千本 為隆(せんぼん ためたか)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将那須七騎の一角・千本氏の祖。

 
千本為隆
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 不明
別名 那須為隆、戸福寺十郎[1]、通称:十郎
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝
氏族 那須氏戸福寺氏千本氏
父母 父:那須資隆
兄弟 森田光隆(太郎)、佐久山泰隆芋淵幹隆福原久隆那須資之(五郎)、滝田実隆
沢村満隆堅田義隆稗田朝隆為隆
那須与一那須頼資?
信隆
テンプレートを表示

生涯編集

下野国那須氏初代当主・那須資隆の十男として誕生。

治承4年(1180年)からの治承・寿永の乱では、9人の兄達が皆平氏方に与するなか、弟・与一と共に源氏方に加わった。しかし、後に源頼朝の弟・義経の命に背き罪を得たため[1]、一時期信濃国に逃れ戸福寺氏を称していたが、罪を許されると下野千本の地を賜り、千本氏を称する様になった[1]建久年間(1190年1198年)に千本城を築城した。

源平盛衰記』においては、与一を凌ぐほどの弓の名手であり、元暦2年/寿永4年(1185年)の屋島の戦いにおいて、扇を射ることを義経から命令されたが、戦傷のため固辞し弟を推挙している。

脚注編集

  1. ^ a b c 『那須七系』

出典編集