メインメニューを開く

千早神社(ちはやじんじゃ)は、大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早にある神社である。旧社格府社[1]楠社とも通称されている。

千早神社
Chihaya-jinja haiden.jpg
社殿正面
所在地 大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早
位置 北緯34度25分0.9秒
東経135度38分55.2秒
座標: 北緯34度25分0.9秒 東経135度38分55.2秒
主祭神 八幡大菩薩
楠木正成
楠木正行
久子刀自
社格府社
創建 1332年(元弘2年、正慶元年)
千早城の築城時)
別名 楠社(通称)
例祭 10月17日
5月25日(楠公戦死の日)
地図
千早神社の位置(大阪府内)
千早神社
千早神社
テンプレートを表示

目次

祭神編集

主殿
相殿

歴史編集

千早神社は千早城本丸址に位置しており、もとは千早城の八幡大菩薩を祀って鎮守として創建したものであったが、時代が下って後に楠木正成楠木正行、久子刀自を合祀した[2]

1874年明治7年)に社殿を再建、1879年(明治12年)にを建て千早神社となる[3]1907年(明治40年)に周辺にあった吉年の金峯神社、小吹の八坂神社、千早の坂本神社、中津神社を合祀したが、現在では坂本神社を除いて既に復社されている[3]

境内編集

例祭編集

例祭は、10月17日、5月25日であったが、最近は5月25日の直近の日曜日、地元の小学生を中心に千早赤阪村の村民が参加して運動会と餅まきが行われる[3]

現地情報編集

 
河内・千早城(浅野文庫諸国古城之図)/広島市立図書館蔵
所在地
交通アクセス

電車でのアクセス

車でのアクセス

徒歩でのアクセス

  • 金剛登山口 → 徒歩約20分
周辺

参考文献編集

  • 千早赤坂楠公史跡保存会『千早赤坂の史跡』千早赤坂楠公史跡保存会、1995年3月、34頁。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集