メインメニューを開く

十方暮(じっぽうぐれ、十方闇とも書く)とは、選日の一つで、日の干支甲申甲子から数えて21番目)から癸巳(同30番目)の間の10日間のことである。

21 甲申 木金 金剋木
22 乙酉 木金 金剋木
23 丙戌 火土 火生土(相生)
24 丁亥 火水 水剋火
25 戊子 土水 土剋水
26 己丑 土土 (比和)
27 庚寅 金木 金剋木
28 辛卯 金木 金剋木
29 壬辰 水土 土剋水
30 癸巳 水火 水剋火

この10日間のうち、十干十二支五行相剋しているものが8日も集中しているため、特別な期間と考えられるようになった。この期間は、天地の気が相剋して、万事うまく行かない凶日とされている。市販の暦では、労多くして功の少ない日などと記載されている。

十方暮のうち、丙戌(23番目)は相生己丑(26番目)は比和で、本来は間日となる。しかし、八専の間日とは異り、十方暮の間日は周りの日の相剋の影響を受けて凶日になるとされており、暦に間日である旨は記載されない。

十方暮の「十方」とは天地と八方向のことで、暮は本来は「闇」である。すなわち、四方八方十方が閉ざされたという意味であるが、「途方に暮れる」の語呂合わせであるとの説もある。また、その期間が10日間であるから「十」の字を宛てたとも言われる。

参考文献編集

  • 岡田芳朗・阿久根末忠『現代こよみ読み解き事典』柏書房、1993年。ISBN 4-7601-0951-X