メインメニューを開く

千の風になって (秋川雅史のシングル)

千の風になって」(せんのかぜになって)は、秋川雅史の1作目のシングル2006年5月24日にタクミノート(テイチクエンタテインメント)から発売された。

千の風になって
秋川雅史シングル
初出アルバム『千の風になって〜一期一会〜』
B面 リンゴ追分
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル タクミノート(テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 新井満(作曲 #1)
小沢不二夫(作詞 #3)
米山正夫(作曲 #3)
プロデュース 秋川雅史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年度年間1位(オリコン)
  • 2008年度年間65位(オリコン)
  • 登場回数120回(オリコン)
  • 秋川雅史 シングル 年表
    千の風になって
    (2006年)
    ねがい
    2009年
    ミュージックビデオ
    「千の風になって」 - YouTube
    テンプレートを表示

    解説編集

    声楽を専攻する歌手としては稀となる、マキシシングルでの発売。自身初のシングル作品でもある。

    このシングルは発売当初6500枚の生産だったという。

    CDには秋川自身の編曲によるピアノ伴奏付きのコーラス譜が封入されている。

    2006年のNHK第57回NHK紅白歌合戦』への出場、紅白初出場が決定し、大きな注目を浴びることとなる。

    2007年8月からフジテレビ系列でドキュメンタリードラマ『千の風になって ドラマスペシャル』が放送された。

    秋川はこのヒットにより、2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』にも連続出場となった。さらに、多くの民放の年末音楽番組にも出演を果たしたほか、『第49回日本レコード大賞』では特別賞を受賞、作曲を手掛けた新井満も作曲賞を受賞した。

    さらに、2008年の『第59回NHK紅白歌合戦』でも秋川が本曲を第1部の白組トリおよび大トリで歌唱した(合唱団も参加)。ただ3年連続での披露であったことから2009年1月10日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)の一コマ風刺漫画ページ“中川雅之の1ページムービー”にて「サンド・オブ・ミュージック」とネタにされた(同年、美川憲一も『さそり座の女』を3年連続で歌唱したのだが、美川はネタにされていない)。

    2007年10月3日、韓国の歌手・Zeroによって韓国語でこの曲をカバーしたものが発売された。

    なお、オリコンではこのCDは演歌チャートでランクインしている。一方で新井満の『千の風になって a thousand winds』は演歌チャートにはランクインしていない。読売テレビ制作、日本テレビ系列『ベストヒット歌謡祭』では演歌・歌謡曲部門ではなく、ポップス部門でノミネートされ、「40周年記念特別賞」を受賞した。

    オリコンチャート推移編集

    紅白出場内定まで、本楽曲や秋川自身の認知度は限定的で、オリコンシングルチャートでは上位に届かなかった。

    だが、紅白放送前の2007年1月1日付(2006年12月27日発表)で31位まで浮上。紅白では歌唱前にSMAP木村拓哉朗読したこともあり、年明け後の翌々週(オリコンチャートでは年始2週を合算週とし、2週分の集計を年始2週目に発表している)には4位を記録し、同年1月22日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得した。

    1位を獲得した週の推定週間売り上げは29,094枚と、オリコンの週間チャートでも当時歴代ワースト3位による少ない枚数での1位ではあったが、自身初はもちろん、クラシック歌手としても史上初の同チャート1位の快挙となった。また、翌週(1月29日付)のチャートでも、勢いをさらにつけ、その約3倍増となる89,994枚を売り上げ、その翌週(2月5日付)のチャートには101,532枚を売り上げた。

    オリコンの2007年上半期シングルチャートでも第1位を獲得した。男性ソロ歌手が上半期シングルチャートで首位になるのは浜田省吾悲しみは雪のように』以来15年ぶり、演歌・歌謡曲としては大川栄策さざんかの宿』以来24年ぶり、クラシック系ではオリコンチャートの歴史で初の快挙である。また、男性ソロ歌手のTOP10入り通算20週は槇原敬之どんなときも。』以来16年ぶりとなった。

    登場44週目にあたる2007年8月14日付シングルランキングで、遂にミリオンを達成した。シングルのミリオン達成は、2006年5月29日付のKAT-TUNの『Real Face』以来、約1年3ヶ月ぶりのことである。ポップス以外の楽曲では、2000年6月26日付の大泉逸郎の『』以来約7年2ヶ月ぶりの快挙である。カバー曲での達成は、KinKi Kidsによる吉田拓郎のカバー曲『全部だきしめて』(1998年9月21日付)以来、約8年11ヶ月ぶりであり、クラシック歌手としてはアルバムを含めて史上初の快挙であり、初登場週513枚からのミリオン達成は森山直太朗の『さくら』を抜いて最も低い初登場売上からでの歴代1位である。また、この記録により2007年度オリコン年間シングルチャートの1位を獲得した(ただし、ネット配信数との合算では宇多田ヒカルの『Flavor Of Life』が上回る)。

    2008年1月21日付オリコンシングルチャートで、2度目の紅白効果に乗り、8383枚を売り上げ3位となった。しかし、これは3位の売り上げとしてはオリコン史上初となる1万枚を切っての結果である。 同年3月10日付オリコンチャートでは累積売り上げ120万枚を達成し、以後同年11月10日付まで102週連続で200位以内に入り続けた。

    本楽曲は2000年代最後のミリオン達成シングルとなった。また、2013年11月18日付オリコンシングルチャートでEXILEの『EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜』がミリオンを達成するまで男性アーティストのミリオン達成シングルは現れず、2018年9月現在、本シングル作品を最後にソロアーティスト及びポップス以外の楽曲のミリオン達成シングルは未だに現れていない[注釈 1]

    収録曲編集

    1. 千の風になって [4:32]
      作詞:不詳、日本語詞・作曲:新井満、編曲:EDISON
    2. 千の風になって 〜カラオケ〜
    3. リンゴ追分 [4:30]
      作詞:小沢不二夫、作曲:米山正夫、編曲:EDISON
      自身のコンサートでも必ずというほど披露されている、1952年発表の美空ひばりの楽曲のカバー。

    収録アルバム編集

    脚注編集

    [ヘルプ]

    注釈編集

    1. ^ それ以降、AKB48等の女性アーティストのミリオン達成のシングルは多くなっている。

    出典編集

    関連項目編集