メインメニューを開く

十日町駅

日本の新潟県十日町市にある東日本旅客鉄道・北越急行の駅

十日町駅(とおかまちえき)は、新潟県十日町市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・北越急行である[1]

十日町駅
東口駅舎 十日町駅 (新潟県) 新潟県の地図を表示 十日町駅 (日本) 日本の地図を表示
東口駅舎

十日町駅の位置(新潟県内)
十日町駅
十日町駅 (新潟県)
十日町駅の位置(日本内)
十日町駅
十日町駅 (日本)
とおかまち
Tōkamachi
所在地 新潟県十日町市[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
北越急行駅詳細
テンプレートを表示

目次

概要編集

十日町市の中心駅であり、JR東日本の飯山線と、北越急行のほくほく線が乗り入れ、接続駅となっている[1]

飯山線においては新潟県側の運転上の要衝で、当駅で運転系統が南北に分かれる場合が多い[1]越後川口方面は上越線との接続が重視され、森宮野原方面は、ほくほく線の乗換えおよび戸狩野沢温泉での接続を意識したダイヤとなっている。

当駅はその沿線の中心駅である。ほくほく線は北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間延伸開業まで上越新幹線から北陸方面へ抜ける短絡ルートであったため、越後湯沢駅と北陸方面を結ぶ特急「はくたか」の一部も停車していた。延伸開業後、特急「はくたか」が全廃した代わりに越後湯沢駅から直江津駅まで途中当駅のみ停車の超快速「スノーラビット[注 1]」が運行を開始した。

歴史編集

  • 1927年昭和2年)11月15日国鉄十日町線の越後岩沢 - 十日町間開業と共に中魚沼郡十日町に開設される[1]
  • 1929年(昭和4年)9月1日:飯山鉄道の後田沢 - 十日町間が開業し、現在の飯山線の区間が全線開通。
  • 1944年(昭和19年)6月1日:飯山鉄道を買収し国有化、十日町線を編入し飯山線に改称。
  • 1965年(昭和40年)12月:現在の東口駅舎が完成する。
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴い、JR東日本に継承される。
  • 1997年平成9年)3月22日:北越急行ほくほく線の駅が開業、乗換駅となる。同時に西口駅舎の運用を開始。
  • 2001年(平成13年)9月28日:駅レンタカー営業開始[2]
  • 2014年(平成26年)1月31日:JR側の駅舎をリニューアルする[3]
  • 2015年(平成27年)
    • 3月14日:北越急行ほくほく線の1番ホームを11番ホームへ、2番ホームを12番ホームへ変更し、通過線を休止する。
    • 4月1日:ほくほく線の駅舎を増築する[4][5]

駅構造編集

構内を両社で共用している。東口はJR東日本が、西口は北越急行がそれぞれ駅業務を行い、両者の駅業務を相互に委託している。

JR東日本編集

JR 十日町駅
とおかまち
Tōkamachi
土市 (4.9km)
(3.1km) 魚沼中条
所在地 新潟県十日町市丑256-2[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 飯山線
キロ程 75.3km(豊野起点)
電報略号 トマ
駅構造 地上駅[1]
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
494人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1927年昭和2年)11月15日[1]
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅[1]で、JR線ホームとほくほく線ホームおよび西口改札とは跨線橋で連絡している[1]

JR東日本新潟支社が管理する直営駅(駅長配置)で、地区管理駅として、飯山線の足滝駅 - 内ケ巻駅間の全駅を統括管理している。

駅構内にはみどりの窓口[1](営業時間:5:30 - 20:30[6])・タッチパネル式自動券売機・屋内待合室が設置されており、かつてはキヨスクも出店していた[1]。駅舎外には化粧室と公衆電話が設けられている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1 飯山線 上り 戸狩野沢温泉長野方面  
2 当駅始発
下り 越後川口方面
3  
  • 「おいこっと」は1番線から発着

北越急行編集

北越急行 十日町駅
 
西口駅舎
とおかまち
Tōkamachi
しんざ (1.5km)
(13.3km) まつだい*
所在地 新潟県十日町市丑251-7
所属事業者 北越急行
所属路線 ほくほく線
キロ程 15.9km(六日町起点)
電報略号 ホトマ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,329人/日
-2015年-
開業年月日 1997年平成9年)3月22日
* この間に薬師峠信号場有り(当駅から7.9km先)。
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する高架駅で、北越急行の駅で唯一自社の社員が配置されている。駅舎2階には切符販売窓口(マルス端末設置)・自動券売機・待合室・立食いそば店・売店[注 2]・化粧室などが設置されている。2015年に2階部分を中心に約1,000m2を増床し、新たに十日町市の総合観光案内所が入居した[4][5]。同案内所ではレンタサイクルの貸出しも行われている[7]。北越急行の営業開発室も2階に置かれている。

西口2階コンコースの立食いそば店は、地元十日町を拠点とする日本そば店「小嶋屋」系列の「雪中庵」第1号店舗である。

この他、駅改札外には東西自由地下通路が設けられている[1]。通路にはショーウィンドーが設けられ、絵画などが飾られている。なお、当駅では補充券の発売も行われており、現在は出札補充券と特別補充券の二種類が発売されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
11 ほくほく線 下り 犀潟直江津方面
12 上り 六日町越後湯沢方面

