メインメニューを開く

千如寺(せんにょじ)は、福岡県糸島市にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は雷山。本尊は千手観音で、千如寺大悲王院(せんにょじだいひおういん)、雷山観音(らいざんかんのん)とも称される。宗教法人としての名称は大悲王院[1]

千如寺
Raizan1.JPG
所在地 福岡県糸島市雷山626
位置 北緯33度29分40.6秒
東経130度13分42.9秒
山号 雷山
院号 大悲王院
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 千手観音
創建年 (伝)(178年
開基 (伝)清賀
別称 千如寺大悲王院
雷山観音
法人番号 2290005004817 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
千如寺の大カエデ

歴史編集

寺伝(雷山縁起)によれば、成務天皇48年(178年)、天竺(インド)霊鷲山の僧「清賀」が渡来し、開創したとする。(あくまで寺伝であるが仏教公伝より300年以上前という事になる[2])その後聖武天皇によって勅願道場となり、国司によって七堂伽藍が建立され、以来歴代天皇より綸旨を賜った。

北に玄界灘を臨む位置にあるため、鎌倉時代には元寇に対する最前線の祈祷寺院として幕府より期待が寄せられていた。最盛期には300の僧坊があったと伝えられている。千如寺はこの僧坊の総称であり、また中宮(現雷神社)横にあった仲之坊を指し、十一面千手千眼観世音菩薩(千手観音)も一山の本尊として同地にあった講堂に安置されていた。

その後室町から戦国の長い戦乱の中で僧坊は荒廃し、仲之坊を残すのみとなったが、宝暦3年(1753年)に福岡藩主の黒田継高によって大悲王院が創建された。県の天然記念物に指定されている大カエデも創建の記念に継高が植樹したと伝えられている。

また雷山は水火雷電神、すなわち雷神を祀る中宮のほか、上宮、下宮がありその三宮を司っていたのが千如寺であり、江戸時代までは神仏習合の山であった。しかし明治維新神仏分離令により中宮にあった仲之坊は廃寺となり、本尊をはじめすべての仏像、古文書などは大悲王院に移された。

境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大カエデがあるなど、紅葉の名所として有名である[3]

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 木造千手観音立像 - 大悲王院の本尊で像高約4.8m、鎌倉時代後期作と推定
  • 木造清賀上人坐像

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 法人名は、たとえば福岡県指定文化財目録(国・県指定文化財 有形文化財)の所有者欄から確認できる。
  2. ^ 古田武彦九州王朝への仏教伝来伝承であると主張している。
  3. ^ 雷山千如寺大悲王院 糸島市ホームページ、2016年5月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集