千葉 琴月(ちば きんげつ、1889年 - 1974年8月27日)は、女流音曲師(女道楽)。本名:千葉 芳美。

千葉ちば 琴月きんげつ
本名 千葉 芳美
生年月日 1889年
没年月日 1974年8月27日
出身地 日本の旗 日本広島県
師匠 藤枝検校
杵屋勝佐
哥沢寅梅司
3代目宝集家金之助
活動期間 1904年 - 1974年
活動内容 女道楽

経歴編集

広島県佐伯郡己斐村(現広島市西区)の生まれ。

箏曲藤枝検校長唄杵屋勝佐うた沢哥沢寅梅司、女道楽を3代目宝集家金之助等からあらゆる邦楽を学び、1907年に新町瓢亭で初舞台。

戦後は戎橋松竹等の寄席に弟子の琴昇、琴美を従えて「三弦粋曲・琴月連」と称し琴月の三味線を用いた浮世節の演奏に琴昇、琴美の舞踊、長唄等で出演。

数少ない立花家橘之助の流れを汲む女流音曲師として活躍した。

琴月没後、琴昇と琴美は引退した。