千種 堅(ちぐさ けん、1930年11月1日 - 2014年9月15日 )は、日本の作家イタリア文学者、四柱推命研究家。本名・川岸貞一郎。

来歴編集

東京生まれ。1953年、東京外国語大学ロシヤ語科卒。日本専売公社勤務。独学でイタリア語を学び、イタリア文学の翻訳などを上梓、1962年、立教大学講師、1978年、『ダンテの末裔たち』でマルコ・ポーロ賞受賞。1989年から2001年まで愛知大学教授。

特にアルベルト・モラヴィアの翻訳が多く、また四柱推命学についての著書が多い。晩年は自身のウェブサイトで小説を発表していた。

著書編集

  • 『悶える』波書房 1970
  • 『ダンテの末裔たち』三省堂選書 1977
  • 『四柱推命学 あなたをあやつる宿命の星』光文社(カッパ・ブックス) 1977 のち文庫
  • 『イタリア人の発想 その楽天主義の教訓』徳間書店 1979
  • 『四柱推命のすべて』広済堂出版 1979
  • 『旅行かば 運命との出会い』長崎出版 1980
  • 『中国紫微斗数運命学』二見書房(サラ・ブックス)1980 「中国運命占星術」と改題
  • 『男と女の相性推命学 運命を拓く「Keyナンバー」の秘密』PHP研究所 1982
  • 『誰にでもわかる四柱推命の本』広済堂出版 1985
  • 『十干推命学 生まれ日が暗示する運命の秘密』光文社(カッパ・ブックス) 1985
  • 『四柱推命人間学 著名人の運命を推理する』河出書房新社 1989
  • 『モラヴィア 二十世紀イタリアの愛と反逆』中公新書 1989

