メインメニューを開く

千代田区立番町小学校

千代田区立番町小学校(ちよだくりつ ばんちょうしょうがっこう)は、東京都千代田区六番町にある公立小学校。東京都に現存する中で最も古く長い歴史を持つ小学校の1つである。[1]

千代田区立番町小学校
Bancho Elementary School-1a.jpg
正門
(2018年6月26日撮影)
過去の名称 東京府小学第二校
文部省小学第二校
第一大学区第三中学区第一番小学 番町学校
番町学校
番町尋常高等小学校
東京市番町尋常小学校
東京市番町国民学校
東京都番町国民学校
千代田区立千代田番町小学校
国公私立の別 公立学校(区立)
設置者 千代田区の旗 千代田区
設立年月日 1871年明治4年)12月4日
開校記念日 12月4日
共学・別学 男女共学
所在地 102-0085
東京都千代田区六番町8番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

1871年(明治4年)創立。学制発布以前に設立された伝統校、東京府小学六校(いわゆる官立六校)のうち、1870年(明治3年)6月13日に、市谷八幡町の洞雲寺境内に設けられた小学第二校が番町小学校の前身にあたる。翌1871年12月4日、文部省直轄の小学第二校[2]と改称されたときが創立記念日になっている。

太平洋戦争大東亜戦争)前には、府立一中府立四中高師附属中などの上級学校への進学率が高い学校であった。

敗戦後の1947年(昭和22年)4月1日、学校教育法の施行にともない、現在の校名に改称された。以来、本校経由 麹町中学校 - 日比谷高校 - 東京大学と進学することが「日本のエリート」の代名詞となった[3]。現在も、誠之小麹町小などと共に名門小学校として知られ[4]、小学校「御三家」と括られることもある[5]

かつては、都立日比谷高はじめ第一学区の都立高等学校への進学を念頭に、学区外からの越境通学者は後を絶たず、膨大な数に膨れ上がった[6]。今日においても麹町中学はじめ名門公立中学への進学者の他、中学受験での難関校への進学者も多く、越境通学者数も多分に漏れない。

創立記念式典編集

官立校として設立された経緯と、東京の中心千代田区にある関係から、日本の公立小学校の代表として、創立80周年(1951年)には昭和天皇、創立90周年(1961年)には皇太子、創立100周年(1972年)[7]には昭和天皇・皇后夫妻、創立110周年(1981年)には皇太子・皇太子妃夫妻、創立120周年(1991年)には皇太子を迎えて創立記念式典が挙行された。以後、創立記念行事は中断していたが、創立140周年(2011)に皇太子を迎えて20年ぶりに創立記念式典が復活、挙行された。

2021年に創立150周年を迎える。

著名な出身者編集

幼稚園編集

番町小学校には、千代田区立番町幼稚園が併設されている。

脚注編集

  1. ^ 東京都教育委員会. “平成30年度 東京都公立学校一覧|東京都教育委員会ホームページ” (日本語). 東京都教育委員会ホームページ. http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/administration/statistics_and_research/list_of_public_school/school_lists2018.html 2018年10月30日閲覧。 
  2. ^ 小学第一校は鞆絵(ともえ)学校(港区立御成門小学校の前身)、第三校は吉井学校(新宿区立愛日小学校の前身)、第四校は湯島学校(文京区立湯島小学校)、第五校は育英学校(台東区立台東育英小学校)、第六校は深川学校(江東区立深川小学校)である
  3. ^ 『日本の名門高校ベスト100 公立高校編』日比谷高校 朝日新聞社
  4. ^ 小さいおうち中島京子文藝春秋 2010、p93
  5. ^ 『総理の乳母:安倍晋三の隠された原風景』七尾和晃著 創言社 2007、p61-p63
  6. ^ 『日本の母子関係:その心理的な問題』津留宏著 黎明書房 1958、p43(改題「古い母・新しい母」)
  7. ^ 正式な100周年記念日は1971年12月4日であったが、新校舎建設中のため翌年5月10日に挙行。
  8. ^ 同窓生名簿には掲載されていない

関連項目編集

外部リンク編集