メインメニューを開く

十市御縣坐神社(とおちのみあがたにますじんじゃ)は、奈良県橿原市にある神社天平3年(730年)の『大倭国正税帳』(正倉院文書)に「十市御県神戸」とあり、奈良時代以前から続く古社である。式内大社で、旧社格は村社。

十市御縣坐神社
十市御縣主坐神社1.JPG
所在地 奈良県橿原市十市町1番地
位置 北緯34度31分51.6秒
東経135度48分28.1秒
座標: 北緯34度31分51.6秒 東経135度48分28.1秒
主祭神 豊受大神伊弉諾尊伊弉冊尊の御孫神)
社格 式内社(大)
村社
創建 不詳
例祭 5月5日10月15日
テンプレートを表示

祭神編集

歴史編集

同社の創建年代等については不詳であるが、『延喜式』にも記載された古社である。古くから皇室御料地であり、天皇に献上するための蔬菜を栽培する神聖な菜園の霊を祀り、高市、葛木、十市、志貴、山辺、曽布と共に「大和国六御県神社」の一座として朝廷からの尊崇が篤く、天安3年(859年1月27日神階従五位上に昇り、神封が充てられ、醍醐天皇の代、延喜の制には大社に列し、祈年、月次、新甞の案上、官幣に預かった。江戸時代には「十三社(所)大明神」とも称されたが、延喜式の「十市御県坐神社」に充てられた。

例祭編集

関連項目編集

外部リンク編集