利用状況編集

JR東日本編集

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は494人である[JR 1]

近年の推移は以下のとおりである。

JR乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 533 [JR 2]
2001年(平成13年) 532 [JR 3]
2002年(平成14年) 571 [JR 4]
2003年(平成15年) 531 [JR 5]
2004年(平成16年) 508 [JR 6]
2005年(平成17年) 502 [JR 7]
2006年(平成18年) 544 [JR 8]
2007年(平成19年) 602 [JR 9]
2008年(平成20年) 635 [JR 10]
2009年(平成21年) 624 [JR 11]
2010年(平成22年) 591 [JR 12]
2011年(平成23年) 505 [JR 13]
2012年(平成24年) 536 [JR 14]
2013年(平成25年) 547 [JR 15]
2014年(平成26年) 496 [JR 16]
2015年(平成27年) 530 [JR 17]
2016年(平成28年) 506 [JR 18]
2017年(平成29年) 505 [JR 19]
2018年(平成30年) 494 [JR 1]

北越急行編集

1日乗降人員推移 [8]
年度 1日平均人数
2011年 1,257
2012年 1,254
2013年 1,384
2014年 1,297
2015年 1,329

駅周辺編集

東口側編集

東口側は十日町市の中心街となっており、駅前の歩道には雁木型アーケードが設置されている。商店街の中心は国道沿いにあり、徒歩5分程で国道117号に達する。南側には新潟県立十日町高等学校がある。

西口側編集

 
雁木をモチーフにした地下連絡通路入口

西口駅前には、地元出身の彫刻家・藤巻秀正による「大地の響」が駅前モニュメントとして建てられている。北側には西口公園が併設され[9]、高架下には有料駐車場がある[10]

また、西口側は主として住宅地となっているほか、新潟県立十日町総合高等学校がある。

戦前に信濃川対岸の千手町に鉄道省水力発電所を建設する際、十日町駅から引き込み線が敷設され資材・人員運搬などに使われた。1954年昭和29年)の発電所二期工事完成後は運行を休止したが線路自体は1970年代半ばまで残されていた。現在は西口を出て越後川口寄りの稲荷町踏切から西本町、下島を経て信濃川東岸までの間が遊歩道として整備されている。

バス路線編集

越後交通・南越後観光バス東頸バスのバス停がある。路線の詳細は#外部リンクの「十日町市公共交通マップ」を参照。

  • 十日町駅前 バス停(東口)
    • 中里経由津南・源内山行
    • 長里行・六箇行・高島・鉢行・宮中経由中里・田代行
    • 川西経由上沢・小千谷車庫行・妻有大橋経由上沢行
    • 川西経由仙田・岩瀬・小白倉行・十日町車庫行
    • (循環)千手経由上野行・(循環)栄橋経由上野行
    • まつだい駅前・松之山温泉行
  • 十日町駅西口入口 バス停
    • 岩沢経由小千谷車庫行・(循環)栄橋経由上野行
    • 菅沼・後山行

六日町経由新潟駅行の高速バスと長岡駅前行の急行バスは、東口から徒歩約5分の商店街にある「十日町本町3丁目」から出ている。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
飯山線
土市駅 - 十日町駅 - 魚沼中条駅
北越急行
ほくほく線
超快速「スノーラビット」(直江津行き・越後湯沢行き)
越後湯沢駅 - 十日町駅 - 直江津駅
超快速「スノーラビット」(新井行き)
六日町駅十日町駅まつだい駅
普通
しんざ駅 - 十日町駅 - (薬師峠信号場) - まつだい駅

脚注編集

[ヘルプ]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 特急「はくたか」に使用されていた681系683系のうち、北越急行が所有していた編成の愛称。
  2. ^ 開業当初は東日本キヨスクが運営する「ほくほくKIOSK」だったが撤退した。その後は、立ち食いそば店の店員が兼務する小嶋屋の売店となり[1]、土産物が中心の品揃えとなっている。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、27頁。
  2. ^ JR時刻表 2001年10月号
  3. ^ “DCに向けて駅が新しく生まれ変わりました!” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年2月26日), https://web.archive.org/web/20150319125220/http://jrniigata.co.jp/press/20140226ekisyarinyuaru.pdf 
  4. ^ a b 観光立市めざし新観光案内所を同時開設 ほくほく線十日町駅と松代ふるさと会館に - 十日町新聞.2015年4月2日
  5. ^ a b “ほくほく線十日町駅リニューアル 「芸術祭の里」発信に力 市総合観光案内所を新設”. 新潟日報: p. 24(朝刊). (2015年4月2日) 
  6. ^ 駅の情報(十日町駅):JR東日本” (日本語). www.jreast.co.jp. 2018年11月2日閲覧。
  7. ^ 電動アシスト自転車「里チャリ」 - 十日町市観光協会.2019年6月13日閲覧。
  8. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2019年7月3日閲覧
  9. ^ ほくほく線十日町駅西口公園 - 十日町市.2019年6月13日閲覧。
  10. ^ ほくほく線十日町駅高架下駐車場 - 十日町市.2019年6月13日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月14日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集