千国荘(ちくにのしょう)は、信濃国安曇郡(現在の長野県北安曇郡白馬村小谷村)にあった荘園。荘域は佐野坂峠以北から越後国境まで、南北約34キロメートルにわたる。

歴史編集

鎌倉時代には、『吾妻鏡文治2年3月12日1186年4月3日)条に後白河法皇から源頼朝に示された「関東御知行国々内乃具未済庄々注文」に六条院領の荘園として見える。

延元元年(1190年)、平康家の地頭請所となり、『新見文書』の下文には「六条院御領 信乃国千国御庄内 於他里・飯守所」とあり、小谷と飯森の二か所に政所が置かれたことが伺え、その際、領家に年貢布六十段を収めるように定められた[1]宝徳3年(1451年)以後は荘園名としては見えず、千国郷、小谷郷などに分かれ、複数回にわたって諏訪大社下社や穂高神社の造営役を勤仕している。

脚注編集

  1. ^ 「長野県史 通史編 第2巻」p.312

参考文献編集

  • 『日本歴史地名大系 20 長野県の地名』(平凡社、1979年)
  • 角川日本地名大辞典 20 長野県』(角川書店、1990年)
  • 長野県史 通史編 第2巻 中世1』