。旧管轄区域は、十勝国区域は釧路連隊区に、日高国区域は札幌連隊区に編入された[2]

脚注編集

  1. ^ 陸軍管区表(明治29年3月16日勅令第24号)
  2. ^ 陸軍管区表(明治31年3月8日勅令第34号)

参考文献編集

外部リンク編集