メインメニューを開く

千田 謙蔵(ちだ けんぞう、1931年昭和6年)10月22日[1] - )は、日本政治家秋田県横手市長(5期)、横手市議会議員(3期)、横手市観光協会会長などを歴任した。

千田 謙蔵
ちだ けんぞう
生年月日 (1931-10-22) 1931年10月22日(88歳)
出生地 秋田県横手市
出身校 東京大学経済学部
所属政党 日本社会党

Flag of Former Yokote Akita.png 横手市長(旧)
当選回数 5回
在任期間 1971年 - 1991年

Flag of Former Yokote Akita.png 横手市議会議員(旧)
当選回数 3回
在任期間 1959年 - 1971年
テンプレートを表示

来歴編集

秋田県横手市生まれ。旧制横手中学(現・秋田県立横手高等学校)、同弘前高校(同・弘前大学文理学部)を経て、1953年東京大学経済学部を卒業する。1952年に発生した東大ポポロ事件被告人として有罪判決を受ける。

卒業後数年間は地元で茶舗を経営する傍ら、1959年、当時27歳にして横手市議会議員に当選。3期12年務める。

1971年、市長選に社会党から出馬し、自民党公認の元助役を119票差で破り、初当選を果たした。

市政では「市民総参加で明るい市政」「東北の夜明けにふさわしいまちづくり」「くらしと健康を守る市政」「積極はつらつの市民性」を基本方針に掲げ[2]、議会においては少数与党(社会党、公明党民社党共産党)ではあったが、市民の根強い人気に支えられながら5期20年の任期を終える。

市長引退後はドイツ国内で「滞在視察」を実施、農業環境を中心に学び、EU圏内でも「持続可能な社会」への転換が始まっていることを実感する[3]。その後、自治大学校講師、地方分権推進委員会委員などを経て、2002年からは特定非営利活動法人「横手ひらかNPOセンター」理事長を務める。

2008年8月5日、千田ら秋田県内で市町村長を経験した8名が呼びかけ人となり、「政党政派をこえ、九条を守る」ことを目的として「憲法九条を守る秋田県市町村長の会」を結成した[4]

著書編集

  • 『小さくともキラリと-「かまくら」のまちの市長日記』(ぎょうせい、1981年8月)
  • 『小さくともキラリと-「かまくら」のまちの市長日記』(続)(ぎょうせい、1986年)
  • 『小さくともキラリと-「かまくら」のまちの市長日記』(3)(ぎょうせい、1991年1月)
  • 『迫る地方分権、がんばれ自治体-小さくともキラリと』(ぎょうせい、1998年5月)
  • 『ポポロ事件全史』(日本評論社、2008年5月)
  • 『人類が戦争と決別する日』(自費出版、2018年)[5]

脚注編集

  1. ^ 上田 2001, 1213頁.
  2. ^ 千田謙蔵『ポポロ事件全史』、日本評論社、2008年5月、523p.
  3. ^ 前掲書524p.
  4. ^ 秋田に市町村長9条の会/8氏呼びかけ/現・元首長19人賛同
  5. ^ “不戦、核廃絶訴え冊子出版 元横手市長・千田さん”. 秋田魁新報. (2018年2月20日). https://www.sakigake.jp/news/article/20180220AK0016/ 2018年7月9日閲覧。 

参考文献編集

  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496 

外部リンク編集