メインメニューを開く

千葉直重

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。北条氏政の子

千葉 直重(ちば なおしげ)は、戦国時代から安土桃山時代武将で、北条氏政の子。兄の北条氏直から一字を与えられて直重と名乗る[注釈 2]

 
千葉 直重
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 不詳[1][注釈 1]
死没 寛永4年3月1日1627年4月16日
戒名 即室謙入居士
主君 北条氏政氏直蜂須賀家政至鎮忠英
阿波国徳島藩
氏族 後北条氏下総千葉氏
父母 父:北条氏政、母:黄梅院
養父:北条氏照
兄弟 北条氏直太田源五郎太田氏房直重北条直定、源蔵、勝千代、
芳桂院(千葉邦胤室)、竜寿院(里見義頼正室)、庭田重貞
正室:千葉邦胤の娘
継室:市原如雪の妹[2]
十三郎
養子:大石重昌
猶子(千葉氏後継):千葉重胤

目次

生涯編集

天正12年(1584年)以前までに叔父氏照(大石源三)の養子になったが[3]千葉邦胤の死後、邦胤の男子は幼少であり、家中の間で北条氏の対応を巡り内紛が生じた。

北条派は、佐倉領の進軍を求めてきた。それを受けて10月末に氏直の進軍が行われ、新たに鹿島城を築城して佐倉領を制圧した。同時に、反北条派の頭領である原親幹に対し氏政は服属をすすめる交渉を行っている。鹿島城築城を受けて親幹は忠誠を誓う起請文を提出し、北条家に屈服し、これにより(のちの直重が)養子に入って継承することになった[4]。天正17年元服し、千葉家に由来すると見られる七郎を称し、同年には家督を継承した[5][注釈 3]

小田原征伐では、小田原城に籠城した。小田原合戦後は妻と離別して兄・氏直に従い高野山に隠棲し、天正19年(1591年)に赦免されると、同じく赦免されたとみられ、蜂須賀家政に仕え、知行500石を与えられている[2]

なお、継室との間に生まれた実子の十三郎は早世したため、蜂須賀氏家臣益田豊正の三男を婿養子に迎え、一字を与えて大石重昌(おおいし しげまさ)と称させた上で家督を継承させた。子孫は代々蜂須賀家に仕え、三代後の直武(なおたけ)から実家(後北条氏)の祖先とされる伊勢氏を称している[6]

直重を氏政の子とする説については黒田基樹の研究によるところが大きいが、近年朝野雅文は『寛政重修諸家譜』の記述を根拠として直重を北条氏康の子とする異説を唱えている。それによると直重は千葉親胤暗殺後に氏康と千葉氏重臣の工作により千葉利胤の娘を娶って家督を継いだものの、千葉胤富擁立派に敗れて北条家に戻った後に実兄の氏照の養子になったものとしている。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 天正元年(1573年)生まれの可能性が高いとする[2]
  2. ^ 下総千葉氏の当主では唯一、通字の「胤」の字を用いていないが、「重」の字は千葉氏の祖先にあたる千葉常重に由来するものと考えられる。
  3. ^ 邦胤の実子は幼少のためもあってかこの時は家督を継がず、後北条氏の人質として母とともに小田原に住むこととなった。のちに直重から一字を与えられて重胤と名乗り、千葉氏を継いだものとみられる。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 堀尾古記
  2. ^ a b c 黒田 2018, pp. 11.
  3. ^ 黒田 2017, pp. 256.
  4. ^ 黒田 2018, pp. 212.
  5. ^ 黒田 2018, pp. 11、212.
  6. ^ 黒田 2005, pp. 219.

参考文献編集

  • 黒田基樹『戦国 北条一族』新人物往来社、2005年9月。ISBN 4-404-03251-X
  • 朝野雅文『最後の千葉介』北総史学研究所、2005年。
  • 黒田基樹『北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名』平凡社〈中世から近世へ〉、2017年12月。ISBN 978-4-582-47736-8
  • 黒田基樹『北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本選評伝〉、2018年2月。ISBN 978-4-623-08235-3

外部リンク編集