千束 善右衛門(せんぞく ぜんえもん、生年不詳 - 寛永15年2月28日1638年4月12日))は、江戸時代前期の人物。

島原の乱の一揆勢の首謀者のひとりで、天草十七人衆(また、天草五人衆)のひとり。キリシタン

小西行長に供頭として仕えた。関ヶ原の戦いの際、小西行長の使者として大村氏五島氏のもとへ遣わされた記録が残っている。小西氏滅亡後は浪人となり、天草大矢野に住んだ。

島原の乱を首謀し、原城籠城戦の際はニノ丸番頭として原城二の丸を守備した。実録物『天草騒動』によると、原城落城時に大矢野松右衛門田崎刑部らとともに戦うも肥後細川藩兵に討たれたという。

出典編集

  • 『天草騒動』(1692年、田丸具房(常山)著)