千早 晶子(ちはや あきこ、1908年9月27日 - ?)は、日本女優

ちはや あきこ
千早 晶子
千早 晶子
生年月日 (1908-09-27) 1908年9月27日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 大阪市
職業 女優
ジャンル 映画
主な作品
十字路』(1928年
泣き濡れた春の女よ』(1933年
テンプレートを表示

経歴編集

本名、折部房枝として、大阪市の天満錦屋町に生まれる[1]

松竹楽劇部(後のOSK日本歌劇団)に入り、1926年4月の第1回「春のおどり」にも出演した[2]

その後、映画界に移り、1927年から1949年にかけて、合わせておよそ90本ほどの映画に出演した[3]

当時は林長二郎と名乗っていた長谷川一夫との共演作品で知られ、1936年には、出演作品の多数を監督した衣笠貞之助と結婚した[4]

おもなフィルモグラフィ編集

 
十字路』(1928年)の阪東寿之助と千早晶子。
 
泣き濡れた春の女よ』(1933年)の小倉繁と千早晶子。

脚注編集

外部リンク編集