メインメニューを開く

千畳敷駅 (長野県)

日本の長野県駒ヶ根市にある中央アルプス観光駒ヶ岳ロープウェイの索道駅

千畳敷駅(せんじょうじきえき)は、長野県駒ヶ根市にある中央アルプス観光駒ヶ岳ロープウェイ索道[1]。当駅に併設されているホテル千畳敷についても述べる。

千畳敷駅
宝剣岳から望む千畳敷駅とホテル千畳敷
宝剣岳から望む千畳敷駅とホテル千畳敷
せんじょうじき
Senjōjiki
しらび平 (2.3km)
所在地 長野県駒ヶ根市赤穂
所属事業者 中央アルプス観光
所属路線 駒ヶ岳ロープウェイ
キロ程 2.3km(しらび平起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1967年昭和42年)7月1日
備考 標高:2,611.5m
テンプレートを表示
ホテル千畳敷

概要編集

麓のしらび平駅(標高1661.5m)から高低差950mを昇った標高2611.5mの位置にあるとされているが実際は2640m台にある[2]。索道を鉄道に含めれば室堂駅立山黒部貫光無軌条電車線、標高2450m)を上回り、標高日本一の駅となる。なお、駒ヶ岳ロープウェイは、通年運行されている[3]

2014年12月15日、駒ヶ岳山中で発生した雪崩や雪による倒木で制御用通信線の支柱が倒壊。電源供給が行えなくなり、運行を停止した。雪の影響から復旧工事に着手できず、2015年3月23日に通信線を迂回させる仮設工事を完了させ仮復旧、約3ヶ月ぶりに運行を再開した[4]

ホテル千畳敷編集

駅建物に、ホテル千畳敷が併設されている。駅同様、日本一標高の高い場所にあるホテル[5]となっている。客室は全室和室で、16部屋ある。食堂、お風呂などを完備している。

概要編集

  • 標高 - 2611.5メートル(実際は2640メートル台)
  • 営業開始 - 1989年(平成元年)4月
  • 本社 - 中央アルプス観光株式会社
  • 住所 - 399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂1

駅周辺編集

 
宝剣岳と千畳敷カール(9月)

千畳敷カールと呼ばれる圏谷の中にあり、駅周辺に遊歩道が設置されている。また、以下などの木曽山脈(中央アルプス)各山の登山口となっているが、登山の技術と装備の無い者は事故防止のため遊歩道より外への立入は禁止されている。(天候や季節によっては駅より外には行けない措置も取られている)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集