十河 正博(そがわ まさひろ、1949年10月15日 - 2014年3月24日)は、栃木県出身のサッカー審判員。元FIFA(国際サッカー連盟)国際審判員。

十河 正博
個人情報
誕生日 (1949-10-15) 1949年10月15日
出身地 日本の旗 日本
栃木県
死没日 2014年3月24日(2014-03-24)(64歳)
死没地 日本の旗 日本
栃木県宇都宮市
他職業 高等学校教諭体育
国内
リーグ 役割
1992-1994 Jリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
1986-1994 FIFA選出 審判員

来歴編集

栃木県立壬生高等学校から仙台大学に進み、卒業後に栃木に戻って県立学校の保健体育の教諭となり、日光高校(現・日光明峰高校)、宇都宮南高校宇都宮北高校などで教鞭を執る傍ら、サッカー部監督としても指導に当たった[1]。その一方で、栃木教員サッカークラブ(現在の栃木SCの前身)で選手としてもプレーし、1980年の第35回国民体育大会(栃の葉国体)では成年男子の部の栃木県チーム主将として地元開催大会での優勝に貢献した[1]

選手・指導者としてサッカーと関わる一方でサッカー審判員の道を志し、1979年に日本サッカー協会 (JFA) の1級審判員の資格を取得[1]。1986年からはFIFAの国際審判員としても活動した。日本国内では日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の発足時から主審として携わり、プレ大会として行われた'92 Jリーグヤマザキナビスコカップの決勝・ヴェルディ川崎vs清水エスパルス1992年11月23日国立霞ヶ丘競技場)で主審を務めた[2] ほか、Jリーグ開幕節鹿島アントラーズvs名古屋グランパスエイト1993年5月16日茨城県立カシマサッカースタジアム)の主審も務めた[3]

2010年2月、還暦を迎えたのを機に栃木県高等学校サッカー新人大会の決勝戦を持って審判員を引退。審判員の晩年にはJリーグのマッチコミッショナーを務めていた[4]

2014年3月24日、病気のため逝去。享年64歳[1]。3月30日のJ2第5節・栃木SCvsジュビロ磐田戦(栃木県グリーンスタジアム)の前に黙祷が捧げられた[5]

エピソード編集

  • Jリーグで審判を務める相樂亨高山啓義は宇都宮北高校時代の教え子。特に相樂には「お前は副審になれ」「若い副審が足りない」「お前は副審に向いてる」と、副審の道を目指すことを強く勧めた[6]
  • 晩年は栃木県サッカー協会で審判委員長を務めた[1]。現在も、その年に最も栃⽊県のサッカー審判界に貢献した人物に贈られる「十河正博賞」にその名前を遺している[7]

出典編集