メインメニューを開く
千葉刑務所本館

千葉刑務所(ちばけいむしょ)は、東京矯正管区所管の刑事施設である。

管下施設として、木更津拘置支所及び八日市場拘置支所がある。

2013年5月15日までは松戸拘置支所も当所の所管であった。(現在は東京拘置所所管)

所在地編集

交通アクセス編集

  • JR総武本線千葉都市モノレール千葉駅京成千葉線京成千葉駅
    • 各東口の京成バス9番乗り場から乗車約10分「県職員能力開発センター入口」バス停下車すぐ。
      • 9番乗り場からは[千02]市営霊園経由御成台車庫行き、[千01]ほおじろ台経由千城台車庫行き、[つ02]市営霊園経由都賀駅行き が出ているが、全てのバスが「県職員能力開発センター入口」を通る。

収容分類級編集

  • LA

刑期8年以上の初犯者(重罪初犯者)を収容する男子刑務所。

収容定員編集

  • 1150名

組織編集

所長以下、4部1室を擁する5部制施設である。

  • 総務部(庶務課、用度課、会計課)
  • 処遇部(処遇部門、作業部門)
  • 教育部
  • 医務部(保健課、医療課)
  • 分類審議室

外観・設備編集

 
千葉刑務所 正門

正門及び本館は、司法省の山下啓次郎の設計で1907年に竣工。現存する。

著名な受刑者編集

特記事項編集

  • 刑務作業として高級桐タンス、神輿、うるし工芸品、高級紳士靴等、高い作業技術を要求される製品を生産している。
  • 初犯を扱うこともあり、著名な受刑者や有名な事件の受刑者も多い。
  • 2010年7月と2015年6月の二度にわたり、独居房の受刑者が深夜に箸で両目を突くという特異な方法で死亡している。
  • スーパーフリーの代表者は、出所後の手記において、いじめのようなものは全くなかったと述べた[2]

脚注編集

外部リンク編集