千葉俊二

千葉 俊二(ちば しゅんじ、1947年12月 - )は日本近代文学の研究者。早稲田大学教育学部教授。

宮城県生まれ、横浜で育つ。1972年早稲田大学第一文学部人文専攻卒業、同大学院修了。山梨英和短期大学助教授をへて、早大教授。主として谷崎潤一郎を研究。

1982年、35歳の時に『鑑賞日本現代文学 谷崎潤一郎』を編纂し、『春琴抄』の「佐助犯人説」を支持したことから、論争が起きた。

お笑い芸人の小島よしお、作家の綿矢りさ、写真家のシトウレイは早大で千葉ゼミに所属していた。

目次

著書編集

  • 『谷崎潤一郎 狐とマゾヒズム』小沢書店 1994
  • 『エリスのえくぼ 森鴎外への試み』小沢書店 1997
  • 『物語の法則 岡本綺堂と谷崎潤一郎』青蛙房、2012 
  • 『物語のモラル 谷崎潤一郎・寺田寅彦など』青蛙房、2012 

主な編著編集

  • 『資料谷崎潤一郎』紅野敏郎共編 桜楓社 1980
  • 『鑑賞日本現代文学 谷崎潤一郎』角川書店 1982
  • 『日本文学研究資料新集 谷崎潤一郎 物語の方法』有精堂出版 1990
  • 『日本児童文学名作集』桑原三郎共編 岩波文庫 1994
  • 新美南吉童話集』岩波文庫 1996
  • 『潤一郎ラビリンス』中公文庫(全16巻)、1998-99
    • 『谷崎潤一郎文学案内』中公文庫 2006。上記解説を増補
  • 『作家の自伝85 谷崎潤一郎 青春物語〈抄〉/雪後庵夜話〈抄〉』日本図書センター〈シリーズ・人間図書館〉 1999
  • 鴎外随筆集』岩波文庫 2000
  • 『谷崎潤一郎必携 別冊国文学』學燈社 2002
  • 『谷崎潤一郎 上海交遊記』みすず書房〈大人の本棚〉 2004
  • 『日本近代文学評論選』坪内祐三共編 岩波文庫(上下) 2003-04
  • 岡本綺堂随筆集』岩波文庫 2007
  • 江戸川乱歩短編集』岩波文庫 2008
  • 『谷崎先生の書簡 ある出版社社長への手紙を読む』中央公論新社 2008。嶋中雄作宛の書簡、水上勉編著の増訂版
  • 『谷崎潤一郎の恋文 松子・重子姉妹との書簡集』中央公論新社 2015
  • 『日本近代随筆選』長谷川郁夫宗像和重共編、岩波文庫(全3冊) 2016

論文編集

参考編集

  • 『物語の法則』著者紹介
  • 小谷野敦『現代文学論争』筑摩選書