メインメニューを開く

十王自動車株式会社(じゅうおうじどうしゃ)は、かつて存在した東武グループ朝日自動車系バスタクシー事業者である。

目次

概要編集

群馬県伊勢崎市に本社を置き、群馬県南部を中心に営業していた。 観光バス・旅行業が中心で、「十王観光」と称していた。

2004年に国際ハイヤーと対等合併し、国際十王交通を設立、現在は国際十王交通伊勢崎営業所となっている。

ブランドのアルファベット表記は「JUO」。

営業所編集

ここでは、国際十王交通設立直前の営業所・施設を記載する。2010年現在存続するのは、伊勢崎営業所(本社営業所)・タクシー伊勢崎営業所・タクシー境のりば(境営業所が降格)のみとなっている。
  • 本社(群馬県伊勢崎市末広町173番地2)
    • バス・観光事業営業所兼用
  • タクシー事業関連施設
    • 伊勢崎営業所(群馬県伊勢崎市昭和町1858-26)
    • 境営業所(群馬県伊勢崎市境百々432)
    • 前橋営業所(群馬県前橋市南町四丁目46番1)
      • 総社のりば
  • バス事業関連施設
    • 成田高速バス予約センター(本社内)
  • 観光部門関連施設
    • 十王観光 境案内所(群馬県伊勢崎市境栄189)
    • 十王観光 東案内所(群馬県伊勢崎市東小保方町3369)
    • 十王観光 桐生案内所(群馬県桐生市相生町5丁目283-6)
    • 十王観光 尾島案内所(群馬県太田市世良田町1514-5)

沿革編集

  • 1945年3月15日 創業
  • 19xx年 貸切バス開始
  • 1958年4月 東武グループ入り
  • 1970年4月3日 全国旅行業協会入会
  • 1981年10月6日 本社を伊勢崎に移転(従来の本社所在地は不明)
  • 1994年4月1日 東武バス前橋営業所伊勢崎出張所廃止に伴い、本庄~伊勢崎線と伊勢崎オート送迎を移管され、乗合バス事業開始
  • 1996年5月16日 朝日自動車にタクシー尾島地区を譲渡
  • 2001年4月1日 東武バス熊谷営業所廃止に伴い、熊谷駅~桐生競艇送迎便を移管される
  • 2001年12月 会員制高速バスお台場直行バス運行開始
  • 2002年3月12日 高速バスフォレスト号運行開始
  • 2003年1月20日 - 国際ハイヤー旧両毛観光バスとの観光バス集中配車制を導入[1]、「国際・十王予約配車センター」を設立[2]
  • 2004年1月1日 国際ハイヤーを存続会社として合併、「国際十王交通株式会社」成立

バスの運行路線編集

国際十王交通以降に存続・廃止の路線は、国際十王交通伊勢崎営業所#運行路線国際十王交通伊勢崎営業所#廃止路線を参照のこと。

  • 新伊勢崎駅 - 伊勢崎駅 - 連取町 - 堀口 - (上武大学) - 本庄駅
    • 東武バスから移管された際には、運行を担当していた東武バス前橋営業所伊勢崎出張所が新伊勢崎駅前に所在していた名残で、同駅発着も存在していたが、国際十王交通発足前に区間廃止となっている(時期不明)。

参考書籍編集

  1. BJエディターズ『BJハンドブック R54 朝日自動車』BJエディターズ、2005年1月1日、ISBN 4-4340-5322-1