メインメニューを開く

千歳ステーションプラザ

北海道千歳市にある複合商業施設

千歳ステーションプラザ(ちとせステーションプラザ)は、北海道千歳市にある複合商業施設。商業棟、ホテル棟、立体駐車場棟で構成している。北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳駅に連絡通路で直結しているほか、バスターミナル機能を集約した交通結節点になっている。

千歳ステーションプラザ
Chitose Station Plaza
PEWRE Chitose.JPG
「ペウレ千歳」時の施設外観(2009年9月)
店舗概要
所在地 066-0062
北海道千歳市千代田町7丁目1789-3
座標 北緯42度49分43秒 東経141度39分02秒 / 北緯42.82861度 東経141.65056度 / 42.82861; 141.65056座標: 北緯42度49分43秒 東経141度39分02秒 / 北緯42.82861度 東経141.65056度 / 42.82861; 141.65056
開業日 2004年4月1日[1]
施設所有者 北海道空港
施設管理者 セントラルリーシングシステム[2]
設計者 北海道日建設計[3]
延床面積 9,500 m²[4]
中核店舗 下記参照
営業時間 10:00 - 20:00
駐車台数 485(千歳ステーションプラザ駐車場)台
前身 ペウレ千歳
最寄駅 JR千歳駅
最寄IC 道央自動車道千歳IC
外部リンク 千歳ステーションプラザ
テンプレートを表示
千歳ステーションホテル
Chitose Station Hotel
ホテル概要
設計 北海道日建設計[3]
運営 碧雲堂ホテル&リゾート[5]
前身 ハイパーホテル千歳
階数 地上2階 - 地上10階
延床面積 5,600 m²
駐車場 485台
開業 2004年7月6日[6]
最寄駅 千歳駅
最寄IC 千歳IC
所在地 〒066-0062
北海道千歳市千代田町7丁目1789-3
公式サイト 千歳ステーションホテル 公式サイト
テンプレートを表示

沿革編集

北海道空港が「JR千歳駅周辺整備事業」のバス路線網の再編や道路を跨ぐ歩行者専用道路の建設と合わせた駅前再開発の目玉として建設した[7][8]2003年平成15年)に着工し[9]、同年11月22日に立体駐車場がオープンした[10]。当初の施設名は、北海道空港が一般公募した中から「ペウレ千歳」に決まった[11]。「ペウレ」とはアイヌ語で「若い」という意味があり、成長のシンボルとしての期待が込められていた[11]2004年(平成16年)4月1日に商業棟がオープンし、千歳駅とは新設した2階改札口で繋がった[12]。また、同日にはバスターミナルも開設した[13]。同年7月1日には商業棟5階の医療モールが一部開業し、7月6日にホテル棟の「ハイパーホテル千歳」がオープンした[14]。なお、2016年(平成28年)7月1日から施設名をそれぞれ「千歳ステーションプラザ」、「千歳ステーションホテル」と改称している[15][16]

施設編集

千歳ステーションプラザ編集

  • 1F(クリエイティブライフ)
    • 千歳駅前バス総合案内所
  • 2F(カジュアル)
    • 千歳観光物産サテライト「ミル」・千歳駅観光案内所[17]
    • 千歳駅市民サービスセンター[18]
    • 連絡通路(千歳駅、中央大通方面、千歳ステーションホテル、千歳ステーションプラザ駐車場)
  • 3F
  • 4F
    • エイジェック千歳雇用開発センター
    • アデコ
  • 5F
    • メディカルスクエア千歳[20]

千歳ステーションホテル編集

客室

  • シングルルーム (16 m²)
  • レディースルーム
  • デラックスシングルルーム (16 m²〜20 m²)
  • ダブルルーム (17 m²〜20 m²)
  • ツインルーム (20 m²)
  • ファミリールーム (26 m²)
  • VIPルーム (52 m²)
  • ファミリースイートルーム (78 m²)

その他

  • ロビー
  • 北海道BUBUレンタカー新千歳空港店[21]

千歳ステーションプラザ駐車場編集

  • 営業時間:7:00 - 24:00(年中無休)
  • 駐車台数:485台
  • 一般利用
    • 営業時間内:1時間200円(以降、30分毎に100円追加)
    • 営業時間外:一律700円加算
    • 千歳ステーションプラザ利用の場合2時間無料
    • 千歳ステーションホテル、クラブイーグル千歳店利用の場合割引あり
  • 月極利用

バスターミナル編集

2004年平成16年)4月1日開設[13]。これに伴い、北海道中央バスが市内本町2丁目に設置していた「千歳ターミナル」を廃止している(後に北海道中央バス千歳営業所は市内青葉町に移転)。バス路線網を集約したことで乗降場を分離し、道路を一方通行としてバスレーンにした[22]2016年(平成28年)10月1日のダイヤ改正に伴い、3番のりばが新千歳空港行きの専用バス停となり、千歳相互観光バス道南バス長都駅東口〜千歳駅〜新千歳空港を結ぶ勇舞空港線の運行を開始した。また、千歳市循環型コミュニティバス(ビーバス)は運行を終了した。

千歳市は千歳駅前広場の再整備を検討しており、バス、タクシー、自家用車のスペースを再配置して「複雑で分かりづらい」と指摘されている歩行者の動線を見直すことにしている[23]