翻訳編集

  • ガイア・セルヴァディオ『メリンダ』早川書房 1969
  • ラッラ・ロマーノ『親と子の語らい』二見書房 1970
  • レナート・ギオット『愛奴』早川書房 1971
  • グイード・ピオヴェーネ『冷たい星』河出書房新社 1971
  • ラファエロ・ブリニェッティ『黄金の浜辺』河出書房新社 1972
  • C.フルッテロ,F.ルチェンティーニ『日曜日の女』河出書房新社 1973
  • ジャンナ・マンツィーニ『立てる肖像』早川書房 1973
  • ルーチョ・チェーヴァ『テスケレ』河出書房新社 1974
  • フェデリコ・フェリーニ,トニーノ・グエーラ『アマルコルド』早川書房 1974
  • L.チェーヴァ『枢軸万歳』河出書房新社 1975
  • カルロ・カッソーラ(en:Carlo Cassola) 『恐れと悲しみ』早川書房 1975
  • ルイージ・マレルバ(en:Luigi Malerba) 『プロタゴニスタ奇想譚』出帆社 1976
  • ルイージ・マレルバ『皇帝のバラ 幻想掌篇集』出帆社 1976
  • レオナルド・シャーシャ『権力の朝』新潮社 1976
  • レオナルド・シャーシャ『マヨラナの失踪 消えた若き天才物理学者の謎』出帆社 1976
  • ジノ・ランカーティ(Gino Rancati)『フェラーリ スピードに賭けた男』二見書房 1977
  • マリオ・トビーノ『狂気もまた愛に渇く』早川書房 1977
  • カルロ・カッソーラ『モンテ・マリオの丘』早川書房 1977
  • アルベルト・ベヴィラックァ(en:Alberto Bevilacqua)『旅の神話』早川書房 1978
  • パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ『オルゴン・ボックス SFセックス・エネルギー計画』集英社(Playboy books) 1978
  • カルロ・エミリオ・ガッダ『ラ・メカニカ』早川書房 1978
  • ドストエフスキー「家主の妻」『ドストエフスキー全集1』新潮社、1978
  • レオナルド・シャーシャ『モロ事件 テロと国家』新潮社 1979
  • アルベルト・モラヴィア『深層生活』早川書房 1979 のち文庫
  • エルマンノ・リベンツィ『狂った星』立風書房 1979
  • カルロ・カッソーラ『ジゼーラ』早川書房 1979
  • ドストエフスキー『永遠の夫新潮文庫 1979、改版
  • エンツォ・ビアージ(it:Enzo Biagi)『きみ、知ってるかい?』早川書房 1980
  • モラヴィア『女性諸君!』早川書房 1981 のち文庫
  • ナターリア・ギンズブルグ(en:Natalia Ginzburg)『拝啓ミケーレ君』早川書房 1982
  • モラヴィア『1934年』早川書房 1982 のち文庫
  • オルソラ・ネーミ,ヘンリー・ファースト『カトリーヌ・ド・メディシス中央公論社 1982 のち文庫 改版2003
  • モラヴィア『無関心な人びと』ハヤカワ文庫 1983
  • エルサ・モランテ(en:Elsa Morante)『イーダの長い夜』集英社 1983
  • モラヴィア『孤独な青年』ハヤカワ文庫 1984
  • 『眠くて死にそうな勇敢な消防士 モラヴィア動物寓話集』早川書房 1984
  • モラヴィア『潰えた野心』ハヤカワ文庫 1984
  • ロベルト・ジェルヴァーゾ『私は愛に死ぬ ムッソリーニと恋人クラレッタ』新潮社 1984
  • モラヴィア『仮装舞踏会』ハヤカワ文庫 1985
  • モラヴィア『黒マントの女』集英社 1985 のち文庫
  • モラヴィア『苦い蜜月 短篇集1』ハヤカワ文庫 1985
  • マルコ・パルマ『ドレスの下はからっぽ集英社文庫 1985
  • モラヴィア『海へ帰る 短篇集2』ハヤカワ文庫 1985
  • ワルテル・ボナッティ(it:Walter Bonatti)『わが冒険』白水社 1986
  • ノルベルト・ヴァレンティーニ,ミレーナ・バッキアーニ『ベアトリーチェ・チェンチ 16世紀ローマの悲劇』河出書房新社 1986
  • モラヴィア『視る男』早川書房 1986
  • マッシモ・フェリサッティ(it:Massimo Felisatti)『イザベッラ・デステ ルネサンスのプリマドンナ』河出書房新社 1987
  • マリアーナ・フリジェーニ(Mariana Frigeni) 『ルドヴィコ・イル・モーロ 黒衣の貴族』河出書房新社 1987
  • モラヴィア『アフリカ散歩』早川書房 1988
  • マルタ・モラッツォーニ『ターバンを巻いた娘』文藝春秋 1989
  • ジェズアルド・ブファリーノ(it:Gesualdo Bufalino)『その夜の嘘』早川書房 1989
  • カルロ・コッローディピノッキオ第三文明社 1989
  • マグダレン・ナブ(en:Magdalen Nabb),パオロ・ヴァゲッジ『検察官』早川書房 The Mysterious Press 1990
  • マグダレン・ナブ『真夜中の訪問客』早川書房(ハヤカワ・ミステリ)1990
  • ヴィクトル・エロフェーエフ(en:Victor Erofeev)『モスクワの美しいひと』河出書房新社 1992
  • ディーノ・ブッツァーティ『階段の悪夢』図書新聞 1992
  • ラーラ・カルデッラ(en:Lara Cardella)『ズボンがはきたかったのに』早川書房 1993
  • ジョヴァンニ・ファルコーネ『沈黙の掟 マフィアに爆殺された判事の「遺書」』文藝春秋 1993
  • ジョルジョ・ボッカ(it:Giorgio Bocca) 『地獄-それでも私はイタリアを愛する』三田出版会 1993
  • エンツォ・ビアージ『最新イタリア事情』文藝春秋 1994
  • ルーカ&フランチェスコ・カヴァーリ=スフォルツア『わたしは誰、どこから来たの 進化にみるヒトの「違い」の物語』三田出版会 1995
  • マイクル・ゴールディング『春を忘れた島』早川書房 1995
  • ラーラ・カルデッラ『結婚したらわかること』早川書房 1996
  • リーナ・デ・フィレンツェ『もう一人のモナリザ』青弓社 1997
  • アンドレア・カミッレーリ『モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン』ハルキ文庫 1999
  • カミッレーリ『おやつ泥棒 モンタルバーノ警部』ハルキ文庫 2000
  • カルロ・エミーリオ・ガッダ『メルラーナ街の混沌たる殺人事件』水声社 2011

外部リンク編集