十朱幸代

日本の女優
画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年5月

十朱 幸代(とあけ ゆきよ、1942年11月23日 - )は、日本女優東京市日本橋区(現・東京都中央区)出身[1](小学校時代に奈良市に移る)。血液型はO型。父は俳優の十朱久雄。所属事務所は株式会社アクターズセブン。

とあけ ゆきよ
十朱 幸代
十朱 幸代
本名 小倉 幸子
おぐら ゆきこ
生年月日 (1942-11-23) 1942年11月23日(79歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市日本橋区
(現:東京都中央区
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1958年 -
配偶者 独身
著名な家族 十朱久雄(父)
主な作品
テレビドラマ
バス通り裏
黄金の日日
かりん
北条時宗

映画
震える舌
花いちもんめ。
『夜汽車』
蛍川
極道の妻たちII

ラジオ番組
いってらっしゃい
CM
はごろもフーズ
 
受賞
ブルーリボン賞
主演女優賞
1980年震える舌
1985年花いちもんめ。』『
その他の賞
テンプレートを表示

ニッポン放送のラジオ番組『いってらっしゃい』の初代パーソナリティ。「国民の恋人」と称された[2]

略歴編集

十朱久雄の三人兄妹の長子として生まれる[1]。中学生でモデルを始め、父親について見学に訪れたNHKでスカウトされる[2]。1958年、NHKバス通り裏』でデビュー[3]。翌年、映画『惜春鳥』で映画デビュー[4]

1971年の銀河ドラマ『ゼロの焦点』で日本放送作家協会女性演技賞受賞[3]。1984年~96年にかけて、日本アカデミー賞優秀主演女優賞など5回にわたって受賞した[1]

1976年、第2回菊田一夫演劇賞を受賞[5]。1980年、『震える舌』でブルーリボン主演女優賞受賞[3][4]、1985年、『花いちもんめ』で再び同賞を受賞する[3]。1987年、毎日映画コンクール女優主演賞受賞[6]。1989年、田中絹代賞受賞[7]日刊スポーツ映画大賞主演女優賞を受賞[8]

2002年、第27回菊田一夫演劇大賞[9]。2003年、紫綬褒章受章[9]。2004年、第15回日本ジュエリーベストドレッサー賞(60代)受賞[9]。2005年、第26回松尾芸能賞大賞受賞[9]

2014年、2013年度秋の旭日小綬章受章[2]

人物・エピソード編集

  • 兄と妹がいる。
  • 歌手・俳優の小坂一也と14年間に渡って交際・同棲し、事実婚の関係にあったが、入籍には至らなかった[10]
  • 愛犬家であり、毎朝犬の散歩を欠かさない。
  • 2011年4月(68歳)、トータルで21時間もかかった足首の大手術をした(変形したくるぶしに腰の骨を移植)。半年間、車椅子で生活をし、その後、1年間リハビリテーションをした[11]

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

ラジオ編集

バラエティ編集

CM編集

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. いたずら恋の風(1961年5月、コロムビア
    (c/w 青春の並木路)※共演:小坂一也
  2. セイタカアワダチ草(1977年9月5日、ビクター、SV-6277)
    (c/w 風の盆)
  3. ピローフレンド - PILLOW FRIEND(1981年、ビクター)
    (c/w 私の名前は…)
  4. Shadow Blanca─白い影─(1982年8月、トーラス
    (c/w 風の盆)
  5. 他人の自由(1983年、トーラス)
    (c/w メモリー・ファイル)
  6. 私も酔うわ(1983年7月21日、トーラス)
    (c/w 愛したいけど愛せない)
  7. 愛待草(1984年6月、トーラス)
    (c/w 想い出のスィング)
  8. 星まつり(1986年、トーラス)
    (c/w こぼれ陽の町)
  9. 黄昏物語(1986年、トーラス)※共演:岸田智史
    (c/w 一瞬価千金)※共演:岸田智史

オリジナル・アルバム編集

  1. 佃囃子(1976年、ビクター)
  2. 風の盆〜忘れかけていた故郷の心(1977年、ビクター)
  3. 望郷〜忘れかけていた日本の心(1978年、ビクター)
  4. トワイライト・シーン(1980年、ビクター)
  5. 他人の自由(1983年、トーラス)

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 十朱幸代さん「恋愛は大切。人生でいちばん素敵な感情だと思います」” (日本語). telling,. 2022年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c 十朱幸代が今だから明かす、大スターとの恋。40代からの仕事と恋の叶え方 | インタビュー 人生、おしゃれ、そしてこれから | mi-mollet(ミモレ) | 明日の私へ、小さな一歩!(1/2)” (日本語). mi-mollet(ミモレ). 2022年1月9日閲覧。
  3. ^ a b c d NHK. “十朱幸代|NHK人物録” (日本語). NHK人物録 | NHKアーカイブス. 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ a b 十朱幸代|『男はつらいよ』第14作 マドンナ” (日本語). 『男はつらいよ』公式サイト | 松竹株式会社. 2022年1月9日閲覧。
  5. ^ 菊田一夫演劇賞(第10回~第1回) -映画演劇文化協会”. www.eibunkyo.jp. 2022年1月9日閲覧。
  6. ^ 毎日映画コンクール 第42回(1987年)” (日本語). 毎日新聞. 2022年1月9日閲覧。
  7. ^ 田中絹代賞について”. kinuyo-bunka.jp. 下関市立近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館. 2022年1月9日閲覧。
  8. ^ 十朱幸代74歳、その若々しさに改めて驚かされた - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年1月9日閲覧。
  9. ^ a b c d 十朱 幸代” (日本語). actors7 公式ホームページ. 2022年1月9日閲覧。
  10. ^ 女優としてやっていく…十朱幸代明かす「『結婚した』ってことにした」理由 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年8月23日閲覧。
  11. ^ 十朱幸代 「もう立てないかもしれない」両足を手術し車椅子だったことを告白” (日本語). ライブドアニュース. 2021年1月6日閲覧。
  12. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'90』日本放送出版協会、1990年、142頁。 
  13. ^ 『東京ガス 暮らしとデザインの40年 1955→1994』1996年2月1日発行、株式会社アーバン・コミュニケーションズ。128頁~131頁

外部リンク編集