メインメニューを開く

トヨタ勝又グループ(トヨタかつまたグループ)とは、千葉県埼玉県東京都東部でトヨタ車を中心に扱う自動車ディーラーグループである。

概説編集

3都県でトヨタディーラー5社を運営している。

創業は1942年7月で、当時は勝又豊次郎による個人営業の千葉県初の自動車販売店であった(なお、勝又自動車ホームページ上では大正14年創業としている)。法人としては、1946年1月に勝又自動車有限会社を設立。現在は株式会社となり、勝又自動車株式会社と社名変更した。同社は、グループ各社の持株会社になっており、本社住所は創業当時から千葉県千葉市中央区本町。勝又自動車本体で勝又自動車学校を運営しており、また新車点検部門も本体にある(コルネット事業部)ため、純粋持株会社ではない。

創業時はフォードのディーラーだったが、のちにトヨタディーラーに転換する。

グループ名は、創業者である勝又豊次郎の苗字に因む。豊次郎の子である、基夫(長男)、久夫(次男)、康夫(三男)で各グループ会社を統括し、長男の基夫がグループ会社社長(2代目)としてその大部分を統括したが、2009年12月20日に基夫が死去し、基夫の長男の勝又隆一(3代目)が千葉トヨペットの代表取締役に就任した。

千葉トヨペット本社編集

 
千葉トヨペット本社社屋

千葉トヨペットの本社社屋は、1899年(明治32年)に、東京麹町に日本勧業銀行本店として建てられたもので、谷津遊園楽天府や千葉市役所庁舎として使用され数度の移築を経ている。当時としては最新の建築様式であるアールヌーボーゼツェシオンのデザインを建築に取り入れた。国の登録有形文化財にも指定されている。設計は旧大蔵省国会議事堂の基礎設計を担当していた妻木頼黄武田五一であり、現在の国会議事堂にデザインが似ている。

グループ一覧編集

かつてのグループ編集

1994年11月、「フォード千葉」としてオートラマ販売網に参加。当初は千葉トヨペットとの連携で営業。2001年にプレミアムオートモービル千葉に社名変更し、ランドローバー・ジャガーの取り扱いを開始。店頭にて事前告知の上、2007年2月28日をもって取り扱いを中止。会社は事実上解散するも、社員は他のグループ会社に分散。

CM編集

Good Luck! Morning!」交通情報(月~木曜日、08:04頃)
NACK Nパス」交通情報(月~木曜日、17:26頃)
レディオ ファントム」交通情報(金曜日、08:04頃)
FUNKY FRIDAY」交通情報(金曜日、17:20頃)


  • (他のトヨタ車のCMの最後の地域ごとのディーラーのサウンドロゴの後に「勝又グループです」のナレーションが入る(例:「(サウンドロゴ)トヨタカローラ新埼玉 (ナレーション)勝又グループです」)といった勝又バージョンがある。また「今度の日曜どこ行きたい」「うーん勝又さんの車のお店」といった親子の対話風の勝又グループ共通のCM(最後に取扱い車種を言う以外はトヨタ車種の宣伝は無く、この部分とサウンドロゴ、ナレーションのみが異なる)もある。

脚注編集


外部リンク編集