千家

千利休を流祖とする茶道流派の家

千家(せんけ)は、千利休を流祖とする茶道流派の家。

概要編集

千利休の祖父である田中千阿弥新田里見系田中氏の一族)の名を取り、千姓としたとされている。しかし、これは「千利休由緒書」の著者である江岑宗左(利休の曾孫)が初出とされるものであり、利休在命の時代にはその史料が見当たらないため、確証性はない。

利休死後は本家の堺千家を子の千道安が継いだが、道安没後に断絶。

利休の養子であり娘婿である千少庵の子、千宗旦の系統から三千家表千家裏千家武者小路千家)が出た。この三家は現在まで続いている。

各千家の由来は、千家が同じ地に幾つもあってややこしいので、町民達が、道路の表側に住んでる千家を「表千家」、道路の裏側に住んでる千家を「裏千家」、武者小路に住んでる千家を「武者小路千家」と呼んだ事に由来する。

系図編集

脚注編集

参考文献編集

系譜参考文献