2016年(平成28年)10月1日現在
のりば 番号 路線名 経由 行先 運行会社
西口 1 12 泉沢市民病院線 末広高台通 市民病院 千歳相互観光バス
14 図書館青葉線 市役所前 図書館
青葉・住吉 青葉中学校
16 勇舞空港線 富士・勇舞 長都駅東口 千歳相互観光バス・道南バス
(急行)千歳線 里塚中央・札幌ドーム福住駅 札幌ターミナル 北海道中央バス
千歳線 北恵庭駐屯地・桂台団地・札幌ドーム 福住駅
2 1 桜木線 (循環)市役所先回り・市民病院 千歳駅
直1 市役所先回り・仲の橋通直進 桜木5丁目
空1 市役所先回り・仲の橋通直進・千歳駅前 新千歳空港
2 (循環)北栄先回り・市民病院 千歳駅前
直2 (循環)北栄先回り・信濃2丁目
北栄先回り・信濃2丁目 桜木5丁目
空2 北栄先回り・信濃2丁目・千歳駅前 新千歳空港
3 みどり台線 富丘・市民病院 長都駅東口
富丘・市民病院・長都駅東口 みどり台北2丁目
22 稲穂団地線 (循環)清流先回り・武道館 千歳駅前
23 (循環)市民病院先回り・武道館
3 空1 桜木空港線 東雲町5 新千歳空港
空2
空3 みどり台空港線
空4 千歳空港支笏湖線
空5 大和線
空6 空港市内線
16 勇舞空港線 市役所 千歳相互観光バス・道南バス
千歳線 市役所・新千歳空港・早来駅 厚真 あつまバス
4 空4 千歳空港支笏湖線 市役所
本町2丁目(ホテルグランテラス前)
支笏湖 北海道中央バス
空5 大和線 新星
空6 空港市内線 市役所 本町2丁目
(予約制) ニセコスキー場
降車停留所 各社
(5) 降車専用
東口 5 11 泉沢向陽台線 市役所・本社ターミナル 泉沢向陽台 千歳相互観光バス
6 20 東部隊線 中央大通・祝梅小・朝日町7丁目 東千歳駐屯地 北海道中央バス
直20 中央大通・東大通直通・朝日町7丁目
21 日の出大通・祝梅小・ビックハウス
直21 日の出大通・東大通直通・ビックハウス
(期間限定運行) 由仁東栄 マウントレースイ 夕鉄バス・北海道中央バス
(8) 降車専用 各社
(9)

※かっこ内数字はダイヤ改正前ののりば番号。千歳市内を走るバスは上記のほかに、市民病院発着、温水プール経由の循環バスも走っている。

アクセス編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳駅直結、北海道道258号早来千歳線(中央大通)沿いに位置している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “ペウレ千歳の商業棟がオープン”. 千歳民報苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2004年4月1日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040401.htm 2017年4月11日閲覧。 
  2. ^ 千歳ステーションプラザ”. セントラルリーシングシステム. 2017年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 千歳駅前ターミナルビル ペウレ千歳 (PDF)”. 北海道日建設計. 2017年4月11日閲覧。
  4. ^ “ペウレ千歳4月1日オープン”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年3月15日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040315.htm 2017年4月11日閲覧。 
  5. ^ 施設一覧”. 碧雲堂ホテル&リゾート. 2017年4月11日閲覧。
  6. ^ “ハイパーホテル千歳がしゅん工式。6日にオープン”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年7月3日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040703.htm 2017年4月11日閲覧。 
  7. ^ “千歳駅周辺整備事業に8億7000万円 新年度予算案”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年2月13日). http://www.tomamin.co.jp/2003/cp030213.htm 2017年4月11日閲覧。 
  8. ^ “駅ビルは来年4月オープン”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年6月21日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp030621.htm 2017年4月11日閲覧。 
  9. ^ “JR千歳駅前の西口ターミナルビルが着工へ”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年7月11日). http://www.tomamin.co.jp/2003/cp030711.htm 2017年4月11日閲覧。 
  10. ^ “千歳駅西口ターミナルビルの名称を募集”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年11月15日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp031115.htm 2017年4月11日閲覧。 
  11. ^ a b “千歳駅西口ビルの名称はペウレ千歳に”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年1月15日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040115.htm 2017年4月11日閲覧。 
  12. ^ “ペウレ千歳の商業棟しゅん工式行う”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年3月30日). http://www.tomamin.co.jp/2004/cp040330.htm 2017年4月11日閲覧。 
  13. ^ a b ペウレ千歳*駅周辺のバス停集約*1階にターミナル*全路線乗降可能に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2004年3月25日). 2017年4月11日閲覧。
  14. ^ “ペウレ千歳がグランドオープン”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年7月1日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040701.htm 2017年4月11日閲覧。 
  15. ^ ステーションプラザ 発進*ペウレ千歳 来月名称変更*テナント1増の23 新たに靴店も進出”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2016年6月24日). 2017年4月11日閲覧。
  16. ^ 北海道告示第10670号 (PDF)”. 北海道 (2016年8月26日). 2017年4月11日閲覧。
  17. ^ 千歳駅観光案内所”. 千歳観光連盟. 2017年4月11日閲覧。
  18. ^ 千歳駅市民サービスセンター”. 千歳市. 2017年4月11日閲覧。
  19. ^ “文教堂千歳店、突然の閉店に市民驚き 入居条件合わず3月17日営業終了”. 千歳民報 (苫小牧民報社). (2019年3月1日). https://www.tomamin.co.jp/news/area1/15782/ 2019年4月12日閲覧。 
  20. ^ メディカルスクエア千歳”. 2017年4月11日閲覧。
  21. ^ 窓口のご案内”. 北海道BUBUレンタカー. 2017年4月11日閲覧。
  22. ^ “バス専用道路は横断禁止。千歳駅前で啓発活動”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年11月27日). http://www.tomamin.co.jp/2004/cp041127.htm 2017年4月11日閲覧。 
  23. ^ “千歳駅前再整備へ 西口にイベントスペース”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2016年3月30日). http://www.tomamin.co.jp/20160336897 2017年4月11日閲覧。 

外部リンク編集