メインメニューを開く

十川 幸司(とがわ こうじ、1959年 - )は、日本の精神分析家精神科医。専門は、ジャック・ラカンおよび対象関係論を中心とする精神分析研究、ならびに精神病理学

十川 幸司
人物情報
生誕 1959年
日本の旗 日本香川県[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口大学医学部卒業
学問
研究分野 精神病理学
ジャック・ラカン及び対象関係論を中心とする研究
研究機関 自治医科大学精神科
プレモントレ病院
フランスの旗 フランスパリ第八大学精神分析学科
パリ高等社会学院
茨城県立友部病院
テンプレートを表示

略歴編集

1959年香川県生まれ。1985年山口大学医学部卒業。1985年自治医科大学精神科勤務。1991年プレモントレ病院にて臨床に従事(フランス政府給費留学)。1992年パリ第八大学精神分析学科、1993年パリ高等社会学院を経て、1996年茨城県立友部病院勤務。1999年に個人オフィスを開業[2]

論文編集

著作編集

単著編集

共著書編集

解説編集

翻訳編集

  • 『フロイト&ラカン事典』、佐々木孝次監訳、弘文堂、1997年。
  • 『ラルース臨床心理学事典』、滝沢武久、加藤敏監訳、弘文堂、1999年。
  • 『新版精神分析事典』、小出浩之、加藤敏、新宮一成、鈴木國文訳者代表、弘文堂、2002年。
  • 『メタサイコロジー論』(ジークムント・フロイト)、講談社学術文庫、2018年。
  • 『精神分析における生と死』(ジャン・ラプランシュ)、堀川聡司、佐藤朋子共訳、金剛出版、2018年。
[ヘルプ]

外部リンク編集

  1. ^ [1]RENAISSANCEGENERATION 十川幸司氏
  2. ^ [2] 十川精神分析オフィス